各メーカーのフォークとかリアショックとか

トレイルバイクとかを見てると、フォークやリアショックの種類が多くてよくわかりません
ので、どんなのがあるのか整理してみたいなと思いました

まずRockshoxから
うちのChiselについてるRebaはクロスカントリー向けの中級モデルですね
XCレース用のMTBならRebaがついてればおkなイメージがあります
その上にあるのがSIDです
さらにその上・・・と言うべきか別物?な倒立フォークとしてRS1があります
クロスカントリー用は基本この三つですね

下のグレードは色々あって、Judy、Sektor、30とか
この辺は無視していいでしょう

分からんのはトレイルやオールマウンテン向けのモデルです
上から行くとまずBoxxer
ダブルクラウンのダウンヒル向けモデルですね
完全なダウンヒル用はBoxxerしかありません
横にでっかくBoxxerって書いてあるのがかっこいいです

次にPIKE
これはトレイル向けのトップレンジ
35mm径でチャージャーダンパー2を搭載
重量は2kgを切っていてストローク量の割には軽くできています
PIKEの下がRevelationだそうです
PIKEに比べて機能を簡略化して低コスト化してるっぽいですね
この二つがトレイル向けです

Lyrikはエンデューロ向けとされています
PIKEと同じ35mm径にチャージャーダンパー2ですが、剛性等が高いため重量は2kg以上あります
そのLyrikの下がYari
これも装備を簡略化して安く上げている感じです

要は、
XC用=RS1≧SID>Reba
トレイル用=PIKE>Revelation
エンデューロ用=Lyrik>Yari
ですね

FOXは簡単で、径によって変わります
32はXC、34はトレイル、36はエンデューロ、40はダウンヒル
その中にFactoryとPerformanceのモデルがあるだけです
完成車だとRhythmってのがついてることが多いですね

めんどくさいのはリアショックです・・・これに関しては情報があんまりない・・・
Rockshoxの一番上にあるSuper Deluxeはダウンヒル用ですかね?
その下にあるMonarchは短~中トラベル量と書いてあるので多分トレイル~エンデューロまで幅広く対応してるのかなと
・・・わからなくなってきた(笑)

改めて整理しなおすと、そもそもRockshoxのリアショックは3種類しかないんです
Deluxe系、Monarch系、Vivid系です
で、英語の説明文を読んでみると、多分Vividはダウンヒルやフリーライド等のかなりハードなライディングに向けて作られています
Deluxeも同様ですが、こっちはダウンヒル(超Deluxeはダウンヒル向け)だけでなくエンデューロやトレイルにも対応してるっぽい
Monarchはさらに軽量・ショートトラベルでクロスカントリーまでカバー
そんなイメージでいます

FOXのリアショックはもうわけがわかりません
全部同じだろ(笑)
DHXはダウンヒル、DPXはトレイル!はいめでたしめでたし!(笑)

もうなんだろう・・・ちゃんと動くフォークとショックがついてればそれでいいや・・・(笑)
モデルとかにこだわらなくても、完成車ならそれに合ったやつがついてるんだから・・・
考えなくてもいいんだ・・・(笑)