ペダリングの基礎?

最近なんとなーくペダリングの基礎がわかってきたので、今日はそれを試すべく、50kmちょいの宮ケ瀬ライドに行ってきました
そしてやはり、ペダルはハムストリングス・・・太ももの裏側の筋肉で押すんだなぁと思いました

ハムを意識すること自体はやってたつもりなんですけど、上手くいってなかったんですよ
ハムとペダルの関係、というか足ってどうやってペダル押してるんですか?って感じで
それでうーん・・・ってなってたんですけど、シートを前に出したら、その悩みが解決したんです

絵を描こうと思ってペイントを起動したんですけど、自分の絵のクソさに絶望したので、言葉で説明します(笑)
ペダリングのとき、膝が一番高い位置にあるとき、クリートの位置と太ももの関係ってどうなってますか?
これが垂直線上にあると、とても理解しやすいはずです
シートが後ろ寄りだと、クリートの上には膝の方が来てしまい、太ももで押す実感が湧きません
ペダルを太ももで踏むには、ペダルの上に太ももがあるのが、一番理解しやすいと思います

シューズのかかとを下げない状態、ふくらはぎに力が入らない状態を保ちつつ、ペダルを押し下げる
この時に上体を前にやりすぎると、膝に体重がかかる感じになるので、体はあくまで体幹で支える
重さは腰と太ももに分散する
で、太ももにかかる力を、太ももの表(上?)側の筋肉で使わず、下・裏の筋肉に回して、それでペダルを押し下げる
・・・説明が絶望的に下手だな(笑)

エンジンと同じ、って話は何度かしてますが、ピストンがコンロッドを押し下げるとき、コンロッドに力を加えてるのはピストンの下側ですよね
上側は爆発を受け止めて、下にエネルギーを回すだけ
そんな感じです
押すのは、太ももの裏側なんです

もちろん、表を使っても走れますが、すぐ疲れちゃいます
一時的なパワーは出しやすいですけどね
継続して一定のパワーを出す場合は、絶対にハムの方が有利です

あーダメだ、全然わかりやすい説明にならない
とにかくね、足の上に膝が来ている限り、ハムで押す感覚は感じにくいんですよ
だからハムで押すならもうちょい前に座ってください
もしくはシートを前に出す

前は膝を上に上げることでも、ハムの感覚をつかめましたが、今は今のポジションで完璧にハムを感じられます
おかげで今日の登板はハム祭り
以前よりも軽快に登れましたね
あとダンシングもできた
前よりもずっと速く帰ってこられました
面倒な坂を選んで走ったつもりなんですけどね(笑)

ただ距離を走れなかったので、今度はもうちょい長く走りたいです
50kmちょいしか走ってないのになぜかぐったり・・・
体力ないなー


あとキーボードがさっきから死ぬほどむかつくので、明日代替品を探してきます
自分の思った通りに打てない・・・イライラする

Counter

Profile

イオ

Author:イオ
二輪と四輪とEDMが大好き
愛車はFOCUS CAYOとNinja1000
Twitter:io survolt

Calendar

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter