カヨ修理完了!サラ入院!

カヨの修理が完了して戻ってきました!
ヘッドセット交換です!

使ったパーツは多分BBBのBHP-45
税抜4400円の一番安いやつです
ベアリングはクロモリ製

カヨのフロントを持ち上げてみると、重い!!!(笑)
ってももともと重かったんですけどね(笑)
カヨはフロント・リア共にかなりの重量級です
持つたびにおっっっもいな!って思います

工賃込みで6000円で修理完了しました
安く上がって良かったです・・・
ヘッドはくるくる絶好調です!

そして入れ替わりでサラも入院しました
こっちはオーバーホールです
特に交換がが必要なパーツがなければ、総額5万円程度になると予想されています
各種ケーブル、チェーン、バーテープ、それに交換するハンドルとステムも含めてこれですからね
かなり安いです

ケーブルとチェーンは安いのを使うことにしました
ケーブルは多分オプティスリックのやつ
チェーンは105グレードです
正直これらをデュラエースにグレードアップしたところで違いなんか全く分からないんですよ
実際、チェーンをデュラに替えても何も変わりませんでした
ケーブルとかチェーンはグレードよりも綺麗かとか新しいかにこだわるべきだと思います

オーバーホールは1カ月ほどかけても大丈夫です、とお話しているので、じっくりお願いしています
帰ってくるのが今から楽しみですね(笑)
ポジションの変更が大きいので、まずそこに慣れることからスタートです
それまではカヨでローラーを回さねば・・・

本国には新型Habitがある・・・?

Cannondaleの本国サイトをちらっと見たら、All New Habitがありました
向こうでは新型出てたのかよ!
てことで気になるスペックを見てみます

比較対象とするのはSpecialized Stumpjumper Comp Alloy 27.5です
アルミフレームに前後FOXの150mm、NX Eagleで12速、ヘッドは65.5°となかなか突っ込んだ個人的に今一番欲しいバイクです
向こうでの価格は$3,320ですね

この価格に相当するモデルだと、まずHabit4です
$3,150となっています
前後共にFOXなのは変わりないんですけど、ストローク量が130mmしかない・・・?
コンポはNX Eagle、ヘッド角は66°
Habitはスタンプジャンパーよりトレイル寄りだったんですね
この傾向はHabit Carbon3でも変わりません

となるとスタンプジャンパーに相当するのはTrigger?
と思ったらその通りでした
前後ともに大体150mmですね
こっちは別に新しくないので、スタンプジャンパーの方が圧倒的に魅力があります

むしろ迷ってるのはStumpjumperとEnduroです
どっちも27.5のモデルですね
スタンピーの29インチはヘッドがかなり立っちゃってるので

この二台の違いはまずストローク量
スタンピーは150、エンデューロは170です
まぁそんなのは正直どうでも良くて、デザインの問題ですね(笑)
非対称フレームはかっこいいけど、X-wingもいい・・・
今のところはスタンプジャンパーの方がクリーンに見えますけど
カーボンだとどっちもクリーンなんだけどな・・・アルミだとX-wingは溶接が多い・・・

値段は似通ってるので、下り重視か上りもこなしたいかで変わってくるような気はしますが、エンデューロはエンデューロレース向けなので上りが苦手というわけではないはず
となるとエンデューロでもいいような・・・
こうやって意味のない悩みをやってるのが一番楽しいですね(笑)

バンブルビー!

バンブルビー観てきました!
個人的にはかなり好きでしたね

でもどこが特別好きだったとかはなくて、全体的に好き
全体の雰囲気も含め好きでした
舞台が80年代後半で、音楽がすごくいいです
車もかっこいいですね、性能はいまいちな時代だったけど

ちょっと驚いたのは、バンブルビーってそもそも名前なかったんかい、って
識別番号しかない彼はもともとは一兵士に過ぎない存在だったのかな・・・と思ったり
体もかなり小さいしそう言われれば確かにそうな気もします

個人的にもっと知りたかったのは、サイバトロン星での戦いのシーン
ショックウェーブっぽい声が聞こえたんですけど、ダークサイドムーンで出てきたショックウェーブはいなくて、みんなデザインが古い・・・というかアニメのトランスフォーマーみたいだったんです
紫で眼が一つのがそれかなと思って調べてみるとそうでした
あのシーンはみんなアニメ版の格好をしてるんですね
オプティマスもコンボイっぽい格好だったかなと思います

プリムスGTXがよかったなぁ・・・3代目のですね
440、7.2LのV8エンジンのはず
直線と曲線がうまく合わさっててすごくかっこいいと思います
トランスフォーマーはどんどん新しくなっていくので、こういう古い車からのトランスフォームを見れるのは嬉しいですね

各メーカーのフォークとかリアショックとか

トレイルバイクとかを見てると、フォークやリアショックの種類が多くてよくわかりません
ので、どんなのがあるのか整理してみたいなと思いました

まずRockshoxから
うちのChiselについてるRebaはクロスカントリー向けの中級モデルですね
XCレース用のMTBならRebaがついてればおkなイメージがあります
その上にあるのがSIDです
さらにその上・・・と言うべきか別物?な倒立フォークとしてRS1があります
クロスカントリー用は基本この三つですね

下のグレードは色々あって、Judy、Sektor、30とか
この辺は無視していいでしょう

分からんのはトレイルやオールマウンテン向けのモデルです
上から行くとまずBoxxer
ダブルクラウンのダウンヒル向けモデルですね
完全なダウンヒル用はBoxxerしかありません
横にでっかくBoxxerって書いてあるのがかっこいいです

次にPIKE
これはトレイル向けのトップレンジ
35mm径でチャージャーダンパー2を搭載
重量は2kgを切っていてストローク量の割には軽くできています
PIKEの下がRevelationだそうです
PIKEに比べて機能を簡略化して低コスト化してるっぽいですね
この二つがトレイル向けです

Lyrikはエンデューロ向けとされています
PIKEと同じ35mm径にチャージャーダンパー2ですが、剛性等が高いため重量は2kg以上あります
そのLyrikの下がYari
これも装備を簡略化して安く上げている感じです

要は、
XC用=RS1≧SID>Reba
トレイル用=PIKE>Revelation
エンデューロ用=Lyrik>Yari
ですね

FOXは簡単で、径によって変わります
32はXC、34はトレイル、36はエンデューロ、40はダウンヒル
その中にFactoryとPerformanceのモデルがあるだけです
完成車だとRhythmってのがついてることが多いですね

めんどくさいのはリアショックです・・・これに関しては情報があんまりない・・・
Rockshoxの一番上にあるSuper Deluxeはダウンヒル用ですかね?
その下にあるMonarchは短~中トラベル量と書いてあるので多分トレイル~エンデューロまで幅広く対応してるのかなと
・・・わからなくなってきた(笑)

改めて整理しなおすと、そもそもRockshoxのリアショックは3種類しかないんです
Deluxe系、Monarch系、Vivid系です
で、英語の説明文を読んでみると、多分Vividはダウンヒルやフリーライド等のかなりハードなライディングに向けて作られています
Deluxeも同様ですが、こっちはダウンヒル(超Deluxeはダウンヒル向け)だけでなくエンデューロやトレイルにも対応してるっぽい
Monarchはさらに軽量・ショートトラベルでクロスカントリーまでカバー
そんなイメージでいます

FOXのリアショックはもうわけがわかりません
全部同じだろ(笑)
DHXはダウンヒル、DPXはトレイル!はいめでたしめでたし!(笑)

もうなんだろう・・・ちゃんと動くフォークとショックがついてればそれでいいや・・・(笑)
モデルとかにこだわらなくても、完成車ならそれに合ったやつがついてるんだから・・・
考えなくてもいいんだ・・・(笑)

ラテと二郎系ラーメン!

ラテと二郎系ラーメンを食べてきました!
めっちゃうまかったです・・・三郎以上だ・・・

思ったのは、二郎系は麺がかなり重要だなと
三郎では野菜とスープ重視で食べてました
背脂の甘みが溶け込んだスープで野菜を大量に食べるイメージ
それが美味しかったんです

今回行ったところは麺がうまかった
太いゴワゴワした麺を甘みよりもしょっぱさの強いスープに絡めてワシワシ行けます
その分野菜を食べる楽しみは若干少なくなりますが、麺を食べるのがとにかく楽しい
それに豚もデカい!
これはポイント高いですね

野菜をもしゃもしゃ食えるからヘルシーだと思ってたんですけど、二郎系の魅力は麺にあるのかもしれません
あのワシワシゴワゴワ・・・あれは癖になります
スープは単体で飲むと塩辛いけど、麺を食べるときはすごく美味しい
野菜もそこそこ楽しめるし、豚はデカいし
自分の中で新しいスタンダートが完成した気分です

明日は簿記の証明書もらってトンカツ食べて、明後日は髪切ってラーメンかなぁと思ってますが、明後日は自転車乗ってオーバーホールにも出したいし・・・
明日簿記の証明書もらってからトンカツ食ってバンブルビー観て髪切りに行ってラーメンがベストかもしれない?
ううん・・・どう行動しようか迷いますね
映画が微妙な時間から始まるのがつらいんだよな・・・(笑)

キャプテンマーベル!

キャプテンマーベルを観てきたので、感想をまとめておきます
総括しちゃうと、個人的には普通かな・・・ってとこです

ラテ曰く、キャプテンマーベルはキャラ紹介映画であって、キャラ紹介以上の内容ではない、とのこと
確かに~と思いました
キャプテンマーベルって誰?どんな能力の持ち主?生い立ちは?そういうところを描いて、エンドゲームに繋げる感じです
だからエンドゲームを観るなら観ておきたいけど、キャプテンマーベル自体が特別面白いというわけではない、って感じだと思います

個人的に一番謎だったのは猫
いらないでしょあれは・・・
いきなりウェスカーされても???でしかないですし
そもそもどんな登場だったかも覚えてないくらいなんですけど

あとキャプテンマーベルが甘い、甘っちょろい
これもラテに言われて確かに~ってなったんですけど、全然殺してないんですよね
個人的には観たとき、なんかジャンプのマンガみたいだなぁと思ったんですけど、多分そんな感じです
リアルなヒーローってよりかは少年漫画のヒーローみたいな

それと個人的にすごく引っかかったのが名前の付け方
キャプテンマーベルって言ったって本人はマーベルじゃないし
そもそもマーベルって明らかにマンガ会社と同じ名前にするためにつけたような名前だし
しかもアヴェンジャーズの命名の元ってそこかよ!みたいな
こじつけというか・・・それでいいのか・・・感がありました

強い女性像とか女性の社会進出に対するメッセージ性が強すぎるのも苦手でしたね・・・
そういうのをあからさまに表現しなくてもいいんですよ
むしろ表現することによって、「この映画は女性の社会進出もテーマの一つです!」って言ってるようなもんで
それって個人的には超ダサいと思うんですよね
それを直接言わずとも、女性ヒーローも超クールじゃん!ってなればいいのに
そもそもヒーローに男も女もなくてかっこよければそれでおkだと思うんですけど
だからわざわざ言わんでもいいのに、それを言っちゃうから安っぽいプロパガンダみたいになる

書いてるといいと思ったとこがほとんどなかったんだなぁと思わされますね(笑)
ううん・・・エンドゲームは結末を知りたいので観るとは思いますけど・・・
他のマーベルは観なくてもいいかもなぁ・・・

100kmオーバーライド!

今日はなんだかんだで115km走ってきました!
疲れた・・・(笑)

けど疲れの量自体は意外と80km走ったときとそんなに変わらないんですよね
最後の方で全然スピードを上げられなかったので楽しちゃってたんだと思います
中盤は最高にいい調子だったんですけどね・・・
でも同じ坂を上るときに1回目より2回目の方がスピードが乗ってたような気もする

脚も疲れましたが上半身もかなり来てます
腹筋と肩回りをもっと強化しないといけないですね

でも充実感はありますし、これを続けていけばもうちょい速くなれるような気がしています
1人で走るときは100km以上を目安にしておこう
いい感じの周回コースも作れましたし、そこを回ればどう走っても100kmを超えるはずです

ハンドルとステムの変更でポジションはよりきつくなります
今まで以上に上半身の強化が必要になりますね
乗って鍛えるのは当然ですが、筋トレもちゃんとしないとです
腹筋背筋肩回り、それと握力!
しっかりバイクをコントロールし続けられるようにします

欲しいバイク結局どれだっけ

なんかここんとこ欲しいバイクが増え過ぎてる気がするので改めて整理しておこうかなと・・・(笑)
予算的な都合で全く手は出ないんですけど、いつかは買うぜな気持ちではいたいですね(笑)

今んとこ持ってるのは、メインのロードバイクがTarmac
ローラー台用兼テストベッドにもなれるCAYO
XCレース用Chisel
通勤用Pitch
の4台
既に多いわ(笑)

まずターマック、サラは将来的にも結構長く乗るはずです
オールラウンダーで大体どんなコースでも速く走れるし乗り心地もいい
各種パーツも良い物を使ってるし、今後10年は乗れるんじゃないかなと思ってます
他にバイクをロードバイクを買ったとしてもサラには乗り続けたい・・・

カヨはもう完全に室内専用です
だからオーバーホールもほぼしない予定
分解清掃の練習とか、試してみたいパーツをつけてみるとか、そういうのでちょこちょこいじるかもですね

チゼルはまだXCレースでは使ってないですけど、シクロで使った限りでは最高のバイクでした
これもサラ同様に長く使いたいです
見た目も性能も大好きですし

ピッチは通勤や雑用をこなして使い倒す予定ですが、乗れなくなるまでまだあと3年以上かかると思います
なので通勤用バイクの買い替えは割と先の話ですね

さぁここからだ
まずVengeです
ロードレースに入れ込んでいくことがあれば、まぁそうしたいんですけど、より戦闘力の高いバイクに乗ってみたい
あと試乗したときに単純にめちゃくちゃ楽しかったからですね
あんなに走る自転車があるなんて知らなかった
価格は135万円と超高額ですが、相応の価値はあります
これは・・・3年後以降を目途に検討したいところです

次にStumpjumper
トレイルを走りたいとか、王滝に出たいとかパークに行きたいとか、そういうのを一台で全部こなしたいなと思うとこれしかありません
アルミなら35万円くらい
そんなに高くもないですけど、用途をまだまだ開拓できてないので、まずチゼルで王滝に出るとかしないとですね
パークも行かないとな・・・

最後にCRUX
冬の競技としてシクロクロスを本格的に始めるなら欲しい一台です
これが割と高くて40万円くらいはする
まぁ一度買えばスペック的には5年以上余裕で使えるので、買うならちゃんとメンテして乗っていきたい

こんなとこかなぁ・・・
他を考えてみると、グラベルロードは用途が思いつかないから不要、超軽量ロードバイクも特に興味ないしターマックで十分、エンデュランスも同様にターマックがこなすし
完全なダウンヒルバイクは目的に合ってないし、エンデューロバイクは・・・トレイルバイクと迷うところだけどどっちかでいい、ダートジャンプバイクは欲しいかもしれない、ファットバイクも欲しいかもしれない、フルサスXCも欲しいかもしれない?(笑)
まぁダートジャンプは飛ぶことばっかり考えるようになればですし、ファットバイクは・・・スキー場で走っていいなら買いますけど(笑)
フルサスXCなぁ・・・チゼルをもし買い替えるならEpicになるのでその時はフルサスでしょうが、かなり先の話です

となると、Venge、Stumpjumper、CRUXで200万ちょいってとこか・・・高い・・・(笑)
まぁでもどれも随分先の話なんですよね
夢のバイクを揃えるにはこれくらいかかるかも!ってだけで
今年の冬にシクロに誘われまくればCRUXの必要性がぐんと上がるかもですね

ぐだぐだな一日・・・

今日はマジで何もしなかったですね・・・
起きて食ってちょっと作業して食って寝て料理作って食っただけ
しかも自家発電したしくそだ・・・(笑)

切り替えたいので明日は4時起きで5時過ぎくらいから自転車乗るつもりでいます
この時間ならさすがに道も空いていると思いたい・・・
前に7時に出たときは通勤で混んでて、6時半はもっと混んでたんですよ
5時台なら出勤する人もそんないないんじゃないかなぁ・・・

サラは4月中はオーバーホールの予定なので、それまでにあと2回乗りたいと思っています
水曜と金曜で2回のつもり
土日は色々あるかもしれないし空けておきたいですね
土曜にはカヨが帰ってくるはずなので、乗りたければローラー台に載せます

明日はどう走ろうか・・・
100km走ってみたいんですよね
今ぼんやり考えた周回コースがGoogleMap上で40kmだったので、それを回ってみようかなぁ・・・
そうすれば多分合計で100kmは余裕で超えるはずです
100km走っても平均25km/hならなんと4時間で帰ってこられる・・・
割とすぐ終わっちゃうかもしれませんね

今のMTBを乗り潰すつもりで

通勤用にクロスバイクほしいなぁとか言ってましたけど、今持ってるピッチをしっかり乗り潰すことにします
新しい物を買うよりも今あるものをしっかり使うべきだなと思いました

きっかけはカヨとサラのオーバーホールですね
特にサラは長く使うためにもオーバーホールは必須です
良い自転車はオーバーホールして長く使うもの
自転車そのものだけでなくメンテナンスにもお金をかける必要があると思ったんです

じゃあピッチみたいな半分ルック車のMTBとか、クロスバイクみたいな街乗り専用バイクは?
こういうのをわざわざ3万4万もかけてオーバーホールするのはバカバカしい話ではあります
相当な思い入れがあれば別ですが・・・
車体価格の半額をかけて整備するほどの価値があるかというと・・・僕はそうは思いません

であれば、オーバーホールをせずに使い続けるべきだなと思ったんです
オーバーホールを二回行うべきレベルまで乗り込めば十分元が取れます
その頃には各部にガタが出るでしょうし、それが買い替えのサインです
そうなるまで表面的なメンテをきちんとやって乗っていくべきだなと
それが一番経済的だなと思いました

今のところMTBには特に致命的な問題は発生していません
・・・自転車としては、ってだけでMTBとして致命的な問題はあるんですけどね
フロントフォークが全然ストロークしないです
でもそれ以外はなんともないですね
変速は問題ないのでケーブル類やチェーンも大丈夫でしょうし
ブレーキもしっかり機能していますし

タイヤはかなり減ってきてるので、これは半年以内に交換する必要がありそうです
スペシャのハードロッカーなら前後合わせて6500円、それにチューブが前後2000円くらいで8500円か
これだけ払ってまたかなり乗れるならいいでしょう

アズレンコラボクリアファイル、売り切れ!

3月25日に最寄りのココイチ行ったら、アズレンのクリアファイルは既になくなっていました・・・
900円以上のカレー注文した後に気づきましたよ・・・(笑)

でもカレーは美味しかったです
いいですね野菜カレー
1辛でもちょっとむせてたので辛いのは苦手かもしれないですけど、美味しかったです
久しぶりにナンが食べたくなってきたなぁ・・・

まぁしゃーないです!
別にめちゃくちゃ欲しいってわけでもないので、ヤフオクでも漁りません
欲しいのはベルファストくらいだったし

どこかにナン食べに行くのもありかもしれない・・・
映画も観たい気がするし・・・
むーん・・・

とりあえずアズレンはタブレットの中だけで楽しみます
あとは同人誌くらい
コラボまで手を出すとお金が足りないし
ほどほどにやらないとですね

サラも入院!

カヨに続いてサラも入院することになりました・・・
サラは特に不具合があるとかではないですが、定期的な作業としてオーバーホールします

サラは買ってから1.5年、走行距離は5000kmくらいです
オーバーホールすべきかどうか尋ねたところ、5000kmならオーバーホールしてもいい時期ではある、とアドバイスいただきました
ケーブルやチェーンも3000km以上は使用しているので、これ以上長引かせて重大な損傷が起きるよりも、何事もないうちにオーバーホールして全部替えちゃおうと思い、オーバーホールを依頼しました

普段利用しているお店のオーバーホールの基本料金はかなり安く、そこで購入した自転車であれば3万円しません
これにケーブル、チェーンが合わせて1万円くらい、バーテープが2000円くらいで合計4万くらいで収まるはずです

しかし!そこに追加!
Zipp ServiceCource 80Ergoハンドルと、ServiceCourceステムを装着します!
ハンドル幅は400mm、ステム長は130mmです!
やっちまったぜ・・・(笑)

まぁこのタイミングしかないんですよ
ハンドルや長いステムへの交換はケーブル類まで交換する必要があるため、オーバーホールと同時にやるとお買い得なんです
工賃もかからないし

ServiceCource 80ハンドルは在庫切れだったため、エルゴノミックモデルにしました
手前に少し曲がっているので、上ハンを持った時も脇が締まりますし、持った感触も平らになります
それでもハンドルもステムも在庫僅少で危なかったんですよ・・・
PROでもよかったんですけど、PROのVIBEステムがかっこ悪いと思うのでZippしか選択肢がなかったんです
他のメーカーは特に興味なかったし・・・

ハンドルは440mmから40mm狭くなり、ステムは100mmから30mm伸びます
変化量は間違いなく劇的・・・
そのポジションに合わせられるかどうかは僕次第ですね
ただ、これで求めていたハンドルの前への移動ができます
今までよりも快適に、速く走れるはず・・・です

ハンドルステム代も込みだと総額5万円規模のオーバーホールになります
さらにもし交換が必要なパーツがあればさらにお金がかかる
自転車もメンテにかかる金が半端じゃないですね・・・
車やバイクよりは安いとしてもです

でもここでしっかり診ておくことで、今後も長く走れるはず
それに期待してオーバーホールします
綺麗になって帰ってくるのが楽しみです!

カヨ、入院!

ヘッドを開けてみたらドロドロだったカヨは入院することになりました・・・
まぁ当たり前といえば当たり前です・・・(笑)

自分が把握してる状態としては少なくとも、
上ベアリングが錆びまくってる上に取れちゃいけないパーツが取れちゃってる
でも上ベアリングは外れない
その上なぜかプレッシャーアンカーが飛び出てきてる

お店に持っていったところ、完全に固着しちゃってるね~との診断でした
そう、外れないのは固着してるからだったんです
コンプレッションリングの隙間にびっしりと黒い汚れが溜まっていて、ベアリングと全く分離しません
マイナスドライバーを当ててハンマーで叩いて外してもらいました

ベアリングは上下ともにドロドロ・・・
洗浄とかそういうレベルを超えていました
さらにアルミでできているヘッドパーツ自体もかなりダメージを受けていて、ヘッドパーツごと交換することになりました

ヘッドパーツはアルミ製の安いので4000円台、カーボンだと6000円台です
カヨはローラー台専用機なので、できるだけ安くなるようにお願いします・・・!と依頼し、お店に預けてきました
工賃込みで1万は絶対に行かないくらいになると思います

いやぁ・・・汗って怖いですね
直って帰ってきたら、絶対に汗が入らないようにサランラップ巻きまくります・・・
ほんと洒落にならないですよ
外装やチェーンばかり気にしていましたが、内面はわかりにくい上にもっと大切ですね・・・

まぁ1万で済んでよかったと思います
フォークがダメです、とかなってたら1万じゃ効かないですよ
汗は絶対にヘッドに垂らさないこと・・・肝に銘じます

鳥海とケッコン!

やっとこ鳥海とケッコンできました・・・
6-4を2人編制で回しまくった結果です(笑)

前に初めて課金してからケッコンしまくってるところですが、鳥海はマジでいい子ですね・・・
可愛いし優しいしすばらです・・・
艦これの鳥海もめっちゃ好きだし・・・
鳥海山もいいとこだったし・・・
もう鳥海がすばら・・・(笑)

アズレンは13章が実装されましたが、しばらくは放置しとこうと思います
バンカーヒルは気になりますが・・・13-4のボスなんてLv122ですよ?
アズレンは弱いキャラでもレベルで何とかできますが、こっちは最大120なのでもうどうにもなりません(笑)
強い人たちにどんどん行ってもらって、僕はレベル上限解放を待ちます・・・(笑)

あとアズレンではアニメにゲーム、それとココイチのコラボですね
アニメは新しいPVが来ましたが、顔がなんか違うような・・・(笑)
ホーネットの活躍が見れればそれでいいかなぁと思っていますが、次女の陰に隠れがちな三女に活躍の場はあるのだろうか・・・
鳥海なんて登場するのだろうか・・・

ゲームはそもそもPS4を持ってないのと、ここんとこForzaすらほとんどやってないのでやる気配もないですね
暇な時間があってもゲームしないのでもうゲームへの興味がないんだと思います
ココイチコラボは・・・一応参加しておきたい
なんかジャベリンが出やすいとかそんなあほな話を聞きましたけど(笑)
狙うべきはベルファストかなぁと思っていますが、900円てのはデカいですし、2,3回行けばいいかなと思ってます

900円を超えるのは、期間限定のスパイスカレー THE ローストチキン、手仕込ささみカツカレー
グランドメニューではトンカツカレーとかエビカツカレーとか
1辛にするとして21円増、野菜カレーにスクランブルエッグを乗せれば906円だな・・・(笑)
トマトアスパラカレーにあさりとかも個人的にはありかも
カツ系を入れると重くなるし高くなるからそれはいらないかな
今度食べに行ってみます

トレイルバイク、続き!

Stumpjumperがいいなぁとこの前書いたので、トレイルバイクについてもっと色々調べてみようかなと思いました
フレームとか、フォーク、ショック、コンポ・・・どんなものを使ってるのかなーですね

まずフレーム
ゴリゴリの下り専門ダウンヒルバイクなら今でもアルミフレームが結構ありますが、トレイルバイクは軽量さも重要なのでハイエンドはカーボンばかりですね
そのハイエンドモデルとほぼ同じパーツ構成でフレームだけアルミにしたのとかがあるような気がします

アルミの方が衝撃や転倒などのダメージには強いような印象を受けますが、今時はそんなことなさそうなので、単純に好みの問題かもしれません
カーボンが絶対的に軽量、とも言い切れないとこもありますしね
例えばMavicのホイールだと、クロスマックスエリートのアルミとカーボンでは、アルミの方が5g軽いことになっています
他のホイールもカーボンの方が軽量であっても、数百グラムも軽量!とかそういうことはないです
アルミも割と軽くできてるんですね
CanyonのSpectralでも、アルミとカーボンのモデルの重量差は100g単位で、驚くべきほど軽いわけではないみたい
カーボンの方が部位によって色々変えられるって利点がある、とかそういうことなのかなぁ・・・

個人的には、今現在ならアルミでもいいなぁと思ってます
今後カーボンがどうなるかはわかりませんけど、アルミが決して重いわけではない以上は、高額なカーボンを選ぶ必要は薄いかな、と思うだけです

スタンプジャンパーもアルミモデルとカーボンモデルがあります
さらに言うとカーボンモデルにはなぜか2種類あるんですが・・・
53万円のカーボンモデルのパーツ構成は、34万円のアルミモデルと同じなんです
差額約20万・・・こうなるとカーボンを選ぶ理由は自分の中ではなくなります
64万円のカーボンモデルだと各パーツもより良いものがついてるので悩ましいですね
でも差額30万、もう一台何か買える金額となると答えは決まっています

フレームはそんな感じ
次はフォークとリアショックですね
フォークはChiselにRebaがついていますが、リアショックは今まで使ったことがありません
フォークさえもXCとトレイル、エンデューロ、ダウンヒルで径が異なります

トレイル用は34mm~36mm径が主流みたい
FOXでは34mmがトレイル、36mmがより下り重視のエンデューロとなっていますが、Rockshoxではどっちにしろ35mmです
まぁその辺なら何でもいいってことなのかもしれません(笑)

スタンプジャンパーのアルミについてるのは、FOX FLOAT Rhythm 34mmとFLOAT DPS Performance
カーボンだとRockShox Pike RCにDeluxe RT3
ストロークは全て150mmです
FOXとRockshox・・・お店やネットではFOX派が多数ですが、自分はRockshoxしか使ったことがないので違いが分かりません(笑)
Rockshoxの方が軽いと言われていますが、カタログ上は大した違いは無し
個人的にはコンポーネントをSramにしたいので、ブランドの統一という観点でRockshoxの肩を持ちたい・・・かな?
アルミのスタンプジャンパーにもLyricかPikeつけてくれないかな・・・
でもS-worksもFOXなんですよね

SpecializedにはFSRという技術があり、スタンプジャンパーもこれを推すがごとく車名に入っています
よくわからんのですが、過去に特許を取得していて、他社も模倣していたんだとか?
とりあえず分かったのは、サグの調整がめっちゃ楽ってこと
Rebaのときは跨っては空気を入れ跨っては空気を入れでめんどくさかった記憶がありますが、それを一発でできるのは便利ですね

スペシャは自分のとこでそういうシステムの開発もしますが、スタンプジャンパー自体は汎用的に作られてるらしいです
BBはねじ切り、3インチのタイヤも履けて、その他規格も標準的なものに
こういうのはいいですね
いざパーツを交換したいなぁと思っても、つきません!!!じゃ話になりませんし

コンポーネントはNX Eagle
これでいい、というかこれがいいです
必要なのはフロントシングルの12速であって、グレードが上がったからって何かが劇的に変わるとかそういうことではないですし
NX Eagleは既に使ってますけど、パキパキ変速できて最高に楽しいコンポです
これ以上は特に求めてません

ううん・・・やっぱスタンプジャンパーのアルミがいいなぁ
GMBNではフォークやショックにはホイールと同様にお金をかけるべき!と言われていたので、FOX FLOATがどの程度の物かは知る必要がありますけど
かかる費用と得られるパフォーマンスのバランスでこれ以上のバイクはない気がします
35万か・・・Vengeの135万と合わせて170万・・・
うん、まだ車一台分だな!(笑)

ヘッドのグリスアップをしたい!

カヨのヘッドのグリスアップをしたいと思いました
というのは、昨年の冬あたりからローラー台で使いまくったときに、汗がぼたぼた垂れてるのをそのままにしてたんです
そしたらフォークとヘッドの隙間から茶色い水が流れた後が・・・汚い・・・(笑)
笑い事じゃなくて、錆とかでヘッドをぶっ壊したくないのです
だったら最初からカバー掛けろよですけどね・・・

てことでさっきヘッドを色々いじってみました
スペーサーの追加くらいはやったことありますけど、フォークまで外そうとするのは初めてですね・・・
そこまでできなくても、汚れをふき取ってグリスアップしたいと思っています

まずトップキャップには白い塩がごっそり!
天日干しの塩が採取できました・・・汚い・・・(笑)
一番汚かったのはベアリング!
グリスが!べちょべちょの茶色!(笑)
なんかもう・・・うわぁ・・・って感じなので、これは外して汚れを落としたいです
でも今んとこ上ベアリングがスポーンと外れないんですよねぇ・・・まずいかもしれない

カヨは基本的に外を走ることはありません
外を走るのはサラの仕事、サラが何らかの事情で動けなければカヨを出すことになるでしょうが・・・
フロントタイヤが完全に台形ですぐパンクしそうだったり、外を走らせたくない要因が色々あります(笑)
でもやっぱ綺麗に使いたいですもんね
ヘッド周辺の洗浄・グリスアップができたら、ラップでもビニールでも巻いて汗が入らないように保護しようと思います
今後もローラー台はやりますし、夏は特にやばそうだし・・・(笑)

傷の状態!

料理中にセラミック包丁で指先を切り落としてから約3週間・・・
キズパワーパッドも残りが少なくなってきたので、使用を中止しました
傷はほぼ回復し、周りの皮膚と大体同じ感じになってます

ただ少しだけ違和感はありますね
触った感覚がちょっと変で、周りが押されている感じがします
傷の中心部分は神経まで切り取っちゃったのかもです・・・
がっつり真皮まで削り取ったってことですね

でもキズパワーパッドのおかげでものすごく綺麗に治りました!
真皮まで削れたと思われる部分だけは赤く変色していますが、それ以外の部分は他の皮膚とほぼ同じ!
傍目には赤いボールペンで落書きをしたくらいにしか見えません!(笑)
すごいぞキズパワーパッド!

治るまでにはやっぱ時間がかかるもんですね・・・
小学生の頃は毎日ケガしても翌週にはすっかり治ってた気がしますが・・・
20代なんてもうおっさんなんじゃないかとこういうところでも思わされます(笑)

まぁしっかり治って良かったです
セラミック包丁ね…切れ味はいいし軽くて扱いやすいですけど、個人的には重さがあった方が緊張感も増してよかったのかもしれない・・・
しばらくはMy包丁として使いますが、いずれは金属製の重いやつが欲しいですね

エアロポジションは必須の気がする

3月の大磯クリテは風が強かった・・・
風が強いと大柄な人はその影響をもろに受けます
向かい風はほんと嫌いです・・・ブレーキを引きずってるような感じでスピードが全く出ません
レースに出て集団のペースで走ると、前に人がいるときは良いんですけど、いないと本当につらいです

やっぱりよりエアロなポジションが必要なのかもしれない・・・とちょっと思いました
自分がダンシングしてるのを横から撮った写真を見たんですけど、やっぱりハンドルが近いとしか思えない・・・
坂とかだと膝をハンドルに打ち付けることもできるんです

平地ではパワーを出すためにサドル先端に座りますが、そうすると上半身もかなり詰まる
もっとハンドルが前に欲しいなぁと思うシチュエーションはかなり多いです
しかも重要な局面、坂できついときとか平地できついときとか、そういうときほど思います

やっぱりハンドルは前に出したいですね
サラのオーバーホールはまだ未定ですが、それと同時に130mmステムと40cm幅ハンドルへ換装をしたいです
ヘイマン式セッティングにしたい・・・
オーバーホールいくらかかるのか聞いて、それによって4月に出すかどうか決めましょう
冬だとキャンペーンやってるんですけど、それでも20%オフとかでめちゃくちゃ安いわけではないので・・・
基本工賃が2.5万なので、パーツ代も込みで4万くらいに抑えたいなぁ・・・という気持ちがあります
収まってくれー(笑)

18年度最後の大磯クリテ!

僕にとっては18年度で最後になる大磯クリテに出てきました!
次の大磯は19年の10月から・・・
次に向けて色々というかかなり反省点が出ましたね

まず順位は全然パッとしませんでした
多分20位とかそんなもんです
最後で多少上げられたかな?と思いますけど、中盤は一番後ろを走ってましたし・・・

勝てなかった原因は主に三つ
①中盤のペースダウン
②小田原コーナーの立ち上がり
③スプリントできてない
です

スタートはいつも通りしっかり決めました
ローリング周回では前を走っている人もいましたが、最初のコーナーだけは譲るつもりはありません
号砲と共にシッティングで踏んで一気に前に出ます
写真見るとしっかり前を取れてて良かったです
その後も少なくとも1周はいいペースでした

今日はよくわからないんですけど、サラがすごく良く走ったんですよ
普段よりも軽く、前にぐんぐん進むイメージ
サラの調子が良いのがものすごく伝わってきましたね
走ってても気持ちよかったし楽しかったです

んで、そのあとなんですよ
なんか1人、2人と抜かされていくんですよね
そして残り7周くらいで気づけば前には20人くらい
いつの間にかずるずると落ちてたんです

しかもここで焦らなかったのもまずかった
集団がばらけなかったので先頭は目に入ってたし、下のクラスなら一気に加速すれば追い付ける距離だったんですよ
だから慢心した・・・いつでも行けるだろうと思ってたんでしょう
実際の集団のペースは、下のクラスで先頭に追い付けたときのスピードと同じかそれ以上だったんです
だから差が全く縮まりません
結局そのまま残り3周まで行ってしまいました

その後は集団のペースが徐々に落ちてきて、コーナー前で詰まったところに入っていって少しずつ順位を上げることができたりしましたが・・・
結果は惨敗、内容もいいとこなしです

とーにかく中盤のペースダウンです
上のクラスは僕が頑張って踏めば他の人を抜かせるようなペースで走ってません
最初で前に出たら、前の方を走り続けないといけないんです
レース中のペースダウンは即ち敗北だったんですよ

スポーツクラスでは最初から最後まで気を抜けません
最初で頭を取ったら、自分よりペースの速い人を前に出して、それに遅れないように走り続けないといけない
少なくとも10番手以内にはいないと絶対にダメです
周回中に3人とかの逃げ集団ができて、そのままゴールまで行ってしまいます

次に小田原コーナーの立ち上がり
ここで毎回かなり離されます
逆に高速コーナーは得意なので、平塚コーナーとシケインは前に詰められる
小田原コーナーは狭い上に砂利も浮いてるしで危険な場所です
オーバースピードで突っ込むことができず、毎回がっつり減速せざるを得ませんが、一度減速してしまうと再加速に時間がかかるんですよ

なので、小田原コーナーの走り方も変える必要があります
スピードをできるだけ落とさずに入って、ものすごく膨らんで抜ける
イン側を突こうとするとかなり急なコーナーになりますが、アウト側を目いっぱい使えば割と緩やかにできるはずです
外側のパイロンギリギリまで寄って回頭し、立ち上がりも外側のパイロンギリギリで行く
これしかありません

最後のスプリント、相変わらずくそです
ここまで来たらもう精神力の戦いだなと思いました
脚が疲れてるので、腕でハンドルと車体を強引に引き付けても、脚がそれを踏めないんですよ
でも踏ませないといけない、踏まないといけない
そこで自分に負けちゃいけないんだなと
疲れたよーもう踏めないよー、じゃダメなんです
脚だけで踏み込むことができなくても、腕で引きつけたペダルを踏み込めないと
スプリントは基本的に最後、一番疲れたときにやらなきゃいけないので、もっと追い込んだ状態で練習しないとダメですね

あー・・・きつかったなぁ(笑)
レース自体もきつかったですし、自分を褒められるポイントが何もないのもきついです
全く歯が立たなかったわけではないけど、いいところも何もなかった
次はいいところを見せられるようにまた一年間頑張りましょう

トレイルバイクなら?

最近GMBNが面白くてずっと観てます
前は真面目にGCNを観てたんですけど、ロード乗りとMTB乗りって性格が全然違く手面白いんですよ
MTB乗りのテンションはぶっ飛んでて最高です(笑)
日本だと乗る場所がなかなかないので、楽しむのは難しいかもしれませんが・・・

まぁ国内事情は置いておいて、トレイルバイクなら何が気になるかなぁと思いました
GMBNは基本的にフリーライドやトレイルライドなど楽しむことを主眼に置いた走行がメインで、XCとかダウンヒルのようなガチレースに関する話題は少なめなんですよ
それに完全に毒されてしまって、トレイル走りたいジャンプしたい欲がすごいです(笑)
フルサスのバイクに乗ってみたいってのもあるんですけどね(笑)

まずスペシャ!
スペシャのトレイルバイクといえばStumpjumperでしょう
アルミのスタンプジャンパーだと、僕が持ってるターマックのサラと同じ34.5万で買えるモデルがあります
NXeagle搭載でフロント・リア共に150mmのFOX製フォーク・ショックを採用
ブレーキは強力なGuide Rと、一番下ながらもいい仕上がりだと思います
僕が手に入れたとして物足りなくなるのは30年後くらいじゃないかな・・・(笑)

楽しむことがメインなら、軽量性を求めて高価なカーボンフレームを選ぶよりも、価格と耐久性でアルミにするのも全然ありですし、高級なレース用カーボンホイールに換装する必要も薄いです
今時はカーボンの方が耐久性があったりするので、一概にアルミの方が頑丈とは言えませんが・・・
それでもアルミがカーボンより断然安いのは変わりありませんし、じゃあアルミで性能が不足してるかっていうとそんなことは全くないはず
Chiselもアルミですけど完璧なバイクですし

CannondaleではHabitがトレイルバイクに該当しますが、モデルチェンジ後のスタンプジャンパーと比べると古さは否めないですね
12速はなしでヘッド角も立ってるし、フォークのストローク量でも負けてる
ので、次のモデルに期待ですね

割と理想に近いというか、こういうことに挑戦してみたい!ってイメージに合うのがCanyonのTorque
ダウンヒルバイクにかなり近いですが、そこまで競技に特化してない、割と何でもできるし超楽しそうなバイクです
Canyonだとニューロンよりはスペクトラル、スペクトラルとトルクで迷うなぁ・・・な感じ
性能は過剰なくらいでいいと思ってます

ScottにはGeniusがありますね
GMBNのBlakeも乗ってます
モデル的には750あたりがちょうどいいかな・・・アルミのスタンプジャンパーに相当しますね

あと地味に気になってるのが一台・・・
CommensalのCrashです
19年から出たのかな・・・前はなかったと思ったんですけど
CanyonのTorqueみたいなので、かなりのストローク量と寝まくったヘッド角の持ち主です

これらの中だとやっぱりスタンプジャンパーかな・・・と思います
一番設計が新しいし、全てに納得のいくスペックです
そして価格も安い、すばら

まぁ買っても使う機会は年間5回あるかどうかです(笑)
これだけのスペックを使って勉強するにはバイクパークに行くしかありませんけど、都心からほいほい行けるパークなんて限られてますし
35万を遊びのためだけに使う・・・これぞまさに趣味です
パークとか絶対楽しいよな・・・

フィットのテールランプ交換!

数日前に割れたテールランプを修理しました!
っても新しいのに取り換えただけですけど・・・

ヤフオクとかで買って自分でやることも考えたんですけど、中古品は品質が怪しすぎるのでやめました
ちゃんと点くのかとか、欠けや傷がないかとか、気になりだすときりがありません
しかも安くない
新品は1.7万ほどですが、ヤフオクで程度のいいものだと送料込みで1.3万くらい
その差額なら新品の信頼性や安心感を買いますね

今はもうぴっかぴかのテールランプになってます
新品いいですねー、埃も汚れも傷も一切なし!
まぁ高かったですけど・・・
アッセンブリーでしか部品が買えないのがつらいとこですね
レンズカバーだけ買えれば安く上がるんだけどなぁ

ま、これで一件落着です
フィットは今のところ、29インチLサイズのめちゃくちゃデカいMTBさえも積めているので、自転車運搬車両としては素晴らしいですね
小さめで運転しやすいし、踏めばかなり速いし
乗り心地や静粛性にも不満は一切ないですし、燃費もどんな走りをしても20km/Lです
今後も長く乗りたいですね
10年くらい行けるかな・・・

お尻で踏む感覚を覚えたい・・・

今日も自転車に乗ってたんですけど、幹線道路で流れに乗ってしまい、車の後ろを50km/h前後でしばらく走った結果、お尻がめっちゃ痛くなってました
でもその時だけだったんですよ・・・
それ以降の60kmくらいはお尻にあんまり来ず、ダンシングして太ももの表側を使っていました

どうすればお尻で踏めるんだろう・・・
一つ思い当たるのは速度域を上げることです
今回は車の流れに乗ってスピードが上がりましたが、チームで練習しているときは先頭交代をすることでスピードを上げられます
スピードが上がってきたとき、その速度を維持するための踏み方があって、それがお尻に来るんじゃないかと・・・

あとは適度な前傾とか?
完全にエアロなポジションになると割と脚で踏んでいる気がして
下ハンを持ちつつ、腹で脚を引き上げることを意識すると上手くいく気がします
結局は腹筋をまだうまく使えてないのかもしれない・・・

日付がめちゃくちゃなので変ですけど、今週末は大磯クリテがあります
そこでまた前についてかないといけないし
まずは離されないように頑張る
集団が落ち着いてきたら自分にできることを考える
それで行きます!

お金、割とヤバめ!(笑)

予想してたよりも多くお金を使っちゃってますね・・・
口座残高が30万になると思ってたら25万くらいになりそうです
元々100万もあったのにいったいどこへ?(笑)

今後は色々節約して生きていきたいとは思っています
いや節約というか浪費しないことだな
でも割と「浪費」はしてないんだよなぁ・・・
クレカ引き落としで一番大きいのはスキー、次が各種資格の参考書、あとスカパー代にレースエントリー費用とか
スキーは完全に遊びなので浪費の部類ですけど、それ以外は自己啓発だったりするので投資です
レースは・・・投資なのか?見方によっては浪費だけど浪費とは言いたくない(笑)

今後はまずそれなりの額の貯金をしたいです
まず結婚するまでに300万は確実に必要です
そもそも彼女いないだろってまた友達に笑われそうですけど・・・
あと夢のエアロスーパーバイクVenge代、150万くらい
合計500万くらいかぁ・・・

元手は100万もないので実質ゼロからのスタートです
月20万とボーナスが年間60万くらいと考えると、年収は300行くかどうか
月10万貯金をやれば年単位で100万以上貯まるな・・・
また無謀な計画を立てちゃってますね(笑)

3年で300万、その頃には新型Vengeも出るかもしれない!
要はしばらくは我慢ってことですね
まぁお金を使うポイントはそんなにないので我慢も容易い・・・はず?(笑)
フレーム載せ替えも考える度にVenge買えばいいってなるし
オーバーホールしたときにハンドルとステムを替えたいくらいだし
いけるはずなんだ・・・友達も少ないし恋人もいない男ならいけるはずなんだ・・・(笑)

アズレン近況!

アズレンで進捗があったので書きます!
12-4をクリア!さらに鳥海が来ました!

ちょっとここんとこ日付をいじって記事を書いてるので色々めちゃくちゃなんですけど、12-4を始めてから2,3日しか経っていません
☆3まではほぼストレートに行けましたし、海域危険度下げもあっさり進み、危険度判定がまだ7なのにもかかわらず鳥海がドロップ!
もうやり尽くしちゃった感じです・・・(笑)

実際やり尽くしてはいるんですよね
計画艦は全員建造済、最終海域のボスのみでしかドロップしない鳥海も来たし、その前にいた隼鷹とはLv120でケッコン済
あとは建造でしか出ないようなキャラを揃えるか、飛鷹や川内など未入手の艦を拾いに行くかですけど、モチベ出ないし

今はとにかくレベリングです
ネプチューン、オーロラ、鳥海を前衛に置き、主力はシャングリラのみ
これで5-2をガンガン回してる状態です
鳥海のレベルがまだ低いので、6-4だと厳しかった・・・

鳥海ね、めっちゃいい子です
すごくいい子、超好き
さっさと好感度もレベルも最大にしたい
重桜重巡は高雄愛宕が既にLv120なので、その二人と組ませてあげたい・・・
摩耶はいるけど育ててない・・・(笑)
艦これでもそうだったけど、鳥海は真面目で素直な常識人になりやすいんだなぁ・・・

とりま今はレベリング!
それしかありません!
攻略すべき海域も特にないし・・・
愛が試されるときですね(笑)

MTBをダートジャンプバイク化できないものか・・・

もしSirrusが来たら用済みになってしまうMTB、ピッチ・・・
でもMTBは色んなスキルを学ぶには最適です
だからピッチを何とか改造できないかなぁと思ってます

狙うのはPシリーズのようなダートジャンプバイク
って言っても強度もジオメトリーも何もかも違うので、あくまでその方向性にしたい、ってだけです
サドルを限界まで下げられるようにシートポストを切って、フロントディレイラーを外して・・・
ってもシングルスピード化は無理ですけど

そう、そこなんだよなぁ・・・
元々変速機構がついてる自転車はシングルスピード化はできない
できるっちゃできるけど難しいし推奨されない

いやでもそこまでしなくてもいいのでは?
やりたいのは例えばマニュアルであったりバニーホップであったり、そういう小技の練習をしてみたいなぁと思ってるんですよ
今のピッチはシートポストが長く、フレームぎりぎりまで下げることができません
リアタイヤ上に重心を持っていくことを意識したくてもサドルが邪魔なんです
そしていずれは簡単なジャンプやウィップを試してみたい
こういうのはちゃんとしたバイクでやるべきでしょうけど

となるとシートポストを切るだけでいいのでは?
それでマニュアルの練習が飽きるほどできればもうそれでいいのでは・・・?(笑)

いやほんと、マニュアルは練習したいんです
全然できないんですよ
お尻を後ろに引いてハンドルは前に送り出すイメージでやってるんですけど、フロントがまるで浮かない
もっとライズを大きくしてフロント荷重を抜けばいいのかな・・・
ウィリーはまだできるんですけどね
ペダル踏めばフロントは浮かせますし
体重移動だけで上げたいのに全然上がらなくていつも悔しい思いをしています

ってもピッチの置き場を今度はどうするかだな・・・(笑)
まだ起きてすらいないことですけど悩ましい(笑)

BADBOYとRAFFISTAも気になる

Sirrusが気になるとは書きましたが、色々見てるとCannondaleのBADBOYとFUJIのRaffistaも気になります・・・
Sirrusはロード寄りですが、その他の二台はMTB寄りなところがありますね
ただ、各車ともキャラが全然違うので、単純な比較ができない・・・
自分の利用目的に合わせて選ぶべきですね

Sirrusは三台の中では一番ロード寄りです
タイヤ幅は32Cで一番細いし、コンポはロード用のソラ、フレームはアルミでフォークはカーボン
安いロードバイクに太めのタイヤを履かせてフラットバーを付けたような状態ですね
走りは軽いでしょうが遊びにはあまり向いていないでしょう
例えば歩道から車道にジャンプして飛び出すとか、階段を駆け下りるとか、畑の横の道に突っ込んでみるとか、そういう扱いはしにくいです
パンクも怖いですが、フレームが死にそうで

Badboyは3台だと中間?かなと思います
タイヤは650Bの40Cでなかなかの太さ
一番のポイントはLeftyですね
フォークの剛性は間違いなくぶっちぎりです
アルミ製?っぽいので重量はかさむかもですけど、そのデザインと剛性にはそれ以上の価値があると思います
ただ・・・値段的にはBadboy2になるんですけど、フロント3枚はなぁ・・・超イケてないです
さらにワルくクールに、って言ってもクランクがエスケープR3みたいじゃないですか
ないわ・・・マジでないわ・・・(笑)

Raffistaはさらにタイヤが太く、27.5/2.2まで入ります
最早リジッドフォークのMTBです
デザインもなかなかかっこいいし、油圧ブレーキでフロントシングル、リアはデオーレ
かなりMTB寄りのいい感じのクロスバイクです
ただそこがネック・・・というか気になるところ
Raffistaはタイヤが太い上にフレームもごついしフォークはクロモリ
舗装路での走行性能は間違いなくSirrusが上を行きます

SirrusかRaffistaか・・・
Sirrusにどこまで無茶をさせられるかでもありますね(笑)
例えばグラベル寄りのタイヤを履かせればある程度の悪路も走行できるかとか
標準で履いてるのは普通のタイヤっぽいニンバスですけど、それを同じくスペシャならインフィニティ、コンチならCONTACT REFLEXみたいなちょっといかついタイヤにしてみるとか
WTBのオールテレインにするとか?
インフィニティだと7bar近くまで入るので、そうそうパンクもしないだろうし・・・

ううん・・・今のところだと悪路がメインってわけじゃないので、Sirrusの方がいい気もしています
まぁ買うときにどういう目的を持ってるか次第ですね

Sirrusにつけるならどんなパーツ?

ちょっと妄想を
Sirrusがいいなぁとは思ったんですけど、どんなパーツをつけようかなぁって話です
ってもクロスバイクにそんなにお金かけたくはないので、カスタムするポイントは精々、ペダルとグリップくらいですね
あとライトとかかな

Sirrusにはもともと、キャノピーというもちもちサドルがついています
幅も十分あるのでこれは交換しなくて良さそうです
ファッション性を重視した自転車だと薄っぺらいのがついてたりして痛いんですよね
スペシャのバイクは走りの性能寄りなので助かります

なのでまずペダルから
ピン付きのフラペがいいんですけど、高いのはやだ・・・となると思いつくのがTIOGAのSureFootです
プラスティック製なので2000円くらいとかなり安いですが、ちゃんとピンが生えています
色も色々あってお洒落なんですよ

グリップはFabricのSlimを使いたいですけど、バーエンドも使いたいとなるとそうも言えない
バーエンドを使うとなると思いつくのはERGONです
Canyonのクロスバイクは大体これですね
ただエルゴンのはちょい高い・・・5000円はします
だったらスタイルと握り重視でスリムでもいい気はする
バーエンドがなくてもバーエンドっぽい握り方はできますしね

あと微妙に気になるのがサイズですね
LかXLだってのはわかってるんですけど、どっちかがわかりません
サラと比べると、サラはシラスのL寄りですが、チゼルと比べると・・・チゼルはめちゃくちゃデカい(笑)
水平換算トップチューブ長が622mmもあって、サラよりも40mmも長いんです!
その分ステムが短いと言えばそうなんですけど・・・

多分Lだとかなりロードよりか、もっとコンパクトなポジションになります
XLだとなかなかどっしり構えて乗れそうなイメージ
チゼルの乗車姿勢は結構好みなんですよ
あれが出せるならXLだなぁ

ただXLには欠点もあります
ヘッドチューブが・・・223mmもあるんです
サイズ58のサラは190mmですが、それでもヘッドをむにょーんと上下に引き延ばしたようなスタイルになっています
それよりさらに3cmも長い・・・
しかもカーボンより抑揚のないアルミで・・・

実際の写真も色々見てみましたが・・・そのダサさには閉口させられます
ヘッドがあんなに細く長く・・・あれじゃワームです・・・(笑)
これはLにするしかない、間違いない(笑)

Lかぁ・・・乗れるのかなぁ・・・
クロスバイクならサドルとハンドルの落差が大きく出るのは嫌なんですよね
やっぱ楽に乗りたいので
でもlだと多分サドルは天を突くし、落差も相当に出る・・・
でもXLはださすぎるよ・・・(笑)

フィットのテールランプが・・・

フィットのテールランプが割れました
多分自転車を立てかけて置いたら倒れて、その際にサドルが突き刺さったんだと思います
そんなもんで割れてしまうのか・・・

またこれが高いんですわ
フィットハイブリッド、型式はGP5、テールランプはスタンレーというメーカー?のW1698という製品で、ホンダの型番では33550-T5A-J32です
定価はなんと税込1.7万円!
たっっっかい!!!

というのも、割れたのはテールランプのカバー、それも灯火に関係の無さそうな一番下の部分だけなのに、ユニットごと交換しないといけないからです
カバーだけなのに・・・だけなのに・・・なぜユニット交換・・・
代わりに交換は簡単っぽくて、自分でやっても良さげ
取り外しはボルトを2本外すだけですし、配線は・・・まぁ見れば何とかなるでしょう、うん

やっぱ車高いですね・・・
1.7万も払えばサラのハンドル周り総取り換えができます
それがテールランプ一つに消える
なんということだ

車はもう自転車運搬器具程度に考えようと思っています
あんな巨体でふらふら出かけるとかとてもできない
近所の移動は自転車でいいし、荷物があるならバイクでいいし
コンパクトな乗り物ほど自分の意識化・支配下に置きやすくなります
そもそも全長2mもない生き物があんなデカい物を扱うなんて無理な話だったんだ・・・そうなんだ・・・(笑)

自分の身体さえ上手く扱えないんですよ
この前は家の中で腕を上げたら肘を壁に強打したし
動く度に何かにぶつかるんです
もう空間把握能力がくそとしか言えない

まぁポジティブにとらえれば、何も考えてない人よりは注意深くなるでしょう
リスクは理解してるつもりだし、車で無茶はしたくないです・・・
あー怖い・・・

収納量で選びたい!

昨日のスクーターの話の続きですね
収納量で比べるとどうなんだろ?と思いました
スクーターに求めたいのは、自転車よりもずっと重く大きい大量の荷物を運べることですから

いくつかサイトを見て回った感じだと、一番メットインが大きいのはフォルツァとスカブで63Lです
フォルツァはシート先端からリアシート下まで続く長い形で、スカブは四角くて深さのある箱みたいな格好です
容量は同じなんですけど形は全然違うんですよね
フォルツァは長尺物の収納ができそうですが、真ん中あたりが浅いのでそこが難しい

次がマジェスティの60L
フロントとリアシートが別々に開きます
ただフォルツァと同じように真ん中は浅め
その次がフォルツァSiの53Lですね
フォルツァより10L減ってるのは全長が短くなったせい?
形状はフォルツァと同じ感じっぽいです

次はフェイズ、50L
尻が短いので収納も少ないかと思ったら意外とそうでもない
でも配置的には後ろにメットイン、前に小物入れみたいな感じです
使えなくはなさそうですけど、メットが二つはいらないってことはまとまった収納性に欠けるってことです
あとはバーグマンの41L
ヘルメットが2つ入るのは良いんですけど、形はボコボコ
ここまで来ると60L級の収納とはかなり違いますね

最後にアクシスZです
125ccだけど収納量は37.5Lと圧倒的にデカい
まさかのリードよりデカい、しかも安い
総額20万ちょっとで買えるお店もたくさんあります

収納を重点的に見て考えると、フォルツァとスカブがやっぱ強いですね
あとは少し小さめでフォルツァSi、125のアクシスZかなぁという感じがしてます
スカブよりはフォルツァがいいんですけど、フルノーマルがどれだけあることか・・・(笑)

250のスクーターが便利かも

またバイクについて無駄なことを考えています(笑)
前は125ccがいいなぁと思ってGROMを試乗したんですけど、125の非力さとMTの煩雑さを思い知りました
MTはビッグバイクだけでいいです・・・(笑)

個人的にバイクはやっぱり好きなので乗りたい気持ちはあります
でも自転車も車も大型バイクも維持できるような稼ぎがこの先・・・できるとは思うんですけどそういう無駄の多い生活をしたいとも思いません
自転車は完全な趣味ですが、近距離の移動用途としても極めて優秀で、正直10km圏内のことは全部自転車でこなせる自信があります

で、バイクでやりたいことがそれと被ってるのが問題だったんです
バイクでできることは全部自転車でできる
ならより経済的で自由な自転車で全部済ませた方が良い
そう考えたんですね

そこでそれぞれの役割を見直してみれば、バイクの居場所もあるのかもしれないと思ったんです
実は一番なくてもいいけど必要でもあるのが車で、車がないと自転車が運べません
高速道路を使った遠出なども車が必要ですね
逆に近所の移動に関しては車は必要ないと思ってるんですよ
スーパー行くのは自転車で十分だし
もし荷物が多ければスクーターみたいなので行けばいい

ここでやっとこバイクの役割が出てきます
自転車で運ぶには荷物が大きい・重い・多すぎる
でも近所だし車を出すほどじゃないんだよなぁ
そういうときに使えるんじゃないかと思ったんです

そういう用途に対応してるのはもちろんスクーターですが、中でも250ccのスクーターが該当します
125はメットインが小さくて入らない荷物が多いですが、ビッグスクーターは大体がものすごくデカい収納スペースを備えていますしね
150ccクラスも迷うとこではあるんですけど・・・

特に気になってるのはフォルツァ、新型かSiかですね
あとXMAXとマジェスティS
それ以外だとマジェスティとかスカブとかもありますけど、あれはデカすぎる気が・・・
まぁ何となく調べてみます(笑)