Chiselをどう活用していくか

XCレースを断念する方向で考えていると、Chiselの用途がなくなってしまいます
20万円もする上にすごくいいフレームを持つMTBを使わなくなってしまうのはもったいない・・・
前にも書いたことですけどね

だからやっぱドロッパーポストは必須です
RockshoxのReverbが最有力候補ですね
170mmの可変長は魅力的です
FOXだと150mmが上限ですし

あともう一つ、120mmのフォークを入れるのも考えていましたが、あれは無しにしようと今は思ってます
20mmで大きな変化はないだろうし、同じRebaじゃつまらない
かといってトレイル用とかのをつけるとスタイルもジオメトリーもめちゃくちゃになる
フォークの変更は車体全体に影響するので、避けた方が無難な気がしてます

実際必要かもしれないと思うのはドロッパーポストだけなんですよね
これがあるだけで汎用性が一気に高まると思います
それ以外は変更する必要を全く感じないパーツばかりです

強いて言うならサイコンがあるといいかもしれない
レザインのマイクロGPSウォッチとか
色々計測できる機器があれば面白そうですね

Chisel、というかMTBでやりたいことは、ふじてんとかでフリーライドっぽいこととかにも挑戦してみたいし、王滝みたいなアドベンチャー的なレースにも出てみたい
そしても出られる機会があるのならもちろんXCにも出たいし、シクロバイクを買うまではシクロの大会に参加するときはChiselで行くことになります
めちゃくちゃバーサタイルな使い方ですね・・・(笑)
かっこいいMTBなのでどんどん使っていきたい、ってのが正直なところです