ELITE ARION、導入!!!

ローラー台、ELITE ARIONを導入しました!
もうね!楽しい!!!

乗るのは10回も失敗すれば慣れます(笑)
要はスピードが乗らないと安定しないっていう、自転車として至極当たり前のことなんです
だからまずは片足で重いギアを一気に踏み込んでホイールを回す!
その状態でもう片足をペダルに乗せれば完成です

ちなみにペダルは最初からビンディングですね
ビンディングに慣れている人は最初からビンディングにしといて悪いことはありません
どうせビンディングをつけることになる・・・(笑)

クランクを回し始めてからは、あんまりトロトロ走らないこと
負荷が軽い3本ローラーなら、ホイールの回転速度はそれなりに出しやすいです
さっさと安定するスピードまで上げましょう
アウターと安定するギアを選べれば、その状態で走り続けられます

正直、体を追い込むとか、脚のトレーニングには、ならないと思います
脚にそんな負荷がかかるようなフルパワーで踏めば、普通の人は自転車がぐらついて転ぶでしょう
決まったケイデンスでせっせと回すことが一番ですね

youtubeではケイデンスを上げまくる動画をよく見ますが、あれはものすごく難しいことが分かりました
でも同時に、できても速いことの証明にはならないともわかりました
ケイデンスを上げようとすると、自転車が上下動を始めるんです
ローラーの上でボインボイン跳ね始めるんですね
それは僕のペダリングがへたくそだからで、本来ならボインボインしちゃいけないんです
跳ねるってことは、クランクの下死点で踏み込んでるってこと
余計な力を使ってるってことになります
跳ねない走りができるようになれば、それはつまり効率的なペダリングができている、ということです

じゃあケイデンスを上げれば、その人は速いのか?って言うと、そうでもなさそう・・・
200rpmがよくすごい基準みたいになってますが、お店の人の話では、実際の路上で200rpmも回せば、80km/h出てしまうそうです
ツールに出る超人スプリンターでも、そんなには回せないでしょう
ローラー台の上で回せるから、じゃあ実際にそれができるか、って言うと、そういうことではないんですね
あとはローラー台用の回し方があります
引き足を活用すると、ローラー台では安定するそうです
でも実際の路上で、引き足ってそんなに使わないじゃないですか
踏んだ方が加速しますよね

競輪選手とかであれば、ケイデンスを上げまくる練習は意味があるんじゃないかなと思います
知らないですけど(笑)
でも一般人とか、地元のロードレースに出るような人がそんなに回せても、
そこはローラー台の上で、アスファルトの上じゃない
って言われたら終わりなのかもな、と思いました

まーそんなことは置いといて、ローラー台自体はいいトレーニングですよ!
何のって、ぶれないペダリングの!
自転車が左右に振れれば脱輪しますし、上下動しても脱輪します
つまり綺麗なペダリングができなければ長時間続けられないし、速くも回せない!
綺麗で効率的なペダリングを身に着けるために大切なこと、を学べるのがローラー台ですね

あと風がないのでめちゃくちゃ汗をかきます(笑)
自転車の運動量ってすごい!と思いました
普段は自然の空冷システムで、体を冷やせてるんですね
風がないだけで、20分もやれば、シャツは汗だくで崩壊します(笑)

これで明日からも自転車に乗れる・・・!
こんなに嬉しいことはありませんよ!
トレーニング強度を増すために、ハンドルを下げようと思っています
ハンドルに体重がかかると、前輪の荷重が増えて、車体がぶれるんです
車体を安定させるには、体を体幹で支えるしかない
そのトレーニングになりそうですね

あとは股が擦れて微妙に痛いから、それをなんとかしたいかな・・・
柔らかいサドルがほしい・・・
その辺も含めてまた相談に行こうと思います!

ラテとの話はまた明日!
明日もローラー台やるぞ!

Counter

Profile

イオ

Author:イオ
二輪と四輪とEDMが大好き
愛車はSpecialized Tarmac
Twitter:io survolt

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter