ダンシングが多少上手くなったかも?

ここんとこダンシングを多用して走れています
なんとなーく前よりもうまく使えてる気がするんですよね

今までは結構パワーのかかったダンシングになっていて、体力使うし脚も使うしでいいことなしでした
ここ最近は体力は減るんですけど脚への負担は少ないダンシングができています
脚が重い!踏めない!ってときにやるとちょっぴり楽できる感じです
でもやると疲れるので長時間は厳しいですね
特に腰とか体全体を支えるところに効きます

きっかけはスキーで、曲がりたい方向と逆の足にしっかり荷重をかけるとよく曲がるなぁと何となく思ったこと
外側の足にしっかり荷重をかけて、内側の足は荷重を抜いてサスペンションみたいにポヨンポヨンさせるような感じで滑ると上手くいったんですね
あの荷重をかける感覚をぺダルに対してできるようになった気がします

ただ今のところ、かなり低いケイデンスでしかそれができません
荷重移動っぽいことを素早くできないんですね
これは練習すりゃできるようになるもんなのか・・・
でもこれができるようにならないとヒルクライムであんまりダンシングができません
ケイデンスが低い上に速度も低いので、ものすごくふらつくんですよ

方向性は悪くないと思うので、乗る度に試して練習していきたいと思います
しっかり荷重をかければ踏めるんだ・・・

やっぱVengeが一番?

先日IzarcoMax Discに試乗する機会がありました
FOCUSの最新エアロロードはどんな感じなのかなぁ?と思ってたんですけど・・・
案外普通のバイク?でした

以前のイザルコマックスは硬いと言われていたはずですが、今のイザルコマックスは特に硬いとは感じませんでした
乗り心地が硬いって意味じゃなくて、ペダルを踏んだ時に感じる剛性感の話です
特にガッチガチという感じもなく、柔らかいという感じもそんなにせず・・・
普段乗ってるターマックよりは硬い?のかな?と思うくらいでした
エアロもそれほど恩恵を感じず、コスミックホイールもあまり感じることは無し
強いて言うならレースバイクっぽい割には乗り心地がいいなぁってこととか

なんというか・・・よくわからないバイクだった気がします
特に際立つキャラがなかった
こいつはすごいバイクだ!とは思わなかったですね・・・

ここで思い出すのはさらに前に試乗したS-works Vengeです
あれはすごかったしめちゃくちゃ速いバイクだと思いました
加速は鋭く、エアロなのに登り、ハイトの高いホイールが横風をもろに受けてふらつくバイク
速く走るっていうキャラがはっきりしてたし、前から来る風しか対応しませんと言ってくるホイールもキャラだなぁと思ったり
やっぱ個人的にVengeを上回るバイクは今のところありません
あれこそ僕のドリームバイクです

あとDi2が使いにくかった
これはVengeでもそうだったんですけど、機械式なら大きいボタン(レバーそのもの)と小さいボタンに分かれていますが、Di2はどっちも小さいので押し間違えやすい気がします
シフトダウンしたはずだけど押したボタンが小さくて下げちゃったかな?って一瞬思ったり
慣れかもしれませんけど今のところは違和感がすごいですね
機械式を使うか、eTapにするかしたい

うん、S-eorks Venge Red AXSが夢のバイクだな
135万貯めねば・・・(笑)

サイコン電池交換!

今日はロードバイクに乗ってたんですけど、ストラーダスリムをカチカチやっても画面がつかない・・・
壊れたかな・・・と思ったんですけど、よく考えたらこいつは電池で動いてました
ただの電池切れです

結局今日は画面真っ暗なサイコンとともに多分70~80kmほど走ってました
もう全てが「多分」ですよ
多分40km/hで走り続けられてる!とか、多分9時!とか
つい最近サイコンの時計が2時間早まって、朝7時なのにいやいや5時やでみたいなこと言い出してこいつおかしくなったのか?とは思ってたんですよ
まぁ2年半?も電池交換せずによく頑張ったなぁと思います
走行距離は7000kmくらいかな
すごいぜマクセルの電池

てことで早速電池を買いに行きました
何もかも充電式な今時では絶滅危惧のボタン電池・・・と思ったら結構ラインナップがあるんですね
なんかあとあの・・・すごく太った単4みたいな電池とかもありましたし、星型?の電池もありました
とりあえずお目当ての電池を一番安く買おうと思ったら、サイコン本体のCR1616が東芝、センサーのCR2032はマクセルということに
センサーの電池の方がデカいのは通信を発してるのはそっちだってことなのか・・・?

で、電池をセットしてみるとサイコンには訳の分からん表示が
unit?何?どうすればいいの?と思って調べると、メートルかマイルか選べるそうで
逆輸入車みたいにかっこつけてマイルにするのもありかなぁと一瞬思いましたが素直にメートルにしました
今回初めて気づいたんですけど、ストラーダスリムのボタンって表じゃなくて裏側にあるんですね
PDFの説明書読みながら、どこに3つもボタンがあるんだよ別のサイコンじゃないのかと思ってた僕がバカでした

電池交換したら液晶くっきりです
これでまた2年戦える!(笑)
サイコン無くても走れるものですね
MTBには必要ないな

ノートはいまいちだった・・・

この前友達の引越しの手伝いで日産ノートに乗ったときの話を今更書こうかなと思いました
時間が経てば経つほど、全然いい車じゃなかったなぁ感が強まってきますね(笑)

ノートとフィットは同価格帯のはずなんですけど、ノートは絶望的に安っぽいです
全てのパーツがプラスチック感満載でコストカットの塊という印象を受けました
フィットはそんなことないんですね、まぁ頑張ってるかなって感じ
ノートはハンドルもシフトもメーターもダッシュボードもドアも安っぽかったな

それ以上に安っぽいと感じたのがエンジンです
回り方が信じられないほど雑!!
フィットがブォーンって密度高めの音を出すのに対して、ノートはもう・・・トラック?
なんかガラガラ言ってるんです・・・
回しても緻密な感じは全くなくて、隙だらけで雑然としてる感覚
なんじゃこりゃ・・・と思いました

あとムカつくのがアイドリングストップ
よし行くぞと思ってブレーキを離すとエンジンが始動しますが、そのタイミングがアクセルを踏み始めるタイミングと見事に一致するんですね
始動で一瞬高まった回転数で発信してしまうため、車が飛び出すんです
交差点とかで一旦停止してそろそろ~っと前に出たいとき、一旦停止したら次にドカンと前に出てしまいます

室内も決して広くないし、荷室もフィットの方がフラットで扱いやすいし、フィットの方が速いし静かだし高級感あるし乗ってて楽しいしで何一ついいところがなかったなぁ、と今思い返しています
個人的には特にエンジンが酷かった・・・
最初に始動した瞬間から、うわぁ・・・ってなりましたね

逆にフィットは運転してて楽しいことが多いです
ハイブリッドでSモードにすると明らかに力強さが漲るし、エンジンは回すのが楽しい
室内も今まで乗ってきたコンパクトカーとかミニバンよりずっと良くて、今の車ってこんななんだーって思わせてくれましたし
唯一不満なのはDCTだけですね
パドルシフト押したら変速してほしい、無視しないで(笑)

メーカーの考え方の違いとかなのかなぁ・・・
レースに出てるかどうかとか?
そんな単純な話じゃないのかもしれませんけど、個人的にはレースに出てるメーカーはやっぱ応援したくなりますね
さらにそこで強いと尚更箔がつきます
興味ない人はどうでもいいと思いますけど

シクロやるならどんなバイク?

シクロクロスが楽しかったので、やるならどんなバイクがいいかなぁとちょっと考えてみましょう
求めるのはChiselよりも良いバイクです!

