C96で買う本!

C96で買う本をある程度考えています

まず六羽田先生のブースは必ず行きたい
西のさらに奥に造られた南ホールのク-13bですね
東から見ると遥か彼方ですね・・・

あとは委託でいいかなと思ってます
eno先生、三色網戸先生のR18本と、たわわの新刊、それにハヤブサ先生のえちえちなケモミミ本
これで5000円くらいです

てか調べてたら今年からは参加証が必要なんですね・・・
ここんとこ最早カタログ買わなくてよくねとか思ってたせいで完全に盲点でした・・・
メイトで売ってないかなぁ
もう通販分はいまいち手に入りづらい感じなんですよね・・・

これは全部委託説が濃厚かもしれません
もともと今回は11時くらいにだらだら行けばいいやーくらいのモチベだったので・・・
わざわざ休みは取ってますけど、行っても行かなくてもかなぁ・・・

どこに行くか考えたい

ちょっと狙ってる(?)女の子がいるので、明け透けな言い方をすればデートプランを考えてみようかなぁと・・・(笑)

行先の候補として考えているのは
・三渓園
・三浦半島
・茅ヶ崎
とかその辺

目的としてはドライブと魚介類を食べることです
女の子は寿司か鶏肉が好き、とのことだったので(めっちゃアバウトな感じはしますが)、お魚が美味しいところならいいかなぁと思いました
鶏肉って難しいじゃないですか
九州は有名ですけど

ただ問題がいくつかあります
行く予定の日は一カ月天気予報では今のところ雨、降水確率70%以上なのでほぼ確実です
雨の中海岸沿い?海?という感じもしたので、三渓園を入れているんですね

三浦半島の場合は簡単です
海沿いまで行って、港の街を歩き、旨い海鮮を食って帰ってくる
ついでに海岸沿いを楽しくドライブ
そんな感じですね

が、これらは天気が良いことが前提です
天気が良くなければ海岸沿いを走っても灰色なだけで特に面白みはない
だったら歴史ある公園も面白いのでは?

三渓園は100年以上の歴史を持つ庭園で、数々の文化財があります
デートとしてはちょっと年寄り臭すぎる気もしますが・・・
非常に理性的でいい場所だなぁと思います

ただ問題はそのあと・・・
どこでお昼を食べるか、です
一番近いのは横浜ですが・・・間違いなく空いてない!(笑)
もっと近場で行けるところがあればベストなんですけど・・・

近いのははま寿司ベイタウン本牧店
・・・100円回転寿司でいいんですかね(笑)
まぁ不味くはないし色々食べられますけど、ムードもくそもない(笑)

三渓園は9時開園、それに大体間に合うように行き、2,3時間散策したら寿司食いに行く流れでしょうか
午前中で大体終わっちゃいますね(笑)
ご飯食べた後に少し海沿いをドライブするのもありかもしれません

雨である限り三浦半島案はいまいちかもしれません
どっちかというと三渓園かなぁという気持ちでいます
これが冬とか秋なら電車で行って歩いて回るのでもいいんですけどね
夏は暑すぎてできない・・・(笑)

172.5mmは短い!

CRUXのクランク、やっぱり短いです!
今日走ってはっきり思いました!

踏んでるパワーの割には車速が伸びない、同じパワーでもう少し早く回すことを要求されてる感じがするんです
回せば速いんだろうな、って感覚があるんですよ
でも回せない
回すのが得意なわけじゃないからです

特に未舗装路となると、くるくる回すよりゴリゴリ踏んだ方がトラクションかかってる気がするし気を遣わなくて済みます
舗装路ならシャーっと回しても走れるんですけど
短いクランクは回せれば楽しいんでしょうけど、踏んでも楽しくないです

たった2.5mmの違いですけど、かなりはっきりと感じ取れるものですね
普段回しているものとは明らかに違います
自分に合ってない感じがして気持ち悪いです

クランク交換は必須ですね
175mmには絶対したいですし、何なら177.5mmを試してもいい
日本に入ってるのは175mmまでだけですけど・・・

アズレン近況!

久しぶりに文章を書くとなると慣らしが必要だな・・・
毎週末に7~10本書いてるんですよ
平日は書く時間も気力もないので
日時はめちゃくちゃですが、毎日分書いてることに変わりはないかなぁと思って(笑)

てことで書きやすいアズレンの近況から
どこまで書いたっけ?
今週一週間が濃すぎて忘れました・・・(笑)

まぁイベントが始まってますね
D-3まで行きましたが、高雄の赤黒い弾に耐久全部持っていかれました
2艦隊ちゃんと作らないとつらい・・・

編制はガスコ・レキシントン・グラーフ・吾妻・エクセター・マラン
レベリングしたい子ばっかりですね
ちなみにレキシントンとグラーフはLv120になってない最後の正規空母です

ボルチモアがほしいんですが、今のところまだ来てません
60回は建造してるんですけどね・・・
エールウィンがめっちゃ来てて、アラバマが一回来たくらい
前のマランが余裕だっただけに結構堪えます

まぁぼちぼちやってくしかないなぁ・・・(笑)
暑さのせいでテンション上がりませんが・・・

ステムは交換するの?

はい、ステムもですね・・・(笑)
130mmにするぞー!とか言ってましたけど、100mmで全く問題がありません

ハンドルも同様です
オフロードを走るときは20mm分の安心感が欲しいので420mmから変更の予定はなしですね
ハンドル周りの交換の必要性は完全に皆無になりました

クランクの交換も先延ばしとなると・・・
まぁさらに先の話ですが、ホイールの交換に興味が出てきますね
知り合いにはエンヴィかっこいいよねーと言われていて、僕も同意しますがSES 3.4 DISCは30万円くらいします
かっこいいけどな・・・(笑)
CRUXはスペシャなのでRovalを履かせるのが一番かっこいいんですが、RovalだとCLX32以外に選びたいのがなくてこれまた30万円です

替えるならこの二つのうちのどちらかですね
チューブラーはやったことないのでできればやりたくない・・・チューブレスでなんとかしたい・・・
超先の話だけど・・・(笑)

クランクは結局交換するの?

あんなにクランクがー、って言ってたくせに結局クランクを交換していません(笑)
まぁ理由はあるんですよ

在庫がないんです!!!(笑)
Apexも!Rivalも!Forceも!在庫がない!
インターマックス輸入して!!!(笑)

はい、てことで今のところ、クランク交換の目処は経っていません
このままだと今年は172.5mmクランクで乗り切ることになりそうです・・・

実際長さの違いはそんなに感じていません
心もち短いかな?もうちょい長い方が踏みやすいかな?くらいの感じです
175mmの方が合ってるのは間違いないと思いますが、急を要するほどではない感じ
それだったらホイールとか替える方が先なのかもしれないかも・・・

でも換えたいですねクランク
車体購入と同時じゃないならもうForceでもいい
CRUXは間違いなく強いバイクです
それに見合うクランクをちゃんと奢ってあげたい

背負うのが難しい

CRUXを背負ったりして遊んでみたんですが、難しいですね・・・

最初に、降りて背負う、って流れをやってみたんです
そしたらペダルが背骨を強打し、サドルが頭を殴ってきました
なかなか難しい・・・(笑)
その後何回かやって慣れては来たんですけど、それでも難しいですね

降りるのと乗るのはまだマシです
背負うのがスムーズにいかない
ペダルが暴れるし、軽いとはいえ大きなフレームであることも事実
背負ったときに肩にゴリゴリ来るし
パッドがほしいくらいです

あとちょっと思ったのが、CRUXは加速力がすごいです
サラは低速や停止状態からガツンと踏んで前に出るのが苦手な感じがします
今日のチーム練習でもそのせいで体重の軽い人にスタートで毎回置いていかれました
その後から伸びてくるイメージなんです

でもCRUXは踏めばギュンと前に出る
楽しいです
あとコーナーではタイヤの性能だと思いますが、舗装路だと音が非常に大きくなるので、接地面積がそれだけ増えてるんだと思います
オフロードではバイクを倒していった方がグリップを稼げるのかも?

ここ一発の速さはある?

今日はチーム練習してました!

最初の峠の登り口で一気に加速し、集団を分断、ついてきた二人のうち一人もさらに千切り、トップで頂上を通過することができました
まぁその後はもうダメダメだったんですけどね・・・(笑)
でも普段なら千切れない人を千切ることができたのは嬉しいです

なんとなく思ったのは、ここ一発の速さは割とあるのかもしれない、ってこと
短距離であれば、うちのチームの強い人に勝つ術もあるのかもしれません
長時間になってくると厳しいですけどね
やっぱスタミナの無さは変わってません

でもなんとなくちょっとだけ自信がつきました
Zwift頑張らねば

スラムのロード用ブラケットの形

CRUXに乗って気になったことが一つ
SRAMのロード用油圧ディスクブレーキコンポのブラケットについてです

今まではティアグラ、アルテグラとシマノを2回使い、ロード用ではないですがNXeagleでスラムの切れ味を実感しました
で、今回は初めてのロード用コンポです
そこで気になったのが、ブラケットの形の違いです

シマノは滑らかでどこでも持てるイメージ
手を添えるでも乗せるでも握るでも自由自在、という感じがしています
スラムはかなり異なっていて、ブラケットが天を突くが如く上を向いているんです
添える・乗せるははっきり言ってできません
ブラケットを掴んで手首をハンドルに乗せるようなポジションならできますが、それには狭く遠いハンドルが要る
CRUXでは難しいですね
なので自然とブレーキを握るような感じで手を添えることになります

あとはRival1の話になっちゃいます
ブレーキの効きは当然ですが抜群の一言、リムブレーキとは格が違います
シフトチェンジは慣れていないためかいまいちはっきりしない部分がシフトダウン時にあり、一気に2段落ちてしまうこともしばしばです
全体的には非常に満足してますけどね

メーカーによってブラケットの形状一つでも全然違うんだなぁと面白くなりました
ロードバイクでスラムを使ってみたいですね

E-bikeなら乗りやすいんじゃ・・・?

ちょっと思ったのが、e-bikeなら誰でも乗りやすいよなぁってことです
僕自身はもちろん自分の脚で踏むことに喜びを感じるタイプですが、自転車が趣味じゃない人にはe-bikeの方が合ってるかもしれない・・・

と思って調べてみたんですけど
日本国内で買えるe-bikeは絶望的にダサいのしか今のところないんですね・・・
なんというか・・・いわゆる電チャなんですよ
普通のフレームにバッテリーがくっついてたり、BBあたりにやたらデカいのがついてる
ベスビーってメーカーは割といい線行ってると思います
ただ、初めてお聞きしたメーカー名ですわね、って思っちゃう

こう・・・FOCUSのパラレーン2とか、スペシャのクレオみたいなのを期待してたんですよ
そういうのが日本にもあると
なかったですね!(笑)

ううん・・・自分でも何がしたかったのかわからない・・・
でも人にお勧めできるe-bikeはないことはわかりました
普通の自転車勧めます・・・

CRUX、感想!

CRUXに乗って走った感想です!
乗り心地がめちゃくちゃいいですねー

太いタイヤにたった3barしか空気が入っていないので当たり前といえばそうです
ですがそれだけじゃないくらい乗り心地がいいです
フレームそのものやシートポストなど、色々なものが関係しているのだと思います
走りはロードバイクそのものですが、乗り心地や汎用性はマウンテンバイクの方が近いです

そして軽い!
ターマックよりも軽いです
フレーム自体も軽量ですが、フロントギアがないのも貢献してますね

スラムのダブルタップは初めて使いましたが、すぐに慣れました
1つ押し込むとシフトアップ、2つ以上押し込むとシフトダウン、です
シフトダウンが大雑把になりがちで、一気に2,3段下がることがよくあるので、1段下げる感覚を掴みたいですね(笑)

シクロ向けにサドルをかなり低く設定していて、ターマックよりも1cmちょい低いので、ペダリングの感覚がまだ理解できていません
乗り降りについては何の不自由もないですね
つま先立ちになれば十分乗れる高さです
それでも810mmありますが・・・

ポジション的には、サドル位置が低めであっても、ハンドルとの落差がどうしても出てしまいます
なので見た目はロードバイク然としていますね
ステムは100mmですが、十分な長さです
これ以上伸ばすとそれこそロードバイクになってしまう・・・

舗装路を走るとサドルが低いと思いますが、オフロードに入ると割としっくり来るのが不思議ですね
ゴリゴリ踏むこともできるし、回すこともできます
でももうちょい高くてもいい気もするなぁ

ロードバイクの形をしていても乗り方は全く違うように思います
まずはちゃんと乗って感覚を掴みたいですね

CRUX、納車!

CRUXが納車されました!
速いなー(笑)

実際速くて、週末に発注して手付金を支払い、その数日後に箱入りで納品され、翌週末には組み立てまで完了した状態になっていたんです
スペシャの納品も速いし店の組み立ても速い(笑)
そして土曜日には全額を現金で支払い、納車されたのです

組み立てられたCRUXは非常にかっこいいバイクでした
マジョーラ塗装は素晴らしい仕上がりで、深い青と高貴な紫が同居しており、赤いロゴが輝いています
フロントシングル・油圧ディスクによるすっきりとしたシンプルな外見に、広いタイヤクリアランスから感じる機能性
そして僕のポジションに合わせたがために突き出したサドルとハンドルとの落差
全てが完璧です

サイズ56はタイヤとのバランスもすごくいいですね
太く外径の大きいタイヤの主張もしっかりとしていて、でもフレームも負けてない
絶妙です

あと驚いたのは、シートポストがS-worksなんです
サラとは明らかに違う、グロスが輝くシートポストの背にS-worksの文字がきらめきます
もうこれ、フレーム周りは全部S-worksと同じなんじゃないか・・・?(笑)
ハンドルとかパーツ類とコンポで価格を落としてるだけな気がします

乗ったり触ったりは次でまとめます!

結局いくらよ?もう一回!

CRUX計画が色々変わったので、改めていくらになるか考え直しましょう

まず本体、410,100万円
そこにウィッシュボーンBB、SPF3024CSを入れます
これが19,440円です
使うクランクはSRAM Rival1、23,112円になります

次にステム
Zipp Service Courseステムが6,577円

タイヤとかハンドルも欲しいなんて書いてましたが、それらは全てなしにします
これで増加を抑えられるはず・・・

合計は・・・
459,229円!
46万ですね・・・
重いぜ・・・(笑)

ステム延長も必要!

CRUXは今乗ってるサラよりも、トップチューブ長やリーチなど、上半分の前後方向の長さがかなり短くなります
そこで、ステムを伸ばすことになりそうです

CRUXはターマックに比べ、水平換算トップチューブ長は19mm、リーチは14mm短いんです
さらに、サラは130mmステムを装備しているのでCRUXはステムで30mm短く、ハンドル位置は一番高くするので寝たフォークと相まってさらにハンドルが近づきます
乗れるっちゃ乗れますが窮屈なポジションです

そこで130mmステム再び!です(笑)
ZippのService Courseがベストですね
サラについてるのと同じものです

ハンドルは42cm幅のままとし、ステムだけ交換してハンドルを前に出す計画になります
またかっこいいポジションのバイクになっちゃうぜ・・・(笑)

クランクはFORCE?RIVAL?

クランクはApex1でいいだろうと思っていたのですが、いやーApex1はないわーというご意見をいただき、最低でもRival1、可能ならForce1にしようと思います

forceとrivalの違いは素材です
forceはカーボン、rivalは鍛造アルミでできています
素材の違いは重量差に表れていて、forceはrivalよりも100g以上軽量です

ただし、剛性においてはどうもrivalの方が高い、というデータがあるんです
10年も前の話なので今は変わってるでしょうが・・・
グレードが高ければ剛性も高い、とは限らなさそうなんですよね

rivalは2.14万円なのに対しforceは3.88万円もするのも悩みの種です
差額1.74万円は非常に大きいと言わざるを得ません
その差額だけの価値がforceにあるかというと・・・うーん・・・どうなんだろ

クランクはrivalで行くのがいいかもですね
rivalならディレイラー等の他のコンポーネントとも統一が取れます
うん、そうしよう、そうしましょう

ウィッシュボーンのBBを使う!

CRUXのOSBBに突っ込むアダプターですが、ウィッシュボーンを使うことになります
ウィッシュボーンでOSBBをGXPに変換し、そこにSRAMのクランクを入れる流れです

お店の人に、「クランクが気に入らない、あとBB30は良い評判を聞かないので何とかしたい」と相談したとこと、ちょっと高いけどウィッシュボーンのBBを入れるのかはと教えていただきました
実物もちょうどあったので見せていただけました
OSBBをシマノかスラムに変換するBBです

ウィッシュボーンがいいのは、ただ圧入するだけでなく、BB自身がネジでくっつくところです
普通の圧入系BBはとにかくフレームにベアリングなりカップなりをぶっこむだけで、固定はそのぶっこみで行われているようなもの
フレームにぎゅうぎゅうと異物を押し込んでいるので、デカい力が加わればフレームにも影響が出るし、外すときもガンガンやらないと外れないわけです
お店の方も、この作業はできれば何度もやりたくはない、と言っていたので、やっぱナーバスなものなんだと思います

ウィッシュボーンはBB自身が左右からネジで締めこんで固定されるので、フレームに押し込んであるだけではありません
また、プラスチック製ではないため、BB自体に強度や剛性もあると考えられます

あとすごいのはその精度!
ねじ切りの精度が極めて高く、回してみると隙間がほとんどないネジを回してるような感じです
締め上げた後の左右の段差もほぼなし
この精度はかなりのものだそうで、後発で似たようなものが出ている中でも、一番と言っていいレベルとのことでした

まぁ・・・値は張ります
定価1.8万円、税込みで約2万円です
実はセラミックベアリングなんですよね
妙に高いと思ったらそれか・・・(笑)
でもこの超精度なら2万は妥当ですね

あとはクランクに何を合わせるか・・・
これもちょっと変わったので別に書きます!

ハンドルについて

ハンドルはまだ迷い中です・・・
ステムとの兼ね合いや形状が悩みどころですね

CRUX Eliteのサイズ56は100mmのステムがついています
ステムはまぁ・・・交換しなくてもいいんじゃないですかね
するとしても短くするような気がしますが、短すぎるのもなぁって感じですし
100mmは結構いい塩梅な気がします

ハンドルは前回3種類を挙げました
Zipp、スペシャ、イーストンですね
Zippはステム交換の可能性も加味した選択肢なので、交換の可能性が低ければ優先順位も低くなります
車体がスペシャである以上はハンドルもスペシャにするのが望ましいですが、イーストンを入れてるのは理由があります

イーストンEA50はフレア角が大きく、ブラケットに比べドロップが大きく開いているのが特徴です
ドロップ部を握る際はバイクに体重をしっかり掛けたいときなので、ハンドル幅が広い方が力が入りやすい
なので下が広いハンドルがグラベル系のバイクにはよくついているのだと思います

ここが悩みどこなんです
普通のハンドルにすべきか、そういう異形のハンドルにすべきか・・・
まぁ普通のでもいいような気は大いにしているので、スペシャでいいかな

ここまで考えて、そもそもハンドル変えなくてもよくね?って気がしてきました(笑)
サイズ56のハンドル幅は42cm
サラの40mよりは広いですが、悪路を走る競技なら広くても悪くはないはず・・・
まずは、というかそのままでいい気がしてきたぞ

となると合計金額で44万を切れるな・・・
これは美味しいぞ、その方がいいかもしれない

結局いくらよ?

結局CRUXにいくらかかるのか考えてみます

まず本体、41.01万円
次にSRAMのBBとクランク、2.14万
これは確定してます

次にハンドル
候補一つ目はZipp Service Course 70-Ergo、税抜5,920円
二つ目はSpecialized EXPERT ALLOY SHALLOW ROAD BAR、税込5,940円
三つ目はEASTON EA50 AX、税抜5,700円
これについては今度書きます
ハンドルはおおよそ6000円前後ですね

最後にタイヤ
Specialized Infiniti 35C、税込3240円×2

以上です
合計で445,000円くらいですね
45万に届かないくらいです
あとはこれをどう払うかを考えるだけです!

Apex1か、Rival1か

Apex1かRival1か、どちらのクランクにするか迷おうと思います(笑)
いやーどっちも魅力はあるんだよなー

まずApex1から
1.3万!安い!!!(笑)
Sramのいいところは上位モデルの重要な機能は下位モデルにもちゃんとついてるところで、Apex1も肝であるX-syncテクノロジーがちゃんと取り入れられています
X-syncは歯の形状を変えてチェーン落ちのリスクを減らしたスラム独自のものですね
スラムのワンバイディレイラーを使うならできればスラムのクランクにしたいなぁと思うのはこの辺でもあります

じゃあRival1
特になし!!!(笑)
アームが普通のアルミ?から鍛造アルミに置き換わり剛性が増していると考えられますが、なぜか重量も増しています
価格は8400円増しとお財布にも優しくありません
あとデザイン面の派手さもApex1に負けています
あれ?いいとこないぞ・・・(笑)

さらに上のForce1まで行くといよいよアームがカーボンになり、重量も劇的に軽くなりますが・・・
Apex1とRival1だと大差ないのかもなぁ・・・
ディレイラーがRival1なので揃えたい気持ちはありますが、別にそこで強気に出る必要はない感じもしてきました
Apexにすれば金額を抑えられて別のパーツを買えるかもしれませんしね

てことで今のところはApex1が濃厚です
本体価格にプラス2万に抑えられるぞ・・・
しかもRival1との差額でそこそこいいハンドルにできるかもしれない
その方がいいな

CRUXはOSBBだった

CRUXのフレームのBB規格についてスペシャに問い合わせたら、音速で返信が来ました(笑)
BB規格はカタログにある通りOSBBだそうです

これで目処が立ちましたね
SRAM純正のプレスフィットGXPを使用し、SRAMのクランクを組むことができます

SRAM純正プレスフィットGXP Team Specialized OSBBは税抜き5220円です
プレスフィットとある通り、PF30のようにフレームにプラスティック製のカップを圧入し、そこにベアリングをはめる形式の模様
これを期待してたんですよ
BB30ではベアリングそのものがフレームにぶち込まれていますが、カップをフレームにぶち込み、そこにベアリングを入れた方が気分としては衛生的ですし、実際BB30の問題点を解決すべく生まれたような規格でもありますし

クランクはApex1 GXPであれば税抜き13,000円
Rival1 GXPであれば21,400円です
BBとのセット、税込みで考えると、Apexだと19,700円くらい
Rivalでは28,800円となりますね
おおよそ一万円の差額です

どっちにするかを決めるのが次の段階になります
別の記事でまとめましょう

状況を整理しよう

BBの話をしてましたが、そもそも目的は何だったかを思い出さないといけないですね
脱線してる気がします

最終的な目的は、クランクをSram Apex1かRival1の175mm、42Tに交換することです
20年式CRUX標準装備のプラクシスワークス・ザヤンテはいいクランクではありますが、172.5mmと40Tというのが納得できません
僕が持ってる自転車は全て175mmのクランクがついてるので、ここで短いのにしたくないんです

で、Sramのクランクにしようとなると、BBの規格が問題になってきます
標準装備のBBはプラクシスワークスM30というもので、ザヤンテを始めとするプラクシスワークスのクランクの独自規格で、それ以外のクランクは使用できません
つまりBBから変える必要があります

Sramのクランク側的にはどんなBBに対応してるのか、っていうとBB30かGXPです
この二種類のいずれかにする必要がありますが、BB30は悪名高すぎるので、可能ならGXPにしたいです
BB30はベアリングをそのままフレーム側に圧入しているため、ベアリングは露出しているも同然の状態・・・雨の日の練習も視野に入れてCRUX買おうとしてるのにそんなBB使えるか!

はい、GXPのSramクランクを使いたい!
となるとフレーム側のBB規格をGXPにコンバートするアダプターが必要になります
ここで問題になるのが、そもそもCRUXのフレームのBB規格ってOSBBなの?BB30なの?って話です
OSBBであればSram純正のBBが使えますが、BB30の場合はプラクシスのコンバージョンBBを使うことになります
これについて悩んでたんです

さらに調べてると、海外のサイトである情報を見かけました
OSBBにはどうも三種類あるっぽいです
・カーボンフレームむき出しの 61x46 mmのOSBB
・アルミ製インサート付きカーボンフレームの68x42 mmのOSBB=BB30と同じ規格に調整されてる
・アルミフレームのOSBBという名のBB30
この三つです

で、どうも最近はアルミ製インサート付きのOSBB、要はBB30と同じ規格になっているらしいっぽい
このアルミ製インサート的な何かが本当についているのか、ついてたとしたら外れるのかが気になるところですね
外れさえすればSramのプレスフィットGXPでケリがつくんですよ
これが完全に接着されてて取れないとか、もうBB30ですね状態だと、プラクシスワークスのお高いコンバージョンBBを買わざるを得なくなる
フレーム側がどうなってんの、ってのが問題なんです

もしフレーム側をOSBBとして使えるのなら、PRESSFIT GXP Team Specialized OSBBが使えるので、BBは5220円で済みます
BB30から変えられないのなら、コンバージョンBB BB30/PF30 SRAM GXPを8500円で買わないといけません
もうスペシャに問い合わせてみようかな・・・どうなってんすかBBの規格・・・

交換用のタイヤも用意したい

CRUXのためにシクロ用じゃないタイヤも用意したいですね
標準装備はトレーサーという完全なシクロ用タイヤです
それよりもっと遊べるタイヤとか、ロード向けのタイヤとかがあれば便利だなぁと思いました

スペシャだといい感じのタイヤは、ルーベ、ニンバス、インフィニティ
どれも32Cがあるため、太さは十分です

ルーベはロードバイク的な乗り方をするなら一番いいタイヤだと思います
太くてもスピードが出る方でしょう
ニンバスは多分クロスバイク用
これはちょっと違うかな
CRUXのキャラに一番合ってるのはインフィニティです
オフロードもイケそうなタイヤですね

インフィニティは前後セットでも6480円と非常に安価なのも魅力
普段の練習ではインフィニティを履きつぶし、レースでトレーサーを履かせるスタイルがベストでしょう
できればトレーサーはチューブレスで使いたいですが・・・
それはおいおいって感じでしょうかね・・・
でもレース出るならチューブレス化は必須だよなぁ

CRUXに必要な費用!

CRUXにかかりそうなお金をまとめてみます
昨日分として書いたBBの話も含めてね・・・OSBBめ・・・(笑)

まずクランクです
CRUX EliteはRival1で組まれているのでできればRival1がいいんですけど、Rival1のクランクは2万円以上とあんまり安くない
Apex1だとこれが1.5万程度で買えます
さらに必要なのがBBで、BB30の場合は4320円、OSBBの場合はGXP化するのに5220円かかります
合計で最大2万ちょいってとこですね
プラクシスのザヤンテは2.8万もするクランクなので、それを捨てるのは惜しい気もしますが・・・
172.5mmは許せない(笑)

次にハンドル
6000円くらいのアルミハンドルであればどこのでもいいですが、ブランドを指定するならばスペシャ純正かZippがいいですね
幅は40cmで、リーチもドロップもあまり大きくないものが希望です
ステムは替えないつもりです
7°100mmのステムがついてくるので、それを上下反転させて使おうと思ってます
より短いものに交換するのはありかもしれませんね
それを考えるとハンドルもZippにしておくべきか・・・

ボトルケージは装備するか迷いますが、つけるならスペシャのZEE、左側から入れるタイプ
これをシートチューブ側につけるくらいですかね

サドルはPhenomがついてるので特に問題なしだし、こんなもんです
本体価格が41万円、クランクとBBが高くて、ハンドルとケージは高くても1万いかない
合計45万に十分収まりそうです
あとはこれをどう捻出するかなんだよなぁ・・・(笑)

回す練習をしないと・・・

またかよな感じではありますが、回す練習をしないといけないなぁと思いました
Zwiftのコースでです

Zwiftのワトピアのルートで、最初にアップダウンがあるところがあったんです
そこで下りでは一切踏まず、上りでだけ軽いギアをぶん回すような走り方をしてみると、意外と疲れなかったんですね
しかも出力は300Wも出ました
ゴリゴリ踏むよりもかなり楽に、です

何度も気づいていることではありますが、やっぱ回して高い出力を出せた方がいいんだなぁと思わされます
175mmクランクは全然長いと感じないので、とにかくそれを回しまくる
具体的には100rpm以上で回すこと
これを意識して走りたいですね

今週も平日はZwiftしますし、週末も雨が降ればZwiftです
回す癖をしっかりつけて、実際の走りにも活かしたい・・・!

OSBBは曲者?

購入予定のCRUX EliteのBB規格はOSBBというスペシャライズドの独自規格BBです
調べてるとこいつがめんどくさい代物っぽいですね・・・

なんでこんなこと調べ始めたかって言うと、CRUXのクランクが172.5mmしかないしチェーンリングが40Tしかないからです
僕の希望は175mmクランクに42Tなんですよ
今乗ってるバイクは全て175mmクランクですし、ここで変なのにしたくないんです
そもそも身長から適正値を割り出す考え方なら180mmクランクだって使えます
脚の長さは十分にあるつもりなので、クランク長を短くするメリットはないんです

で、クランクを替えたいと思ったんですけど、どうせならSramの純正にしたい
Apex1のクランクなら1.5万くらいでそんなに高くありません
でもSramのクランクはGXPかBB30にしか入りません
OSBBにはそのままじゃ入らないんです

となると必要になるのはコンバージョンBBです
プラクシスワークスがOSBB→GXPのコンバージョンBBを出しています
だから取り付け自体は可能なんですが・・・

じゃあ最初についてるプラクシスのクランクは一体何なんだってばよ、って話になるわけです
あれはプラクシス独自のM30って規格のクランクで、M30のクランクしか入らないんです
つまりSramもシマノもBB30規格のクランクも全部無理
何なんだよ・・・(笑)

結局、OSBBのフレームにGXPやBB30のクランクを合わせたい場合は、別でアダプターなりコンバージョンなりも買う必要があるんです
なんて無駄な出費なんだ!(笑)
でも海外のサイト見てたら、スペシャはBB30もOSBBだと言っちゃう癖がある(https://www.kogel.cc/blogs/kbba/specialized-osbb-explained)とかで、もう意味が分からんのです(笑)
このサイトによると、OSBBはそもそも狭い版PF30だったんだけど、AllezとかTamacとかShivでBB30規格なのになぜかOSBBって書いてあったよ!ってことらしいんです

つまりもしかしたらOSBBと言いつつBB30の可能性もある
これはプラクシスワークスのBBにOSBBをM30にするものが存在しないことでさらに補強されます
M30のBBはねじ切り、BB86、BB30、PF30、386EVO、BBrightしかない
OSBBをM30にする製品は存在しません

んんん・・・SramのHP見てたらOSBBをGXPにするBbがあるのでそれを使えばいいんですけど
そもそも実車がBB30なのかOSBBなのかがわからんし・・・
分からん以上どうにもならん・・・
でもクランク交換自体は、実物のBB規格がどうなってるのかがわかれば可能なはずです
珍しくめんどくさい記事になったな・・・(笑)

CRUX買うことになりそう

僕の欲求をビンビン刺激してくる20年式CRUX Eliteですが、買うことになりそうです
お店でメーカーに取り置きをお願いできないか話してきました

サイズは国内最大の56cmでほぼ確定です
日本にはない58だとむしろデカすぎる疑惑があって、実は56が結構ちょうどいいかもしれないんです
懸念事項はハンドルが若干低くなるかもなくらい
これはステムとかで調整できる範囲ですね
上下逆さにつければ高くなるでしょう

なぜCRUXか?
それは極めて性能が高いと思われ、その割には安いからです
Crux EliteのフレームはFACT11rカーボン製で、これはS-worksと同じグレードのカーボンです
S-worksのフレームは頭にS-worksと付くFACT11rカーボン・・・違いがわかりません(笑)
S-worksだろうとなかろうと、フレームは大体同じだと思っていいと思います
フレーム単体重量900gは驚異的な軽さで、Canyon Infliteよりも軽量ですし、恐らくうちのターマックよりも軽いです

組み合わされるコンポーネントはSramのRival1
不満を抱く人はいないでしょう
超高級とは言えなくても、sramのコンポはどのグレードも仕事をきちんと果たしてくれます
ホイールはDT R470
超軽量でなくとも重いわけではなく、決して悪くないホイールだと思います

最高クラスのフレームにそこそこのパーツ群を合わせて41万円はむしろ安いです
コンポーネントで盛ったりせずに良いフレームを使っているからこそ値段がちょっと高いのだと思えば全然納得できますし、S-worksのフレーム単体と同じ値段でコンポ類が全部ついた完成車が買えるとなればお買い得感はさらに増しますね

41万をどうやって生み出すかはまだ考え中ですが、恐らく購入になると思います
これでロード、マウンテン、シクロと一通り揃い、あらゆるレースに出られるようになってしまう・・・(笑)

CRUX買えるの?

CRUXを買えるのかどうか、真面目に考えてみましょう
CRUX Eliteの価格は41万円
他に買うものはほとんどなく、精々ボトルケージ1つとハンドル、サドルくらいです

問題はこの42,3万円をどこから捻出するかです
・・・まぁ本気出せば払えますよそりゃあね?一応大人なんだし?
でも本気出すとまずいじゃないですか、貯金ぶっ飛ばすつもりですか、と

まず口座残高は今月分の給料が入ると2桁万円を回復するも、AmazonやZARAでの爆買いが祟り恐らく2桁を割り込む可能性があります
まずい・・・非常にまずい・・・(笑)

気を取り直して未来に目を向けましょう!(笑)
今は色々あって毎月10万が固定で口座に振り込まれる仕組みにしています
ここから家に納める3.7万円とクレカ代金が飛んでいくわけです
上納金とスカパー、スマホ代とかをまとめるとそれだけで大体5万円
ほとんど遊ばなかったとしても毎月貯められるのは4万がいいとこでしょう
それだと10カ月かかってしまう

ふぅむ・・・あとは最終手段Roon・・・はアズレンの方で、Loanの方のローンですね
40万円・・・頭10万を捻出して30万を2年払いにすれば・・・
月1.5万+利息でなんとかなるはず・・・
このくらいの規模であれば、初ロードであるカヨのときにやってます
あれが再び来るのか・・・(笑)

まぁ無理な話ではないですね
問題はシクロクロスにどこまで本気で取り組めるか・・・
既に化石になりつつあるChiselの二の舞はヤバい(笑)
いやいやいやChiselはChiselで出番あるんだよきっといつか、うん、ほら王滝とかね

CRUXいいなぁ・・・

20年モデルのCRUX、割とマジで心に来ます
基本的に変わらないようですが、カラーリングがいいですね

CRUX Eliteは日本で買えるCRUXの中では一番下のグレード
それでも41万円もする高級車です
フレームはサラと同じFact11rカーボン製で、BBは圧入式
コンポーネントにはSramのRivalを採用していて、もちろんフロントシングルです
フレームはミドルグレードの良い物だし、コンポーネントもシマノで言えば105だし悪くない
すごくいいバランスのシクロバイクなんですよ

唯一心配なのはホイールですが、そこまで大きな心配ではありません
DT R470は重量1700g程度と聞いており、極端に重いホイールではないですし
No tubeとか使えばチューブレス化も可能でしょう

最大の心配事は、買えるのかどうか(笑)
41万・・・41万だぞ・・・

シクロクロスはクロスカントリーよりも身近に行われています
一番近いのだと湘南シクロクロスとか
稲城や山梨でもやります
あとは愛知とか茨城でもやってますね
クロスカントリーとなると新潟や長野の山奥に行かないとできないですが、シクロはそんなことなく割とその辺の公園とか砂浜とか河川敷とかでもやってます

そしてさらにもう一つ、シクロクロスバイク導入により、雨天でもトレーニングするようになるかもしれません
雨の日にサラを出す気にならないのは、マットカラー故に掃除がめんどくさいのと、制動力不足とか色々怖いからという言い訳があります
Cruxだとその言い訳が通用しない
泥が落ちやすいつるつるペイントに太いタイヤと強力なブレーキ
え?雨だけど外行かないの?って聞かれてるようなもんです

買えるのかどうかを真面目に考えないといけませんね
それは次の記事で!

2020年モデルがぼちぼち出てる!

20年度のスペシャの情報が出つつあるようですね
その中にはCRUXもあり、ちょうどがっかりしたところです(笑)

2020年のCRUXはSRAM RivalとForceの完成車があります
が!色が!カラーが!残念!!!(笑)
Forceの緑はまだいいとしても、Rivalのあの何?ゲ〇にかかるモザイクみたいな色は何?
今年のピンクはどこへ行ったんだ・・・(笑)
ということで割とがっかりしています

S-works Vengeにははっきりしないブルーと地面色が追加される模様
Venge Proのブルーはかっこいいですね
今のところはそんなもんかなぁ

しかーし!今よく確認したら、どうもCRUXのモザイク色はイメージ画像だった模様!
下手くそか!!!(笑)
実物はめちゃくちゃ輝くブルーに赤いフォーク!超かっこいいじゃん!!!
これはどうしようどうしよう・・・ヤバいですね・・・(笑)

テラが気になる

オルベアのテラが微妙に気になっています
オルベアはポディウムが扱わないとか言い出したので今後が不安ですね・・・どうなるのやら

テラは流行りのグラベルロードの一つですが、個人的には結構走りに振ってるイメージがあります
Renegadeはかなり幅が広く、Topstoneは結構グラベル寄り、Divergeは舗装路寄りなイメージで、テラはどっちかというとDivergeに近いような気が勝手にしています

何で気になってるかっていうと、シクロクロス出たいなぁと思ったときに、シクロクロスバイクって非常に少ないんですよね
スペシャのCRUXはかっこいいですがグレードが選べないに等しく、SuperXは色がイマイチすぎる
世界チャンピオンはスティーブンスってメーカーを使ってるそうですが日本には入ってない
キャニオンは無理
CRUXでも全然いいんですけど、サイズが56で大丈夫か心配ではあります

で、重要なのはジオメトリーです
おっとり系じゃレースに向いてないかもしれない
テラのジオメトリーってどんなもんなんだろ、って思ったんですよ

CRUXの58とテラのLサイズを比較すると・・・
テラの方がトップチューブが少し短く、ヘッドが長い
要は楽なポジションってことですね
ヘッド角もテラの方が少ない・・・
こいつはもったり系なのではないか・・・(笑)

はい、やっぱり系統が違うのかもです・・・
グラベルロードはシクロクロスじゃないってことを理解しないとダメですね・・・
CRUXの20年度カラーはどんなだろうなぁ
今年のピンク悪くないと思うからあの流れでド派手な色になって欲しいなぁ