スラムのロード用ブラケットの形

CRUXに乗って気になったことが一つ
SRAMのロード用油圧ディスクブレーキコンポのブラケットについてです

今まではティアグラ、アルテグラとシマノを2回使い、ロード用ではないですがNXeagleでスラムの切れ味を実感しました
で、今回は初めてのロード用コンポです
そこで気になったのが、ブラケットの形の違いです

シマノは滑らかでどこでも持てるイメージ
手を添えるでも乗せるでも握るでも自由自在、という感じがしています
スラムはかなり異なっていて、ブラケットが天を突くが如く上を向いているんです
添える・乗せるははっきり言ってできません
ブラケットを掴んで手首をハンドルに乗せるようなポジションならできますが、それには狭く遠いハンドルが要る
CRUXでは難しいですね
なので自然とブレーキを握るような感じで手を添えることになります

あとはRival1の話になっちゃいます
ブレーキの効きは当然ですが抜群の一言、リムブレーキとは格が違います
シフトチェンジは慣れていないためかいまいちはっきりしない部分がシフトダウン時にあり、一気に2段落ちてしまうこともしばしばです
全体的には非常に満足してますけどね

メーカーによってブラケットの形状一つでも全然違うんだなぁと面白くなりました
ロードバイクでスラムを使ってみたいですね