シクロ練習!

今日はチームのシクロ練習に参加しました!
きつかったけど実になる練習でしたね

まず一番進歩したというか、多分こうだろうと予想してたことが実際そうだったしできるようになったのが、ペダリングしながらのコーナリングです
これに関しては実践を伴った経験を積むことができました

なぜペダリングし続けなければならないか?
コーナー途中でも踏み続けなければ失速してしまうのはもちろんですが、最大の理由はそこじゃないんです
前後の荷重のかけ方を最適化し、トラクションを最大化することこそ、真の目的なんですね

シクロバイクにサスペンションはついていませんが、踏めばリアのトラクションが増します
代わりにフロントが浮くんです
これをコーナー途中や脱出時にやると、フロントを掬われる
ブレーキングでは逆のことが起きます
滑らないためにもペダリングし続けなければならないんです
踏まないと安定性が損なわれるんですよ

前にも後ろにもしっかりトラクションをかけないと走らない、と指導を受けたので、それを強く意識して乗ってみると、CRUXの印象も大きく変わります
ただの軽いバイクではないんです
ちゃんと真ん中に乗ってトラクションをかけてやれば、ストレートでもコーナーでも地面を捉え続けてくれるんです
そうなると本当に速くて、直線ではぶっちぎりの加速、コーナーでもMTBのケツに食いつけるくらいのスピードが出ます
きちんと接地させてやることがバイクの性能を引き出すんですね

あとはパンプトラックでプッシュ&プルの練習とか
路面を捉えてスピードを落とさない練習です
これについてはセンスが絶望的に無く、劇的な遅さで驚かれましたが・・・
最後にはある程度マシになったかなと思います
こつは頂上で跳ねないこと
どの場面でも地面にタイヤを押し付けまくることですね

エアーを決めるのはかっこいいですが、現実には跳ばない方が速いことを学びました
バイクを浮かせるのではなく、地面にしっかり押し付けるように
そして前輪後輪の荷重を均等にするように
これらを意識して普段も乗っていきたいです

反省会

反省というよりも最早懺悔に近いかもしれない
やり直せないという意味では赦しを乞うしかない、つまり懺悔ですね
反省は次に活かすことができるけども、これは違う

原稿を作ったんだから、読むだけなんて簡単だと思ってたんですよ
内容もちゃんとチェックしてもらったし、問題のあるものではなかった
だけどそんなのは全然重要じゃなかったんです
大事なのは読むことじゃない、話すことだったんです

絶対に失敗したくなかったんです
結婚式は一生に一度の晴れ舞台、女の子ともなれば尚更です
そんな場でスピーチをする栄誉に浴することは本当に光栄なことですが、それは即ち、主役の別の一面になるということでもあります
スピーチは単純な思い出話の場ではないんです
どんな友人を主役が持っているか、を計る場でもあったんです
自分の失敗は主役の顔に泥を塗るのと同じ、主役の品格を貶める行為なんです
だから失敗はできない、したくなかった

だけど現実として失敗したんです
余りにも憐れな程に凄惨たるものでしたよ
自分が聴く側だったとしたら間違いなくそう思ったでしょう

失敗できない一度切りの場で失敗してしまった
つまり取り返しがつかないんです
その人の一生に残るであろう貴重な瞬間を自分が台無しにした
多くの人の前でその人を貶めてしまった
友人としてそんなことは絶対にしたくなかったのに

場にいるときは会話やお酒で気を紛らわすことができましたが、帰宅して一人の時間になるともう逃げられません
痛恨の失敗と真正面から向き合う他にない
しかもリベンジの機会は絶対にやってこない
いや、そんな自分向けの問題は些細なことなんです
完璧に彩られるはずの催事に汚点を残してしまった
それが自分のことなら考えようでどうとでもなりますが、自分のことじゃない
大切な友達のことなんです
もうどうにもならない

反省らしいことを言うなら、結局は経験不足の若造だったってことです
何も知らないし何もわかってないし何もできない子供だった
ただそれだけの話です
それ以上言えることはない

Alpe Du Zwift初登頂!

Alpe Du Zwift、前回はBluetooth接続不良でリタイアしましたが・・・
今回は再チャレンジして登り切りました!
タイムは58分25秒です!

Alpe Du Zwiftはアルプデュエズまんまのコースで、距離は12km程度ですが獲得標高は1000mを超えます
前回は第6コーナーへ向かう途中で接続がお亡くなりになったのでリタイアしましたが・・・
今回はその先へ行くことができました

前回は最初に300Wオーバーで飛ばし過ぎた感があったので、200W後半で抑えめに入り、そのペースを最後まで維持する作戦
実際序盤は5区間くらい連続で276Wでした
が、やっぱ落ちてくる・・・
平均は次第に250W、240W台とかになってきます
でもパワーが落ちたおかげか、最後まで余力を残すことができました
第1コーナーを過ぎてからゴールまで800mくらいあったのは完全に予想外でしたが・・・(第1コーナーがゴールだと思ってた)
それでも最後の区間で300Wオーバーで踏み続け、到着予想時間を短縮して、ゴール直前はシッティングのまま500Wで踏めたので、かなり余裕があったんだと思います
ぎりぎりならそんなことできませんし

個人的に心が折れそうになるのは、第10~第7あたりの折り返しが連続する区間
ただでさえ1km以上ある第6区間が控えてるのに、何回折り返せばいいんだよ、ってなります
で、第6区間です・・・ここが長い
途中右に大きく曲がるので、そこを第6.5区間だと思えばやり過ごせますが・・・
後半になってから長い区間が来るとつらいです
第3区間もそれと同様の理由でつらいですね

逆に第6区間さえ乗り越えられれば、あと少しだー!って気持ちになります
とにかくまずあそこまで行くことですね
そうすればゴールは目の前です

今回からはスマートウォッチで心拍数も測ることにしたんですが、全然上がってませんでした
全区間通して140拍以下です
どんだけリラックスしてんだ(笑)
体の方は全身ヒートテックでかなりホットだったんですけどね
心臓は全然ホットじゃなかった(笑)

心拍をもっと上げて、180拍くらいで登れば、もうちょいパワー出るのかなぁ
でも10km以上も上りっぱなし、1時間も上りっぱなしのコースで、うおおおおってやったら最後まで絶対持たないし・・・
心肺トレーニングをもっとやらないとダメか・・・

劣化が思ってるよりもずっと早い・・・?

さっき十二六がうまいって話を書いたばっかりなんですか、開栓後3時間ほど経過した十二六を改めて飲んでみると、甘みが薄くなってるような気がします・・・
んんん・・・?

気のせいかもしれませんが、もしかしたら開栓後の劣化というか酸化がめちゃくちゃ早いのかもしれない
開けたらその場で飲まないとダメなレベルかもしれません

でも酸化が進んでも美味しいですけどね
酸っぱい酸味じゃなくて、ヨーグルトみたいな酸味です
美味しい酸っぱさ
いいですねーほんと

ただ不安定であることは否めない気がします
持ち運ぶなら火入れにした方が絶対無難だな
十二六ではライトがありますが、それで満足できるだろうか・・・?

あ、今3回目に入りましたが、やっぱり酸っぱくなってます
甘みが減ってる
でも美味しい
一人で600ml飲み切るとは思ってなかったですよ・・・(笑)
そもそも酒に強くないのに・・・

いやぁ・・・ヤバいなぁ
酒屋行って予約注文しようかな(笑)
正月にまた飲みたくなる酒です

十二六飲んでみた!

どぶろく十二六を飲んでみました!
うまい!

味はわかりやすく言えば甘酒です
一口目は特にそう、甘酒
ほぼほぼ甘酒だと思って間違いない

が、口に含んだ時の甘みが、炭酸感と酸味で引き締められるのです!
甘いのに甘ったるくない!
すっきりしてて飲みやすい!
これは美味しいぞ!

この酸味は多分生だからこそだと思います
生だからこその発砲感と酸味が、甘酒の甘みを上手に相殺している・・・
これが火入れのどぶろくだとどうなるのか、非常に気になりますね

いやーうまいなマジで
甘いけどスッキリなので飽きずにするする飲んでいけるんです
恐ろしいお酒ですね・・・(笑)
なんとかしてラテの家に持っていけないかなぁ
酒屋さんに持ち運べないか聞いてみましょう