車体の一体感を求めて!

サイクルモードで乗った、FACTOR ONE S
非常にかっちりした硬いフレームで、ダンシングで左右に振りまくる楽しさを覚えました
あれはいいですよ・・・

で、自転車が左右に振れない原因って何だろう?と思ったんですよ
まずはフレームを疑いました
ターマックは実は結構柔らかくて、しなってるんじゃないかと

ターマックは乗り心地がいいですし、硬いと感じたことはありません
でも硬くないはずがないんですよ
いいグレードのカーボンを使ってますし、フレームはレースで散々実績を積んできたSL5
現に下りではかつてない安心感を感じています

それなのにダイレクト感が足りないのはなぜか?
それは多分ホイールなんじゃないかと思ったんです

ハンドスピナーを触る機会があって、回ってるものって左右に振りにくいなぁ・・・とあらためて思ったんです
そして自転車のホイールですよ
ずっと大きな円がぐるぐる回転してるわけです
それは大きなジャイロ効果が発生してるんじゃないかと思うんです

ローハイトリムのホイールは反応がいいとされます
それはホイールの中で最も外側を開店するリムの軽さ故
リムが軽ければ反応はよくなり、ジャイロ効果も減るため振りやすくなります
逆にディープリムはエアロ効果に優れる・・・とされます
重いリムのジャイロ効果によって直進安定性が高まることもあるのでしょう

つまーり!僕が求めるのは、自転車との一体感を得るための軽量リムホイール!
・・・って具体的にどのホイールよ(笑)

リムが軽量と言われて思い浮かぶのはMAVICです
なんか軽いって聞いたことがある
マヴィックだとキシリウム・プロ辺りがいいですね
15万以下で、重量は1420g
非常に軽量です
価格的にはレーゼロと同じくらいかな?
レーゼロよりもリムが低いので、リムも軽量と考えられます

あとはキシリウムをどれだけガッチガチに組めるか、です
緩んだパーツが一体感を台無しにしているとも考えられます
その点はフルクラムもよさそうなんですよね・・・
いやー、悩むけど、まだ買えないしな(笑)