そもそもの起点が高すぎて難しい話ではあります
細身軽量で適度な剛性も兼ね備えた最高にかっこいいアルミフレーム、よく動くしめちゃ軽いフォークReba、コントロール性も制動力もものすごく高いLevelブレーキ、シンプル軽量でどんな登りもこなせる12速ワンバイ、ブースト規格のチューブレスホイールとタイヤ、それら全てをまさかの20万円で実現してしまった究極のマウンテンバイクChiselを上回るものがこの世界に存在するのかって話です
べた褒めですけどほんとに最高なんですよ
MTB欲しいなら今すぐSpecializedを扱ってるお店に行ってChiselを注文するべき
正直僕も街乗りとか通勤用にもう一台欲しいくらいです(笑)

まぁ・・・価格に関しては目を瞑るしかありません
20万円前後で買えるシクロは大体がアルミで、僕の適正サイズである58cmなら10kgかそれ以上の重量があります
カーボンフレームであることは必須条件であり、そうなれば30万円以上の完成車しか存在しません

まずはスペシャ教信者としてCRUXは外せない
CRUXは日本にあるのはEliteかS-worksの二択です
本国にはあと、Force1搭載のExpert、アルミフレームにApex1を組んだE5があります
ちょっと面白いなぁと思ったのが、EliteもS-worksもどうもフレームは同じっぽいんですよね
同じFact11rカーボン、同じ形状のフレーム
価格は二倍になりますが、その違いはコンポやホイール、その他の細かい点に充てられているのかなぁと想像しています
確かにEliteのホイールはDT R470で全然軽くない・・・
ここだけは軽量ホイールに替えないとつらいですね
シクロは加減速ばかりなので、リム重量が軽いことは至上命題です

CRUX Eliteは約40万円
替えたいところはホイールくらいです
カラーがとてもいいですね、ものすごいピンクに黄色いロゴ
派手の極みと言えるカラーリングですが、個人的には大好きです

次は・・・CannondaleのSuperXかな
値段が十万円下がってコンポがRivalからApexにランクダウン
ってくらいかなぁ?
カラーリングがくすんだグリーンとイエローなのが個人的には×です
が、お買い得なのは否めない・・・

あとはGiant TCXとか色々ありますけど、自分の中でパッとするのはやっぱCRUXだけなんですよね
それにしても40万はめちゃ高い・・・(笑)
まぁシクロには今後どの程度入れ込むか謎な部分が多いです
お店の知り合いからお誘いがあればどんどん参加したいなぁとは思いますが・・・
でもロードで強くなりたいならシクロは有効な手段ではあるんだよな
考えてみないとですね

大きいサイズも買える!

ちょっと自転車屋さんで聴いてきたんですけど、日本に正式には入ってないサイズの自転車でも、本国で販売されているものであれば注文することが場合によっては可能かもしれなくもない・・・らしいです
これはデカブツに差した一筋の光・・・!(笑)

ただし条件がめちゃくちゃ厳しいんですよ
大きく分けて二つですね
・次年度モデルの正式発表前の受注受付時に注文すること
・トップレンジの高額モデルであること

まぁ当たり前っちゃ当たり前の話なんですけどね
売れもしないサイズやモデルを日本に入れたところで、在庫として余ってしまうことは確実です
だから日本に入ってくるのは売れ筋のモデル、売れ筋のサイズだけ
軽量オールラウンダーなロードバイクの、サイズ54まであたりとか、女性向けを謳うやたら小さいフレームとかは売れそうですよねー(笑)

それ以外のサイズを入れようと思えば、それなりの高額商品じゃないとやる気が出ないのもわかりますし、最初の船便に積んでとっとと売ってしまいたいのもわかります
もし欲しければ積極的にお店に通って新年度の製品情報を集めて、情報が出た瞬間に契約書にサインすることです
Venge買うときはそうしよう・・・

僕の場合は特にサイズに関してはつらいところです
サイズ58が適正ですが、大方のロードバイクは大きくても56までしかない場合が結構あります
メーカーによっては54くらいまでしかなかったり・・・
例え高額商品のみであったとしても、自分に合ったサイズの自転車が手に入ることはやっぱり嬉しいですよ
本国にはあるサイズが日本には入ってきてない、ってだけの理由で夢のバイクを諦めなくてもいいんだ、ってだけで十分な希望になります
よし、頑張って貯金せねば・・・(笑)

Leftyやっぱいい!

この前ちょこっとだけBADBOYに乗りました
Lefty・・・と言っていいのか・・・サスペンションついてないただの片持ちフォークですし
でも一応Leftyってことになってますね
すごかったんですよ

何がすごいって剛性です
フロント周りのがっちり感が半端じゃない
フォークが一本しかない、ねじれることがない、ってのはこういうことなのか!と思わされましたね
あれはマジで革新的なアイデアです

乗った瞬間から桁違いの剛性を感じるんです
今まで乗ったどんな自転車とも違う、ヘッドとホイールを繋ぐ棒から一切のブレを感じない強靭な感覚
ちょっと跨ってゆっくり走っただけでこれなので、もっと速く走り始めればその違いが鮮明になるはずです

CannondaleのLeftyに関する説明はなるほど感しかないです
八角形構造により回転は発生し得ず、四面に配されたニードルベアリングがどんな状況下でも滑らかなストロークをもたらす
今はデルタケージとか言って三角形三面らしいですけど
フォークが単純に1本減ることによる絶対的な軽量化と、倒立化によるバネ下重量の軽減による動作性の向上
何一つ疑問を感じないんです
確かにその方がうまく動くよなぁ・・・としか思えない
文系脳だからあっさり騙されてるのかもしれませんけどね(笑)

MTBはChiselから乗り換える気はこの先10年くらいは起きない気がしますが、Leftyだけはマジで気になります
F-siに乗り換える可能性はほぼないですけど・・・
BADBOYを買えばいいのでは・・・?(笑)

どんな家具が良いか?

一人暮らしの友達が増えてきて家具の話題が出ていたので、ちょこっと家具について考えてみようかなーと
っても主にベッドとか部屋の配置とかそんなんですけどね

まず部屋には絶対にローラー台を置く!
3本ローラーかダイレクトドライブかはわかりませんが・・・とにかく置きます
自分の部屋で食事排泄風呂以外の全てが完結するくらいにしたいので
防音防振は必須ですね
トレーニング機器一式も全部置くので、床の一部はゴム製が望ましい
床の一部が黒いゴム製になるので、トレーニングエリアに関しては壁も暗めの色合いにしたいなと思っています
それ以外は白かなぁ

ローラー台の暇つぶしにデカいテレビとオーディオ類も必要ですねー
テレビは有機ELにしたいので、小さくとも55インチはあります
20万しないくらいかな
オーディオはソニーかBoseのサウンドバーですっきりまとめたい
低音は強く出したいのでウーファーはあった方がいいかもなー
こっちは10万くらい
このためにも部屋は防音にしたいです

あとベッドとか椅子とか
実は欲しい物ってほんとにこのくらいしかないんですわ
服を大量に持ってるわけではないのでウォークインクローゼットは不要だし
本を大量に持ってるわけでもない・・・というか本ほとんど読まないので、本棚も不要です
殺風景な部屋になりそうだ・・・(笑)

ベッドは今使ってるのと同じような収納付きがいいですね
引き出しのタイプ
跳ね上げ式がいいという話もありましたが、ベッド下に普段使わないものを詰め込むならまだしも、下着とか服を入れたいので引き出しの方が便利です
ニトリだとセミダブルのフレームが3.5万円くらいで買えますね

問題はマットレス
なんか大して買うものないし金かけてもいい気がしてきた
ニトリだと6.5万くらい
シモンズのゴールデンバリューだと20万円くらいですね
一生ものならシモンズでもいいかもな
ベッドに20万か・・・今はまだ想像できない(笑)

あとは椅子が一脚とパソコン置く机があればおけ!
ううん・・・家具よりも家の構造の方が問題だ・・・
防音防振の部屋って高いのかな?
全然わからん・・・(笑)

iPhone入手計画、失敗!(笑)

ちょっと個人的にもう一台スマホが欲しいなぁと思ったんです
今使ってるP20以外にもう一台・・・となると当然気になるのはiPhone
AndroidはP20が最高なので他はいりませんわーって感じです

P20はLINEモバイルで使っているので、LINEモバイルの回線提供元であるソフバンか、simロック解除済みのiPhoneなら使えるだろ、と思って色々探していました
しかしまずiPhoneは高い!
5sでさえ1万円を切っているのは実店舗には全くありません
13年発売ですよ!?もう5年半も前のスマホがいまだに1万円切らないなんて!
何でブランド力・・・値崩れしなさ・・・

ネットの白ロムショップとかヤフオクとか巡回してわかったのは、予算1万円前後で買えそうなのは5系か6だけだってこと
SEは登場が新しかったし中身が6sで根強い人気があり全然高いし、6sも高い
5系か6のどっちかしか選べないんですけど、6インチ近いスマホ使ってる身としては4インチなんてガラケー並みの画面は生理的に受け付けないレベルで小さいので、実質6一択です

そしてイオシスで見つけたのです・・・!
ランクCながらも付属品全部ついてて1万円を切ったiPhone6 16GBを!
しかもカラーはゴールド!
色に関しては本当は6s以降ののローズゴールドが良かったんですけど、6ならゴールドかな・・・と思ってたんです
在庫1つだけ!これは注文せざるを得ない!
・・・と思ってたんです

再びsimカードが僕の前に立ちはだかったのですよ・・・
LINEモバイルのsimカード、P20に挿しているのはnanoSIMです
が、LINEモバイルにはiPhone専用のsimカードが別で存在するのです
ソフトバンクのiPhoneは回線的にもsimのサイズ的にも使用できますが、そのiPhone専用simじゃないとダメとのこと
つまり今P20に入ってるsimを挿してもソフトバンクのiPhone6で通信はできない
くそが!!!!!(笑)

手持ちのDIGNOはsimロック解除できず、iPhoneは専用simが必要で、結局LINEモバイルのsimを他のスマホに挿して使おう計画は完全に瓦解したのです・・・
他のAndroidスマホ?HUAWEI製のよりいいのありましたっけ状態なのでマジでいりません
Xperiaとか割と安く出てるんですけど、全く興味が出ない
買うならP20とかP20proとかNova3とかですけど高いしP20liteで満足してるしいりませんね

こんな顛末で今後もP20lite一台体制になります
iPhoneがスペアで持てればすごくよかったんだけど・・・
それもこれもソフトバンクのせいだ・・・そういうことにしよう・・・(笑)

解約がだるかった

三井住友の口座解約をしてきたんですけど、くっそ時間かかりました・・・
みずほを解約したときは10分で終わったのに、三井は待ち時間が50分、手続きに20分で1時間以上かかったんですよ
銀行なぁ・・・クレカ以外で使う用事がないので、お金は家に置いておいても良いと思ってるんですよね
金庫でも探すか(笑)

スキーから帰ってきて二日目ですが、ここんとこマジで何もしていません
雑用こなして料理作ってたら一日が終わってる感じです
無為だ・・・

明日は5時起きして自転車乗るつもり・・・です
明々後日はシクロのレースですしね
個人も全力で走りたいですし、チーム戦では特にメンバーのお荷物になりたくないのでぶっ飛ばしたい
回れて精々3~4周ですし、そのくらいなら全力で行って燃え尽きてもいいはずです
明日は色んな道をミックスして走ろう・・・前走ったルートがなんやかんやよかったな

あと明日はまた銀行に行かないといけませんし、ついでにラーメン食べてこようかな
野菜とニンニクが目的です
プチの野菜マシマシでもいいかもしれない最早
麺を全部野菜に置き換えてくれ
それいいな・・・野菜二郎・・・こんなにもヘルシーな二郎がいまだかつてあっただろうか

あとやることはそんなにないはず
勉強の目的を見つけたいくらいですね
TOEICの勉強は継続してやるべき
あと取るなら簿記2級とMOS Expertだってわかってるけどモチベが出ないこの現状
TOEICの問題が100回分くらい入ってる都合のいいテキストが欲しい・・・(笑)

あぁそうそう、Ymobile解約して手元に残ったDIGNOをsimロック解除しようとしたら、解約から90日以上経過してるのでできません~って言われました
分割代金払いきったスマホ、買い取って自分のものになったスマホなのになんで有料でも解除してもらえないんでしょうかね
せっかく有効活用しようと思ったのに結局ゴミになりそうです
キャリアはほんとくそですね、バカみたいに高い利用料ふっかけてくるし

所要で別のスマホが欲しいんですけど、新しく契約するのもバカバカしいし、P20に挿してるnanoSIMを流用できればなぁと思ってたんですけどね
DIGNOが使えないとなると、別のスマホを入手するかPHSを復活させる必要があります
これについてはどう運用するのが一番安いかよく考えないとです
3月も残り半分・・・ちゃんと考えないとですね

通勤にも正しい道具を?

この前シクロの大会に参加して、用途にあった正しいバイクを使うことが大切だと感じました
狭いコースや切り返しを易々とクリアできるクイックなハンドリング、激しい加減速の繰り返しでも疲れない軽量さと強力なブレーキ、そういうのを備えているのがシクロクロスバイクであり、クロスカントリー用のMTBにはそれらは備わってないんですよね

で、通勤や日常的な使用に適した自転車をもう一度考え直してみたんです
そうなるとXC用MTBもグラベルバイクも違うなぁと
街中を走るのに最も適してるのはやっぱクロスバイクなんですよ

MTBはサスペンションがついていますが、街中でそれは無用の長物です
むしろ重いデカい気を遣うしメンテに金がかかる
ピッチについてるSR SUNTOURの安物フォークはストロークしてない気がします
ちゃんとメンテしないとこのザマですし、メンテするにも腰が重い
高々2万円のフォークにそこまでする価値あるか?ってなっちゃうんです

タイヤも同じく、そんな太いタイヤでどうすんの?状態
街中でフラッとダートに入れるのは嬉しいですが、95%が舗装されてるのでそんな機会は滅多にありません
通勤ともなれば遊んでる暇はないので、舗装路一直線ですし
太いタイヤは重いし邪魔だし、これも無用の長物です

グラベルロードはいいかな?と思ったんですけど、車体が高い
それなりの金を払わないと充実した装備が得られません
一番気にしてるのがブレーキで、油圧ディスクがいいんです
機械式は雨天時の制動力がリムブレーキよりはいいよ!ってだけで、引く力はケーブルで伝達される点に変わりはなく、それじゃ指一本で止まれないじゃないですか
油圧ディスクなら何度ブレーキをかけようと疲れ知らず、ストップアンドゴーの多い街中では心強い味方です

油圧ディスクを装備したグラベルロードは20万円くらいからしか買えません
クロスバイクが2.2台くらい買える値段ですから、通勤だけに使うとなるとバカバカしい
じゃあシクロと両立させるか?っていうと、グラベルロードの性能はシクロよりかなりもっさりしてるのでそれも無理
じゃあシクロで走れば?ってなると、シクロは買うならそれなりの車体になるので、通勤に使うなんてできるわけがないので無理

使い勝手やコスパから考えて、クロスバイク以上に街乗りに適した自転車は結局ないのかも、と思ったんです
MTBは悪路を走ってこそだし、グラベルロードは・・・意味あるのかあれはと思い始めました

クロスバイクで気になるのはBADBOY!と言いたいところですが、BADBOYはLeftyのせいで安くはない
いやLeftyだからこそいいんですけど、それでも約10万はうぅん・・・ってなる金額です
その他装備品も合わせて10万に収めるのが理想ですね

となると出てくるのはSpecialized Sirrus!
やっぱりスペシャだね!!(笑)
Men's Sirrus Sportはテクトロとはいえ油圧ブレーキ搭載、コンポはソラ、フォークはカーボンで割とロード寄りだし、どうも純正フェンダーが存在するようなんです
HPにはないんですけどね・・・昔はあったってことなのかな?
フェンダーは絶対必要です、それもフルカバータイプのが

そんなSirrusはなんと8.2万円!安い!(笑)
フェンダーとスタンド付けて、ペダルをタイオガのフラペとかに替えればもう完成です
9万円くらいで全部行けちゃいます
圧倒的コスパ、そして街に見合った性能
ロードほど速くもなくMTBほど多用途ではないかもだけど、ロードより乗り心地はいいしMTBよりは速いです

ピッチのタイヤを使い切ったらシラスに乗り換える可能性はなくもないですね
タイヤはそろそろブロック部分がなくなりそうなんですけど・・・
フォークは動きがかなり渋く、最近はダンシングするとBBがミシミシ言うようになりました
まぁでも走ってるのでまだまだ行けますね!(笑)
20年度モデルを注文するか、19年度モデルの売れ残りを安く買えないか、とか考えることもまたありますし
通勤用自転車もこれと決めたら長く使うようにしないとな・・・5年は使わないと

計画艦、全員建造完了!

今日出雲の建造が完了しました!
これで計画艦は全員建造完了です!
長かった・・・

長かったと言っても1年経ってない気はします
特に出雲に至ってはかなりの突貫工事で建造を進めたので、めちゃくちゃ早く終わりましたね
今のところ出番はなさそうですが・・・

今はネプチューンと、この間建造してたら来たオーロラを大講堂でレベリング中
艦隊は第一第二を12-4用にLv120艦で編制し直し、第三はレベリング艦隊としてヴィクトリアス・ロドニー・シャングリラ・アヴローラ・フィジー・エクセターとしています
12-4は今さっき一回やってみて、とりあえずボスは倒せることを確認
道中も補給すれば8回行けそうなので、☆3もそう遠くないかも?

アズレンは割と「レベルを上げて物理で殴る」ことができるゲームなので、レベルが120ならどんなキャラでも12-4で戦えるのが嬉しいです
嫁のホーネットは決して強いキャラではないので・・・
道中艦隊はホーネットを旗艦とし、大鳳、フッド、オイゲン、ローン、ベルファストです
好きなキャラ丸出しですね
ボスはDoYとモナークで火力の高い戦艦を中心に編制しましたが、前衛が持たない・・・
一発でも攻撃を食らうと体力がごっそり減るので気が気ではないです
戦艦ズにガンガン装填してもらってガンガン撃ってもらう他ない

あとは12-4を☆3にして鳥海を掘るだけだー
今月中に掘りたい・・・頑張ろう

往復13kmコースをプッシュ!

今日は新しく設定してみた往復コースを3周してみました
距離は片道6.7kmなので往復13kmちょい
それを3周なので40kmくらいになりますね
内容としては往路は上り、復路は下りで、上りは激坂はないんですけど絶妙な傾斜でスピードが上がりません
スピードを乗せていくには結構踏まないとダメで、嫌でも踏むトレーニングになります
下りは走ったことはありませんでしたが、走ってみると下りだけじゃなくて平地も上り返しもあるコースです
勢いを殺さずに踏み続けることが要求されるので、こっちも嫌でも踏まされます

1周目は上りは良いペースでしたが、下りが意外と伸びず
2周目は上りで1周目よりも1分遅れましたが、下りで2分速く走れました
3周目はかなり死んでいたので、吠えながら登板し2分遅れ、下りで1分縮めましたが一番遅かったです

走り自体は集中してしっかりできたかなと思います
プッシュし続けられましたし
途中信号で止まらざるを得なかったのが休憩になって良かったとも悪かったとも
あれがなければさらにプッシュできましたけど、なかったら全体のペースは落ちてたかもしれない
まぁいずれにせよしっかり追い込めたのは良いことです

ただ脚への意識は割と雑
もっと正しく踏むことを意識したいですね
特に疲れてくると、とにかくパワーを出してスピードを上げることにばかり執心して、体の動きがものすごく適当になるんです
正しい踏み方はローラー台で復習しないといけないかもですね

あとプッシュしてるときはダンシングが上手くいかない
体重をしっかりかけるダンシングは休憩に向いているので、スピード自体はあまり上がらないんです
どうしてもパワーが出ないときはダンシングしましたが、当然疲れは倍増します
もっとエコに速いダンシングをしたい・・・

改善点はたくさんありすぎますが、良いところもなくはないです
速いかどうかは置いておけば、路面状況に合わせてパワーを出しわけることができていたと思います
特に自分が得意な下り、平地、上り返しについてはしっかり走れてた
2周目以降の下りが速いのはそれです
50km/h超まで加速して、上り返しではダンシングして勢いを殺さずに登り切ったり

ただなぁ・・・パワーが絶対的に不足してます
巡航速度が全然伸びない
40km/hまでは出せるし、疲れててもその速度は割と出せるんですけど、それ以上出すのには元気な時でもそこそこの頑張りが必要です
50km/hくらいは普通に到達できるようにしたいし、40km/hは特に意識せずとも出せるようになりたいんですけど・・・かなり難しいですね

今週末は大磯クリテ、僕にとっては今年度最後になります
クラスはスポーツなので、今までよりもパワーのあるライダーたちが揃うはず
集団が千切れても一人で頑張って前に追い付くとかできないかもしれませんし・・・
今までよりも位置取りを考えないとですね

正しい道具を使おう

シクロのレースに参加して思ったことがあります
何事にも正しい道具ってのはあるんだなってことです

XC用MTBのChiselはほんと最高でした
初シクロが初実戦でしたけど、軽い・速い・登る・曲がる・粘る・乗り心地いい、と悪いところがまるでない
もう最高の一言です
すごい戦闘力を感じましたし、カーボンのハードテイルにも全然負けないんじゃないかな?と思うほどです

でもシクロのレースではChiselは巨大でした・・・
29/2.3のタイヤは700/33Cのシクロ用タイヤと比べると驚異的な大きさです
ハンドル幅は400mm台に全く収まらずその2倍に近いし
サドル高は80cm以上あるしLサイズだから全長もかなり長い
とにかくデカいんです

シクロは細かい切り返しがかなりあります
そういう局面で29インチのタイヤだと小回りが利かないんですね
ハンドル幅も広すぎて取りまわすのに一苦労です
それに降りることを一切考えてないポジションなので、障害物前で降りるのが大変でした
乗るのはジャンプすれば意外といけるんですけど

シクロバイクはホイールがXCバイクより小さいし、ジオメトリーの関係でロードバイクよりもさらにクイックです
でもそれが必要とされるレースなんだな、と思いました
シクロクロスにはシクロバイクが適してるんだなと
MTBでも走れることには走れるけど、ぬあー!ってなる場面は多いんだと思います

となるとシクロバイクが欲しくなるのが悪いところです・・・(笑)
しかもChisel以上によく走るバイクじゃないと意味がないので、カーボンじゃないとダメな気しかしません・・・
CAAD Xとか10kg超えですよ、Chiselより重い!
そうなると30万は下らない・・・
貯金しよう(笑)

富士川シクロクロス!

富士川シクロクロスに参加してきました!
道の駅富士川で開催されるシクロクロスレースです!

僕はシクロクロスバイクを持ってないので、クロスカントリー用MTBのChiselで参戦
29erのあまりのデカさに車に積み込むのが大変でしたよ・・・
ホイールはスルーアクスルなんですけど、クイックレリーズじゃないのでいちいちレンチが必要
油圧ディスクブレーキなのでスペーサーは必須、これを自転車グッズ置き場から掘り出すのが大変でした
サドルは相変わらず天を突いてるし、ホイールもバカでかいしタイヤ幅も2.3もあるのでもうすべてがデカい
フィットになんとか収まりましたが、その代償としてバーエンドキャップを失いました・・・
どこ行ったんだろ・・・

レースはソロの一番下のクラスとチームエンデューロにエントリー
チームはお店の方々と4人で走ることになりました

とりあえず試走してみると、思ったより・・・というかかなりきつい(笑)
細かい切り返しが多いし、途中の坂はものすごく短くてものすごく急、逆バンクでヌルヌルのコーナーなど・・・
休めるポイントがどこにもないんです
ロードレースなら下りとかで一息付けますが、そういうの全くなし!
スタートからゴールまでの30分間、全開で走り続けるレースです!

で、試走後すぐにソロがスタート!
スタートでの位置取りが非常に重要なのでみんなスプリントします
MTBはハンドル幅の関係で自動的に最後尾なので、ここで少しでも順位を上げたい・・・!と思って僕もスプリントし、中盤以上まで食い込むことができました

そこからは大渋滞です
切り返しの連続では前の人のリアタイヤと自分のフロントタイヤが接触するくらいまで接近しますし、後ろからもせっつかれまくります
コース幅が狭いので、ロードレースで言えば集団が縦に伸びまくってる状態
しかも抜けるポイントはないので、みんな多少なりとも強引な抜き方にはなりますね
観戦してた時はぶつかってコースからはじき出されてる人とかもいましたし

そんな中でもとりあえず一つずつ順位を上げていこうと重い、太いタイヤを活かしてコーナーを攻めます
特に高速コーナーではMTBの方が速いですね
あと登りも結構速いし、下りの勢いもある
全部Chiselのおかげです(笑)

3,4周は調子が良かったんですが、5周目がきつかった・・・
あ、ペース落ちてる、ってのが自分でもよくわかりましたし、後ろから追い付かれる恐怖を感じつつ走ってました
6周目にしてついに一人に抜かれてしまったり
最後のストレート前の障害物でなぁ・・・前に出れれば勝てたかもしれなかったのに・・・
ロードレースと違ってスリップストリームとかはあまり関係ないので、前にいた方が有利な場面が多いんですね

初シクロで体力を使い果たしたら、ご飯を食べて半分寝てる状態で休憩し、午後のチームエンデューロに向かいます
走順は僕が最初
1人2周の作戦だったので、最初からかなり飛ばしていきます!

それでもソロのときほどの勢いは出ず・・・
ソロの4周目~5周目の状態でしたね
順位は見てないのでわからないんですけど、そんなに悪くないといいなぁ・・・
全員が走り切ってもまだ時間が余ったので、さらに1人1周を追加!
今度はさらに全力を出し切るつもりで行きました
でも終わってみるともうちょい行けたんじゃないか・・・みたいな反省ばっかりですね
あの上りで・・・とかあの直線で・・・とか

シクロクロスのレースは初めてでしたが、めちゃくちゃ楽しいですね
きっついですけど楽しいです
こうなってくるとマウンテンバイクのレースも楽しみすぎる・・・
はよXCのレースにも出たいですね

今後やりたい勉強!

TOEICが終わり目標を見失いました・・・
何か勉強する目標が欲しいと思って、次なる資格なりなんなりをちょっと考えました

とりあえず英語学習は続けていきたいですね
身近で気軽な目標としてTOEICは最適です
TOEFLの方が一般的な使用には適してるのかもですけど、資格として持っててアピールできるし日本に浸透しているのは間違いなくTOEICだと思います

関係ない話ですけど、いつか行きたい場所にはIsle of manやWistlerがあります
あとアイスランドとかも行ってみたいけど
マン島はイギリス領、ウィスラーはカナダなのでどっちも英語圏です
そのため(?)にも英語の勉強は続けておきたい

要は触れ続けることが大切だと思うんです
やらなくなった瞬間から能力は低下します
だから継続して勉強しつづけることが大切です
それがビジネス向けだろうと英語であることに変わりはないんですから
それにTOEICは性に合ってるんです
あのタイムトライアル的なスタイルが苦手だという人もいますが、僕はあの時間との戦いが大好きなので

なのでまずTOEICの勉強は継続!
リーディングの問題集を買ったので、それを週1ペースで解きたいなぁと思っています
週1で100問やってれば中々のもんでしょう
センター過去問とか大学の過去問に手を出すのも面白いかもしれませんね
いずれはリスニングもやるようにしたいです

次にフィナンシャルプランナー3級
この前簿記3級を取って、もう二度と金勘定の試験なんぞ受けるかと思うくらい嫌でしたが、2級を取るべきではないのか・・・とちょっと悩んでいました
ただ今後のことを考えると、次の会社は別に何か作ってるわけじゃないので、簿記に傾倒する意味は薄いように思ったんです
この世で一番大嫌いな計算に向き合ってまで取るほどの価値は無いな、と

なので似てるけど方向は違うフィナンシャルプランナーを受けてみようと思います
元バイト関係の人で保険屋の人がいるんですけど、そういえば保険とか税金とか真面目に考えたことあんまりないなぁって
今後生きていく上で必要になることですし、知っとくのは良いことだと思ったんですね
保険屋だの銀行屋だの人の金をこねくり回して懐温めてるような連中に寄与したくない思いもあるっちゃあります

フィナンシャルプランナーは3級から受けるのが必須なので、まずは3級です
負担が少なければ2級まで取ってしまいたいですね
仕事のためというよりも自分のための資格なので、モチベは上げやすいはず

最後にビジネスマナー検定
秘書検定受けようかと思ったんですけど、秘書になる予定はないのでビジネスマナー全般について再確認した方がいいなと
これは3級を飛ばして2級から受けます
問題集読んで常識力高めれば受かるはず!

その三つですね
英語学習の継続、家庭のお金の勉強、ビジネスマナー
あとは仕事して必要だなと思う資格があれば追加で取っていく感じで
MOS Expertも欲しいかもですけど、そもそもofficeをどの程度使うのかも謎なので一旦保留です
一番近いのは6月のビジネスマナー検定!
次が9月のFP!
立て続けに受かるぞ!

アズレン近況!

スキー以外に書くことがそんなにないので、アズレンの近況をまとめておきます
主にLv120艦の量産と計画艦の建造ですね

ここ最近、シリアスと隼鷹がLv120になりました
これで31人です
今119なのがオイゲン、比叡
この二人も近いうちにLv120になります
好きな艦はとりあえず最高レベルまで育てようってのが方針です
使えるかどうかよりも好きかどうか

あと計画艦ネプチューンの建造が完了しました
前衛にシリアス、フィジー、シェフィールドを入れて回しまくってましたね
今は最後の計画艦、出雲に着手してます
来ても育てない気はしますが・・・
そのために後衛は天城、比叡、金剛として10-4を周回中
経験値は残り160万くらいなので、今月中に行けると思います

他には珍しい艦が来ました
デイズです
潜水艦はシュルクーフ、伊26、伊58だったんですけど、ゴーヤとデイズを交代することに
ロリは趣味じゃないんですけどデイズは可愛い、伊26も可愛い
でも艦これのゴーヤが潜水艦では一番可愛い
でもシュルクーフめっちゃ好き、脇ホクロっぱい

今はとりあえず出雲建造が目標ですね
それが終わったらホーネットを第一艦隊に戻して、金剛とグナイゼナウとシャングリラ育てて、前衛はフィジー入れて・・・
4月は色々あって触れなくなりそうなので、そんな編成にしてのんびりやりたいと思います

運転センスが・・・ない?

なんか車運転する自信がなくなってきました・・・(笑)
いや普通に運転はできるんですけどね、寄せるとかそういう動作ですよ

普段座ってるときに体が斜めってるのがどうも体の感覚にも反映されてるみたいで、僕にとっての正面はわずかに右にずれてるっぽいんです
そのせいで普通にバックしてるつもりでも実は斜め左後ろに向かっているなんてことが多発しています

それとは別として、とりあえず都内ではできれば乗りたくない気持ちが強くなりました
普通に走ってて車が多すぎる
3車線あっても1車線ごとは広くなく、その割に巨体のトレーラーまでうろうろしています
車がひっきりなしに走ってくるため車線変更は至難の業、どうしても右に曲がらなきゃいけなくて大型トラックの前になんとか入った後にめちゃくちゃ詰められてものすごく怖い思いをしました
普通の車は割と普通に走ってるんですけど、それぞれの運転技量や態度なんかどうでもよくなるくらいとにかく数が多い

走ってて思うのは、自分の周りにはどれだけたくさん事故になる要素が散らばってるんだろうってことです
思い当たるリスクが膨大すぎます
事故が起こるリスクもそうですが、法的なリスクもそうです
思わぬことで法を犯してしまう可能性も十分にあるなぁと
心身はもちろん、社会的なダメージを負う可能性がある

トラックとかタクシーのドライバーとか、本当に尊敬するようになりました
あのカオスな路上で、全長10mにも及ぶ巨体を転がしたり、お客さんの要望に沿って縦横無尽に駆け回ったり
僕には・・・できません、そんな怖いこと
運転手という仕事は免許持ってれば誰にでもできるようで、実は全然そんなことないんだなぁと

はぁ・・・僕には田舎で自転車とかバイク転がしてる方が似合いそうです
その方が安全だし楽しいし、事故るときは自分だけ被害を受けるし
都心じゃ車もバイクも自転車も満足に乗れなさそうですしね
もっと山の方で暮らしてみたいな・・・MTBとか乗り回せるような・・・

一人でプッシュ!

今日は一人で90km近く走ってました
平均速度は割と良かったし、距離も伸びたしでなかなかいい練習になったと思います

今回はひらひらにならないように意識して走りました
上半身をしっかり固めて、安定したペダリングをすること
それについてはかなり上手くいったかなと思います
ブラケットの頂点に少し内向きに手をかけて腕ごと内側に巻き込むようにして脇を締め、上体を安定させました
その甲斐あって平地や下りでは速度が落ちなかったんだと思います

ただ速くはなってないんですよ
感覚としては、平均が良かったというだけで、ここでは速かった、というのはないんです
速度が落ちがちな緩い傾斜の上りでもしっかり踏めたりとか、そういうのがあっただけで
速いー!ってのはなかったですね・・・

なぜ速くなかったか・・・
単純にパワーが足りてないです
もっと強い力で踏めないとダメですね

サドルを少し上げたのは効果ありでした
太ももの表だけでなく裏もしっかり使って踏めてます
これのおかげで長く走れたのかもしれない
あとはサドルの傾斜をもうちょい緩くするべきかもですね
今だとお尻を下げたときにサドル高がちょい高い感じです
前傾させること自体はいいんですけど、ほんとにちょっとでいいかもしれません

サドル角の調整、パワーアップ、それに今までと同じように長時間踏む練習・・・
やるべきことが色々ありますね
パワーアップはどうすればいいんだろう・・・?

メガネ買い替え!

メガネを買い替えてきました
JINSです!

メガネはこれで何本目だろうなぁ・・・(笑)
今使ってるのは大学生最後から使ってて、その前は赤いの使ってて、その前は黒いの使ってて・・・
2桁行かないくらいでしょうか・・・

今回買ったのはクラシックシリーズのスリムアセテート
前使ってたのも同じクラシックシリーズでしたが、スリムじゃなかったので結構太かったです
今回のはエアフレーム並みに細いですね

エアフレームも検討したんですけど、違和感がすごかったのでやめました
エアフレームの売りは軽さですが、レンズが重いので重心が前にかなり偏るんですよ
かけてて耳には全然重量がないのに顔の前面には重さを感じるのが変な感じで、アセテートにすることにしました

度は1段階強くなったのでまだ慣れません・・・
一応1.0見えるように調整した結果です
これは慣れていくしかない・・・

値段は5400円とリーズナブル
これで買い替えられるのならポンポン行けますね(笑)
まぁ今度のはデザインも気に入っていますし度数も良い感じです
3年くらいは使いたいな・・・

自転車用品はスキーでも役立つ!

苗場でのスキーでは自転車グッズを色々持ち込んで使ってました
というか僕の装備品の大半はそもそもスキー用じゃないんです

スキー用品ってやたら高いじゃないですか
ウェアが〇万円とか
なのでウェアはワークマン!
同じの着てる人を苗場で見かけましたし、意外とポピュラーっぽいです(笑)

ワークマンウェアは今まで通りなんですけど、今回はゴーグルを廃止して自転車用サングラスTifosi Davosで滑ってました
ゴーグルは毎回毎回曇って曇ってイライラするんです
でも外すと目が痛いkらつけないといけないけどつけると曇って前が見えない
ゴーグルの曇りでスキーの楽しさは半減してると思います

サングラスにしたおかげで曇りからは完全に開放されましたし、目周りも超すっきりしました
ゲレンデの状況がわかりやすく、安全に滑ることができます
あそこはコブがあるとかそういうのがはっきり見えるので、次にどうしようかとか決めやすいんですよ
ゴーグルは曇るし視界狭いしマジでくそです、二度と使いません

あとニット帽を被らずに自転車用ヘルメットMET Rivaleを被ってました(笑)
これは最初はちょっと無理があるかなとは思ってたんです
リヴァーレはエアロめなモデルってだけで穴が結構開いてるし
リフトでも「METって書いてあったら自転車用ってすぐわかるじゃん」って声が後ろから聞こえたり
分かる人はわかりますよね、METはGIROやオークリーと違ってスキー用ヘルメットを作っていないので

でもむしろよかったです
エアベントのおかげで通気性は抜群、でも寒くはない
リヴァーレは非常に軽量なので被る負担も少なく、ニット帽と違ってずれることもありません
もう全然使えます、それどころかニット帽いらねぇと本気で思いました
なので次回からはヘルメットを持参します
ニット帽、お前は不要だ!

ビンディングペダルはスキー由来ですし、スキーと自転車には相関性がある気がします
だから自転車で使えるものはスキーでも使えるんですよきっと
ほら、ログリッチも活躍してるじゃないですか(笑)
自転車やっててよかったなぁと少しだけ思ったスキーでした(笑)

苗場でスキー!

苗場でスキーしてきました!
今まで言ったスキー場の中でベストかもしれない・・・

行きは新幹線です
朝5時台にラテと集合して、7時くらいに東京発
車内は大学生っぽいグループがいっぱいいましたねー
おにぎりとかハンバーガーをもしゃもしゃしつつ、1.5時間ほど揺られるとそこは雪国・・・でもありませんでした
越後湯沢駅周辺は雪積もってません
それどころか降ってるのは雨です
最高気温はなんと6℃で東京の寒い日と大差ないんです

駅からはバスで苗場に向かいます
40分って書いてありましたけど大体30分です
スキー場はホテル前から頂上までしっかり雪がある様子!
別のスキー場で12月に行ったときはコースが一つしか開いていないことがありましたが、3月はいいですね・・・全部滑れます

ホテルはもちろん苗場プリンスホテル
超でっかいです
後でお風呂場に行くために探検したんですが、増築に増築を重ねた結果、ああいう横長の配置になっちゃったっぽいですね
宿泊は3号館でしたが、露天風呂に行くのに5分以上かかりました

とりあえず更衣室で着替え、コインロッカーに荷物を預け、道具をレンタルし、ゲレンデへ!
なんかゴンドラが動いてない・・・と思ったら、雨のためかふもとのコース以外は使えなかったんです
なので開いてるのは大体が初心者用コース
でもそれでよかったですね
無理をしない初日にできました

コースは初心者向けなので当然厳しくはないです
雪は雨で濡れてショリショリな感じ
グリップは少なめで加速はしやすい、気を付けたい質感でした
第4,5ゲレンデを周回し、第3ゲレンデにも行ってみましたが、第4,5の方がよかったかな

ラテはパークでジャンプに挑戦!
着地が難しいそうで、跳ぶのはいいんですけど着地後に転ぶことが多かったですね
滑ってる人の中には上手い人もいて、滑りながらジャンプして一回転とかしてたりしました
斜面に転がってる人も多かったですけど(笑)

お昼は朝夕をそこで食べることになるとは知らずアゼリアへ
ラテも僕もタコライスを注文
あとソーセージ盛り合わせも
どっちも辛めで体は暖まりましたが、ラテは眠くなりその場で少し昼寝してました
僕も割と疲れていたので少し休憩です

午後も第5ゲレンデをひたすら周回してました
午前よりも雨が多少弱まったような気が・・・する・・・・?(笑)
気温が少し下がったのかはわかりませんが、雪が若干硬くなったように感じられて、スキーのグリップ力が増しました
おかげで午前中よりは速く楽しく滑れたと思います

滑り終わったらチェックインしてお風呂へ!
部屋はもともと一番狭いツインだったんですけど、なぜか広めのツインにアップグレードされました
まぁ良かったと思います(笑)
苗場プリンスホテルの問題の一つはお風呂!
スキー場にあるホテルとしては珍しいと思うんですけど、大浴場が有料かつ全然広くないんです
僕らは露天風呂がある火打の湯に行きましたが、内風呂はまったく外が見えないサウナみたいな風呂で、露天風呂も2桁人で入りたくない感じ・・・
今まで行ったスキー場ではどこも大浴場があったので、有料な上に狭いのは初めてですね
遊んでた大学生キッズの冷水が背中にかかってラテがキレ気味でした(笑)

晩ご飯は昼も行ったアゼリアでバイキング
メニュー数は思ったより少ないですね
一番美味しかったのはお子様コーナーにあった塩焼きそばと、積んであった蟹でしょうか
他は普通かいまいちなのが多くて、ライブキッチンの豚肉は家でフライパンで焼いたのに似てたり、ブリのカルパッチョはブリの味がしなかったりでしたね
味噌汁とご飯はすごく美味しかったです(笑)

大人らしく滑ったおかげで疲れ果てていることもなく、夜はお土産を物色したり駄弁ったりと楽しく過ごせました
朝の大雨でびしょ濡れになったものすごく臭い靴はお風呂場で乾燥させることにして、10時くらいには就寝です

2日目は晴れ!しかも雲がほとんどない!
この日はコースも全部開いていたので、早速山頂まで行ってみることに!
筍山山頂は標高1,800mほど
見晴らしはとてもよく、新潟と長野の県境にある山々が綺麗に見えました
最初は写真を撮りまくってましたね

頂上まで行くには、第二ゴンドラ、筍平リフト、筍山リフトを乗り継ぐ必要があります
筍山リフトの真下はちょうど上級コースで、見下ろすと明らかにヤバい傾斜が・・・
最大斜度32°、平均は24°だそうですが、見た目には45°くらいありそうに見えるのが不思議です
ラテに散々煽られつつも、ここで滑ったらケガするかもしれないと思い、中級コースに徹することに
大きなコブもそんなになさそうだし見通しもいいので、しっかり減速すれば降りられないことはないと思いますが・・・
相当怖いのは間違いないですね

中級コースはあっても最大26°、平均でも22°です
大斜面ゲレンデがそれですね
でも十分怖いですよ(笑)
それなりにちゃんと減速してないと滑れないです
自分の実力はやっぱ中級以下なんだなぁってのを思い知らされますね・・・

午前は山頂で過ごし続け、お昼も山頂方面のレストランプリンスへ
ゴーゴーカレーが食べられます(笑)
チキンカレーが1100円と当然のスキー場価格、キャベツお代わりもありませんが、朝ごはんをたくさん食べたので大丈夫でした
ラテはハンバーグカレーでしたね

午後も山頂をぐるぐる
筍山リフトに下りる斜面が楽しかったですね
途中集中力が切れてきたので、ふもとまで降りてウィスラーカフェでホットチョコレートを飲み、また山頂に上って、最後まで滑ってました

3時前くらいに切り上げてラテ激推しの温泉へ(笑)
今度は内風呂の苗場の湯
こっちは火打の湯よりもさらに狭いです
滑り終わった人たちがひっきりなしに訪れていました
さっぱりしたらカフェで一服し帰りのバスに乗ります

越後湯沢駅では初日に決めていた串焼きを食べます
ラテは牛タン串、僕は鮎の塩焼きをチョイス
以前ラテと山形の銀山温泉に行ったときから鮎とか川魚がやたら好きで、あると食べたくなるんですよね
鮎の塩焼きは尻尾から頭まで余さずバリバリ行けるのも好きなポイントです
今回も例に漏れずバリバリ行きました(笑)

さらにもつ煮も食べてました!
わずか500円で飲み屋のもつ煮の3倍くらい入ってる圧倒的コスパ!
量がほんとに多くて、心行くまでもつを堪能できました
ああいう出店チックなのは東京にはなかなかないので、こういうところじゃないと食べられませんからね
ここで食わずしていつ食うか!

ホテルでは結局お土産を買わなかったので、駅で探すことに
ラテも僕も上善如水を購入しました
「にょすい」だと思ってたら「みずのごとし」なんですね
にょすいって連呼してたよ・・・(笑)

新幹線で地元まで戻ってからの夕飯は久々の町商!
いや・・・よかったな町商・・・うまかった・・・
ここんとこ三郎ばっかりだったので、久しぶりに食べると美味しいですよ・・・
また行きたい・・・

はい、以上でスキー旅行は終わり!
滑り始めたときはテンション上がらなかったんですけど、滑ってるうちにどんどんテンションが上がってきて楽しくなってきましたし、無茶することもなく安全に楽しく滑ることができたのが本当によかったですね
少しは大人になって加減ができるようになったのかな?と思います

また行きたいですねスキー・・・
苗場は初めてでしたが、今までで一番だったかもしれません
どこも滑りやすく、景観もよく、レンタルの質も悪くありませんし、ホテルはでっかいし(風呂以外)
何より滑りやすいのは嬉しいです
蔵王はリフト間が上りで移動がきつい、上国はリフトをひたすら乗り継がないと上に行けないし戻るのにも時間がかかる、志賀はデカすぎ、と色々不満はあったんですけど、苗場はそういうのが特にありませんでした
言うとするならホテルに対してですが、滑りに来てるのでホテルはぐっすり寝れてたくさん食べれればそれでいいかなぁという思いもありますし
来年も同じような安いプランがあれば苗場に行くかもしれません
道路も比較的ちゃんと除雪してあって、自家用車で行けなくもないかも!と思いました

今年度末か来年も行けるといいなーと思っていますが、見通しがまだ全然つきませんしね
僕はどんな雰囲気の職場なのか謎だし、ラテは勤務先が謎だし
誰と行くのか、いつ行くのかも全く決められません
まぁそのうち決めて行ければいいなぁと思ってます
スキーはやると楽しくなっちゃうのでやめられませんね(笑)

TOEIC受験!

TOEIC受けてきました!
前に受けたのは多分4年前です・・・

久しぶりにやってみると、まず集中の度合いが難しい
集中しすぎると文章全体とか話全体が見えなくなって?ってなる
逆に集中してないと何の話だっけ?になる
広い視野を持ちつつしっかり集中する必要がありますね

次に時間はやっぱ際どい
リスニングは問題文を先読みするのが定石ですが、最後の方でそれができなくなることがありました
あれ?わからんぞ?ってなって詰まっちゃってたんです
次の問題が割と簡単だったりで助かりはしましたが、わからなかったのがそこそこあったように記憶しているので、リスニングは点数低いかもしれません・・・
1問5点として400点行ってるかどうか・・・くらいな感じです

もっと時間が際どいのはリーディングの方ですね
僕はなんとか全問解ききりましたが、今まで受けた2回と同じで時間がほぼ余りません
大学受験だと試験時間が半分くらい余ることもありますけど、TOEICに関しては見直しをする時間すらないのがつらいです
でも多分・・・そんなにボロボロではないはず
400点は行っててほしい・・・

以上で合計800点行ってるといいなぁって感じでした
リスニングがなぁ・・・地味に悪いかもしれないのがほんとに怖い・・・
リーディングがマシだと信じたいけど・・・
GCNとか海外ドラマとか毎日観てても聞こえないものは聞こえませんね(笑)

リスニングについてはもっと全体像を捉えるように聞かないとダメですね
問題はこれを聞いてるから、この情報だけ聞き取ればいいんだ!でやってると逆にやられます
それよか全体像を把握して、あーそれっぽい、ってのを選んだ方がいい

受験期の学力が羨ましいです
あの頃の無敵感はすごかったなぁ・・・(笑)
大人になっても勉強はしないといけませんね

明日はTOEIC!

明日はTOEICの試験日です
一応勉強はしていますが・・・やっぱできなくなってるなぁというのを痛感してます

特にできないのが文法問題
文法は大学受験で散々勉強したので、あの当時ならできたんですけど、もう6年も経ってしまうとほとんど抜けてしまうんです
解答を見てなるほど~となることも多くあって、うーん・・・って感じ
こんなんで大丈夫なのか・・・

長文は割と平気で、普通に読めるし回答もできます
ただスピードがわからないので、時間内に解ききれるかどうかが不安です
TOEICは解答速度命なので・・・

あとは全く対策してないリスニング
問題構成久しぶりに見てるとリスニングの方が不安になってきますね(笑)
説明文問題が30問・・・てことは10回読み上げられるってこと
多い・・・(笑)

まぁできることは決まってるので頑張ります
先回りして問題とか選択肢とかどんどん読んでって、よく聴いて一番それっぽいものを選び、リスニングが終わったら全速力でリーディング
これしかない

今後は毎年2回とか3回とか定期的に受けようと思ってます
そうしないと英語力が落ちていく一方だ・・・

傷の状態!

この前包丁で切り落とした指先の皮と肉ですが、キズパワーパッドを2日間連続装用×2回することで結構治ってきました
なかなかやりますねキズパワーパッド

傷は以前は赤い肉が露出していて痛々しく、衝突のはずみで簡単に出血する程度には脆い状態でした
それが今では赤い肉の露出はほとんどなくなり、薄くとも皮膚らしきもので包まれています
傷口周りの皮膚はキズパワーパッドのせいでふやけてかなり分厚くなっているのですが、乾けば段差がもうちょい減るかなぁ・・・と思っています

ケガをしてから4日程度ですが、治りはしっかり実感できていますね
あとどのくらいで完治するかはわかりませんが、17日にはもしかしたら何もつけずに走れるかもしれません
まぁ保護程度に絆創膏か何かは貼ると思いますけど、キズパワーパッドは必要なさそう!

キズパワーパッドは以前、ロードバイクでフロントから滑って転んだ時に太ももに大きい擦り傷を作って使いました
あの時は体液がドバドバ出てきて、1日で漏れ出てしまうほどだったので、あんまり効果を実感できなかったんです
今回の傷は小さいので、2日連続で貼っても全然大丈夫!
指先なので水に濡れることが多く、念のため2日で貼り替えていますが、パッド自体は3日行けます
血が出てても大丈夫なのかは心配でしたが、結局OKでしたね
滲出液って血も含むのか・・・?(笑)

とりあえずそんな状態
あと少し!はよ治れ!左腕使ったトレーニングができてない!(笑)

空気圧を落としてトレーニング効果UP!

今日は一度ローラー台をやってからちょっと考えました
前に外で自転車に乗ったとき、もっと積極的に走ろうとしたときは太ももの表側が痛くなったなぁ・・・と
ローラー台をいくらやっても表は痛くならないんですよ
どうしたらそこに効くトレーニングができるか考えて、空気圧を落としてみることにしました

使ってるタイヤはコンチのウルトラスポーツ、安いので
推奨空気圧は120psi、大体8.3barですが、割といつも9bar近くまで入れています
ローラー台ならパンクの心配はありませんし、乗心地も気にしないので
バースト・・・はするのか知りませんけど(笑)

それを6barまで落としてみました
ウルトラスポーツの推奨最低値は95psiなので6.55bar
またしても推奨値外ですが、パンクの心配はないのでこれで行きます

するといい感じに重い!
トップギアを踏めないことはないですが、踏んでると太ももの表側にじりじり来る感じ!
これだ!これを求めてたんだ!

ということで今後はリア6barでやります
もうちょい下げるとさらにきつくなるんですけど、6barが重くかつ回せるちょうどいい感じです
もっとパワーが出せるようになったら下げてみてもいいかもしれませんね

指切った!

シチューの具材切ってたら指を切りました
中指の先の皮膚と肉を、少しですがすっぱりと切り落としてしまいました・・・

玉ねぎを切っているとき、シチュー用のはいつもよりかなり大きめに切るので、結構雑に作業してたんですね
そしたら油断した・・・
ざっくざっく切ってたら指もざっくりです(笑)

と言ってもそんな大けがではないです
指先をほんのちょっと削り取ったくらい
いまだに痛いですけど・・・
肉を削ると治るのに時間がかかるのが嫌ですね

明日は飲みがあるしローラー台にも乗りたい、週末にはTOEIC、週明けはスキーと色々あるので、このタイミングで切るのは嫌ですねー
左手なのでまだよかったんですけど、パソコン売ってると半角全角変換キーを叩く指なので押せない(笑)
基本カラス打ちなので特に問題はないっちゃないんですけど
早く治れーーー

10kmコース練習!

行きやすい場所に10kmのコースを設定して、そこを何周かして練習してみました
往復10kmのコースで、行きが上り、帰りが下りになっています
勾配はそれほどきつくはないです
タイムは往復で大体18分くらい
平均で32km/hくらいでした
おっそい(笑)

ちょっと嬉しかったのは、4往復してその全てでタイムがそんなに変わらなかったことです
もっと30秒ずつとか遅くなるのかと思ってたんですけど、割と粘れましたね
気力さえ続けばもう1周は同じペースで走れるかもしれません
脚は結構きつかったですけど、回ることには回るんです

でも帰ってきてからローラー台やってみたら脚が回らない(笑)
心肺は元気なんですけど、脚はそれほど持久力がありませんでした
パワーもいうて出てないし
ぬーんって感じです

ローラー台をやり続けるのはそんなに意味ないのかも、と今更ながら思い始めました
外を走らないと速くならない気がする
そろそろ暖かくなってきたので、山の方の空いてる道を走れますしね
これからは平日も外で走る日を作ろうと思います

仕事が始まって、職場まで自転車で行ければすごくいいんですけどね
片道20kmなら1時間で行けるし
毎日往復40kmはそこそこきついので、できれば10kmくらいがいいかなぁ(笑)
もしくは最寄り駅じゃない駅まで自転車で行くとかもありですね
いやむしろ時間かかるな・・・(笑)
毎日効率的に外で自転車に乗るにはどうしたらいいのか考えないとですね

サドルの高さが難しい

昨日走っててちょっと思ったのが、普段ローラー台で使ってるカヨに比べて、サラはサドルがちょい低いような・・・
サドルを前傾させてるのもあるのかもなんですけど、膝にかなり余裕があるんです
これはどうなんだ・・・と思い、帰ってから3mm程上げてみました
とりあえず明日走るつもりなので、そこで試してみようと思います

BBから大体同じ高さになるように設定してるはずなんですけど、車体が変わると微妙に違うような気がしますね
シートチューブ角とかジオメトリーが色々違うのもあるのかもですけど
サドルも違うし一概に言えることなんてないのかも・・・

写真も見返してるんですけど、ステムをもうちょい伸ばした方が割といいポジションを取れるかもしれません
下ハン持った時に腕がほぼ真下に伸びてるように見えるんです
ダンシング時には膝がハンドルにつくこともあるし
やっぱステムは伸ばしたいなぁという気持ちがどこかでくすぶっていますね

サラのオーバーホールを行う機会があれば、その時に130mmステムと40cm幅ハンドルに交換してしまうのも手です
同じクラスのハンドル・ステムなら不満も出ないでしょう
Service Course 80-ErgoとService Course Stem 130mm 6°を組み合わせれば・・・
元々のハンドルとステムが6061アルミ製なので、7075を試してみたい気持ちはありますけど、
アルミでグレード云々言うならカーボンにしちゃえよという感じでもありますね(笑)

まぁ随分先の話だな・・・
まだオーバーホールの予定はありませんし
何年単位でやればいいんだろ?
一応今で1年半行かないくらいだけど・・・

修善寺でレース!

今日は修善寺でレースしてきました!
死にました・・・(笑)

今日は朝から雨、CSCももちろん雨です
濡れるし寒いし路面滑るし怖いし・・・
まぁ転ばなかったので良しとします
かなり神経とがらせて下りましたからね

驚いたのは、タイヤがかなりグリップすること
雨なのにめちゃくちゃ食いつくんです!
曲がってて危ないと思うことは一度もありませんでしたし、コーナーによっては地面に張り付くような感覚がありました!
イクシオンのウェットグリップすごい・・・

そんなバイクの性能がどうでもよくなるくらいに上りがつらかったです
コースは5kmサーキットの右回り(逆回り?)で、上りは全部で4回あります
コース図だと第9区間になる場所が早速きつい・・・これを上り切ればすぐに下りなんですけど、ここが既にきついです
二つ目の上り、第7区間は個人的には一番好きなエリア
スピードをつけて下った先の短い上りで傾斜も緩いので、パワーで押していけます
三つ目の上りは第5~3区間、長い上にもれなくきついです
一番つらいし嫌いなのは第一区間、ゴールに戻る前の上りです
道幅がやたら広いし傾斜きついしどこ走ってんのかわからなくなるくらいつらいです(笑)

とにかく上りの連続にボコボコにされ続け、最後の方にはインナーローでひらひらになりつつも周回を重ねました
ダンシングも何度もしましたがあまり効果はなく、結局つらい・・・(笑)
もうどう走ってもつらいんですよ!無理!

頑張れば割と先頭集団にもついていけなくはなかったんですけど、1周で終わってしまいます
他の人を見てると上りが軽いですね・・・
すいすい踏んでひょいひょいダンシングしてる
僕はひーひー言ったり「もう上りたくない・・・」と泣き言を言いながら走り続けていました(笑)

もう上りが苦手なのはわかりきってます
きつい上りはとにかくダメージを最小限に自分のペースで走り抜けて、下りと平地、緩斜面で差を詰めないと
できれば全部平地で走りたい・・・(笑)