カヨの振り返り

本日、ターマックを受領してきました
これに伴い、ビンディングペダル、コンピューター、ポンプ等のパーツを全てカヨからターマックに移植
カヨには申し訳程度のビンディングペダルが装備され、走行は可能ながらも、第一線を退くことになりました

ということで、今日はカヨで初めて走った場所、宮ケ瀬にもう一度行ってきました
そしてカヨで走る感覚をしっかり覚えてきました

言っちゃなんですが・・・
フォーカス・CAYO ALのいいとこは、特にないです!(笑)
あるとすれば、それは40km/h程度の下りでの安定感と、コーナーへの突っ込み
重量があるため、下りでは速度を出しやすく、アルテグラに換装したブレーキの効果もあり、コーナーへのアプローチは、宮ケ瀬クリテでも他の人よりうまくできました
グループライドでも下りでは安定感と速度を発揮し、良いペースで走れます

が、それは40km/h~50km/hくらいが限界なんです
それ以上の速度域になってくると、フロントの剛性不足を感じます
なんというか・・・ふにゃふにゃするんです
倒しこみが恐怖で、コーナーを攻めることができません

当然上りは、10kgを超える車体なので、あんまり得意じゃない
平地はそこそこですが、乗り心地はとにかくきついです
シートポストのオフセットを0mmmにしてるからってのもあるかもですが、今日よーく感じようと思って乗ってたら、ケツが割れるかと思うくらいの衝撃を段差で何度も受けました
背骨まで通り抜けるようなダイレクトな刺激を感じられます

じゃあダイレクトにパワーが伝わるかというと、そうでもない
加速が気持ちいいときはあります
わずかな下りだとぐいぐい進みますし、わずかな上りでもパワーをかけただけ進んでくれます
でもなんだろう・・・少なくとも、踏んでる気持ちと加速力は一致しないですね

カヨは何か特別いいところがあるバイクではないと思います
標準的なアルミロードバイクです
でもだからこそ、一台目のロードバイクとしては悪くなかったな、と思います
特にいいところはなくて、悪いところの方が目立つときはあるけど
ロードバイクってそういうときもあって、気持ちよく走れる時もある
そういうのを知れたかな、って

ペダリングというものを意識しだしたのもカヨのおかげですしね
どう踏んだらいいんだろう?どう踏めば一番パワーが伝わるんだろう?
そういうのを考えて、今も継続してるのは、クリートを内股気味に装着することだったり
シートを前に出すことだったり
走ってるうちに、こうした方がいいんじゃないか、っていうアイデアが湧いてくるんです

乗り手の調子が良ければ速く走り、中速域までの下りとコーナーが得意で、アルミ製だから頑丈
そんな感じのバイクです
初めてのアルミロードで、CAADやContendみたいな誰でも乗ってそうなのは嫌だ!って人にはお勧めできます

といっても、18年からCAYOの名前はなくなるっぽいですね
本国のHP見てると、CAYOがいなくなった代わりにIZALCO RACEという謎のモデルが登場しています
これ、ジオメトリー見ればわかるんですけど、まんまカヨですからね
いや・・・名前別にCAYOでよかったじゃん・・・(笑)
IZALCOって名前で揃えたいんでしょうけど、そもそもIZALCOって何だし感あります(笑)
各パーツも、CONCEPTとかいう謎の名前から、FocusTempというこれまた謎の名前になりました

FOCUSはラインナップの数的には、どっちかというとMTBメーカーっぽい感じもしますね
国内のラインナップは多くないですが、本国ではかなりあるので・・・
JAMISっぽい感じするな・・・

はい、とりあえずカヨはこれでいったんお休みです
しばらく後に復活する可能性はあります!というかさせます!
その時まで暫しの眠りを・・・お疲れさまでした

Counter

Profile

イオ

Author:イオ
二輪と四輪とEDMが大好き
愛車はSpecialized Tarmac
Twitter:io survolt

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter