IS-2、組み立て完了

IS-2の組み立てが完了しました・・・
中学の時に作っては壊したガンブラ以来のプラモデル(笑)
しかも本格的なものでしたが、なんとか組み立てることができました

今日はまず工具を買いにホビーショップへ
最初はミネシマのA4工具セットを購入しようと考えていたのですが、なんと品切れ・・・
じゃあもう一つ下のA2工具セットでもいいや・・・と思ったら品切れ・・・(笑)
なぜかA5工具セットより上しか置いていなかったのです

A5にはドライバーとかも入ってるけど、正直いらないしな・・・どうしようかな・・・と悩んだ挙句、ニッパーとピンセットだけ単品で購入することに
ニッパーはA4工具セットにも入っているセイコーニッパーをチョイス
先端に向かって細くなっているニッパーで、恐らく精密ニッパーの方が使いやすいでしょうが、十分使うことができます
ピンセットは同じくA41工具セットに入っている、F3先曲ピンセットを・・・と思ったら、まさかの品切れ(笑)
そこで先端が非常に細い、F4AAピンセットを購入しました
これも先曲は品切れ
まぁストレートタイプでも大丈夫でしたけどね(笑)

品切れがやたらと多かったですが、一応道具は揃いました!
家に帰って早速作業開始です!

早送りで行きます(笑)
ホイールの組み立ては同じ物を大量生産するだけなので簡単です
しかし回る機能を持つポリキャップまでも接着してしまうミス!
結局問題はありませんでした
車体下部の組み立てはもっと簡単です
さっさと終わらせてホイールを装着!

そして最大の難所・・・連結式キャタピラの組み立てです
ベルト式もあるのですが、たわみを表現するためにあえて難易度の高いプラスチック製連結式キャタピラに挑みました
もう何が大変って・・・接着する物が多過ぎる!(笑)
コマを一つ一つ接着していくんです
さらに曲がっている部分ではそれが離れちゃったり・・・
くそおおおおお!!!となりつつなんとか完成させました

そんな履帯を乾かしている間に、車体上部と砲塔の組み立て
これもすぐに終わります
穴を空けるピンバイスがなかったので、手近にあった金属棒みたいなのでぐりぐりと穴を空けました
砲塔は人を載せる場合ハッチを開けるのですが、今回は接着剤で完全密閉です
そのおかげで内部のパーツが減りました(笑)

そして完成した上部を下部とドッキング!
IS-2の組み立て完了です!
この状態でも122mm砲の迫力はすさまじいですよ!
DSC00483.jpgやっべぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ俺のIS-2ちゃんかっこよすぎ泣いた!!!(笑)
これは広角で撮ったので、ボケもあって方の長さがかなり強調されてますね
光学ズーム端でも撮ってみたのですが・・・
DSC00484.jpgそれでも砲が長過ぎてボケが出ちゃうIS-2たんマジペロペロ(笑)
いやほんとにかっこいいです
無塗装でもこの迫力!
塗装が楽しみだぜ!

もしかしたら気づいちゃってるかもしれませんが、このIS-2、かなり接着剤を使ってべたべたになっています(笑)
細かく付けるのが上手くできなかったので、オルァ!って感じでやった部分が結構ありまして・・・(笑)
先述のキャタピラなんかが実はまさにそれなんです
台の上に並べて行ったら、その上からはけで接着剤ドバー状態(笑)
台とくっつく前に新しい台に移して乾燥・・・ってやってました
ちなみにそれでも要した時間は約6時間以上
・・・慣れてないなぁ(笑)

接着剤はきっと塗装でどうにかなると信じています!(笑)
参考にしているサイトでは筆で丁寧に塗っているのですが、性格上それはできぬぅ!(笑)
絶対途中でかったるくなっちゃうんですよ
それだったら最初はスプレーでやってみようかな、って思います
もちろん細かいところは筆で頑張りますよ!

となるとまず必要なのはサーフェイサー
エッチングパーツにメタルプライマーを塗っていない(これ詳しい人に言ったら絶対怒られそう(笑))ので、タミヤのスーパーサーフェイサーを使います
なんかプライマー処理の効果もあるらしい・・・
一本500円未満です

その上に全体のカラーであるオリーブドラブ2
なのですが・・・サーフェイサーの上にすぐオリーブを塗ってしまうと、綺麗すぎることになるのでは・・・と思っています
いやでも・・・そんな玄人みたいなことしようとしない方が良いのかな・・・
ウェザリングのようなことをやったことはあるのですが、「それっぽい」汚れを出すのってすごく難しいんですよ
僕がやってもわざとらしい汚れになってしまうんです
ならもうオリーブドラブで行くか・・・

履帯は全てXF56メタリックグレイ
その他の金属パーツもメタリックグレイを指定されています
これは瓶のを買ったので大丈夫です
筆で塗るだけですね
かなり細い筆が必要だなぁ・・・

一か所だけ面倒なのが・・・ライトです
クリアパーツではないので、説明書ではX10ガンメタルを指定されています
ライトのためだけのわざわざ買うのもアホらしいが・・・買うしかないのかな・・・

そして超重要!
ノンナのIS-2と同じように、車体上部側面に015と書きたい!
キャプチャ
つまりXF2フラットホワイトが必要になります

最後にはフラットクリヤーを吹いて終わり、という感じでしょうか
つまり必要になるのは、
スーパーサーフェイサーが一本
TS28 オリーブドラブ2が一本
X-10ガンメタルが一瓶
XF-2フラットホワイトが一瓶
TS80 フラットクリヤーが一本
全部で2000円くらいしょうか?
プラモデル本体以外にも金がかかる・・・(笑)

しかし完成が見えてきました!
まずサーフェイサーとオリーブドラブだけ買おう・・・それ以外は今度で・・・(笑)

コメント

非公開コメント

Counter

Profile

イオ

Author:イオ
二輪と四輪とEDMが大好き
愛車はFOCUS CAYOとNinja1000
Twitter:io survolt

Calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Twitter