T34製作・・・一応完了(笑)

少し前から作ってたT34/76ですが・・・今日一気に作業を終わらせようとしたら・・・
DSC00496.jpg
履帯がこうなってたんだ
正確にはもっど酷かったのを、伸ばして修正したんです
さらに言えば、塗装したときに縮んだのに気づいていました(笑)
もっと言うと、この写真の下の履帯は、引っ張って千切れてしまったんです
よく見ると左右の端が変な形ですよね(笑)

さぁ履帯はぐにゃぐにゃ!
しかも短くてはめられない!
その上千切れてると来た!
もう無理だ!(笑)

履帯が売ってないことはないですが、かなり高いです
T34がもう一台買える値段ですね
だったら買いませんわ!という話です

なのでT34はこれで完成となります
DSC00499.jpg
・・・走らないじゃん(笑)
二台目にして痛恨のミス、史上最悪の戦車を作ってしまいました
ん?でもT34は(天下の)クリスティー式だから、履帯なしでも走れるんじゃ・・・

まぁいいところを言えば・・・
接着剤を少なめに使い、多く使う場合は見えない場所から接着したので、前回よりも汚らしさはないです
塗装も前回の2倍くらい慎重に行ったので、吹き溜まりなどはなくなりました
パーツの別塗装も上手くいきましたし、パテ盛りも修得できました
結局完成してないので、前回よりもクソなんですけどね・・・(笑)

さて、二台目まで作ってみて分かったのは、まず塗装は筆の方がいいかもってこと
スプレーは全体に均一に塗れるのが強みですが、細部まで塗料が届きません
かなり不完全な状態で塗装をしないと、組みあがったときに薄くね?ってことになります
今回のT34がそうでした
というかオリーブドラブ2、微妙な色でした
これからはダークグリーンでやります

でもスプレーの方が手軽だし、ちゃんと回数かければ綺麗にできるんだよな・・・
俺の根性が足りないだけだな

あとは重りが欲しいです
JS-2は重戦車、T34も中戦車であり、決して軽量ではありません
なのに持つときはひょいっと上がってしまいます
・・・なんか残念です

なので、中に重りを入れて、重さを増そうと思います
でもなかなかいいのが見つかりませんね
鉄塊みたいなのが欲しいんですが・・・鉛でもいいな・・・いや鉛は危険か
今度ホームセンターでも行って探してみます
鉄がいいなー鉄がいいなー重いからなー(笑)

やっぱり持った時にずっしり来ると、それだけでリアル感が出ると思います
ダークグリーンの塗装は悪くありませんし、そういう目に見えないところのリアル感も高めたいですしね

それと思ったのが、ジオラマが欲しいなってこと
背景と地面とガラスケースが欲しいです
背景は・・・ロシアだし針葉樹?
地面はツンドラ気味の悪路でしょうか・・・ちょっと水も流したいくらい
そんな感じでウェザリングもできれば最高にリアルですね
戦車と同じくらいのサイズで小さくてもいいので、いい感じのジオラマを作りたいです

背景は印刷とかでもいいのかな・・・?
まぁ木を何本か生やして、その後ろは絵でも大丈夫だよね
地形はフラットでいいので、その手間は省けます
作り方勉強したいな

コメント

非公開コメント

Counter

Profile

イオ

Author:イオ
二輪と四輪とEDMが大好き
愛車はFOCUS CAYOとNinja1000
Twitter:io survolt

Twitter

Calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -