マニュアルの練習!

大雨だろうと自転車には乗れる!
ということで家の前でマニュアルの練習をしていました

マニュアルは、重心移動でフロントを浮かせる、MTBの基本的な技です
口で説明するとやり方は単純で、自分とバイクの重心をリアタイやよりも後ろに持っていけばフロントが上がる、というだけ
でもやるのはそんなに簡単じゃない!

まず、重心をリアタイヤまで持っていくのが難しいです
pirch - コピー
僕のピッチの普段の状態はこんなポジション
オンロードしか走らないため、サドルは最高の位置まで上げています
マニュアルとかウィリーとかの練習をするときは一番下まで下げます
この赤い線がリアタイヤの真上
ここより後ろに重心がいかないと、フロントは上がらないんです

しかもピッチは27.5インチとはいえ、Lサイズで結構巨大
重量は10kgを優に超え、ホイールベースはサラ(ターマック)よりもずっと長い1084mm
このバイクのフロントは、そう易々とは上がりません

台風が迫る大雨の中、30分ほどに渡って50回以上はやりましたが、マニュアルらしくフロントが高々と上がったのは5回くらい
最初に上がったときはバイクごとひっくり返って、水浸しになりました(笑)
それ以降も足をついてますね
足をつかずに成功したのは1回だけです

正直、かなり難しいです・・・
フロントを力づくで少しだけ上げて、ものすごく思い切って全身をグイっと後ろにやらないとできません
どうなるかわからなくて怖い部分もあって、どうしても体が前に行って失敗します

技を決めるなら、もっとコンパクトなバイクの方が向いていると思います
ピッチで技ができないのは、僕の技量がないからなのが99%ですが(笑)
例えばダートジャンプをやるようなバイクは、極端にホイールベースが短く、26インチのタイヤを履いていて、ものすごく機敏です
お店の人もそういうバイクでトリックを見せてくれました
ああいうバイクも面白そうですね・・・

とりあえず!
マニュアルっぽいことはできるようになりました
ひっくり返るけど(笑)
ちゃんとコントロールできるようになりたいですね


あと、ローラー台導入に向けて、カヨを掃除しました
前後ホイールを外し、タイヤ外して、洗剤でごしごし掃除です
結局リアホイールの油汚れは落ちない部分もありましたが、触っても手が黒くなることはありません
タイヤ脱着は苦労しますね・・・

カヨには前に買ったスペシャのパワーサドルをつけています
幅広でクッション性mあるサドルなら、普通の服でも乗れるだろという考えです
大きな破損個所もないし、強いて言えば、バーテープを白にしたいかなくらい
実は標準は白なんですよ
でも白は汚れると思って、黒いバーテープを買って、換えてもらったんです
白いバーテープはいまだに余っています
でも白いのはクッション性が薄そうなので、やめておきましょう
むしろもっと分厚いバーテープがほしいくらいですね

でも直近の課題ではないかな・・・一応巻いてあるんだし(笑)
穴が空いてはいるんですけどね
いつ空いたんだろう・・・

ペダルは考えてみたんですが、ヤフオクで買えばよくね?ってことに
サイズとかないですし、105グレードなら中古でも全然いいですしね
ペダルなんて基本的にがりがりするものなので、傷は気にしません
5000円以上出す気はないので、それ以下でいいペダルが買えるといいなぁ
結構出品されてるので、いい感じのを選ぼうと思います

あと心拍数はやっぱり測らないとですね
サドルは必要なかったですけど、心拍数計測機能がついたスマートウォッチは買おうと思います
これで買い物が一段落するといいなぁ・・・

Counter

Profile

イオ

Author:イオ
Twitter:io survolt
二輪と四輪とEDMが大好き
スペシャばっかり乗ってる
愛車はTarmacとChisel

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter