自分に合った自転車とは?

もう卒論のことは忘れましょう・・・考えたところでどうにかなるものでもないし
ということで、この前話してた自転車の話です!
真面目にジオメトリーを測ってきました!
その結果がこちら!
キャプチャ646
手で測った割には意外と正確でしょう?(笑)
しかしこのデータは意外すぎます・・・

なんと、絵里はずいぶんと大柄だったようです
実はリーチもトップチューブもホイールベースも、佳代より長いのです!
シートチューブは500しかないのに・・・一体どういう設計なんでしょうね・・・(笑)

つまり、僕が前に唱えた、サイズ小さい方がいい説は自壊しました・・・
絵里の方がサイズは大きいんですよ

じゃあ違いは?
最大の違いは、ハンドルの落差とハンドルの幅です
全部手元じゃん・・・
これも無関係ではないと思います
あの落差は多分、ちょうどいい感じなんだと思います
幅も肩幅より少し広く、扱いやすいです
でもそんなデカいドロップハンドルはないんですよねぇ・・・

他に何が違うんでしょうか?
確かに絵里の方が楽なんです
もしかしてシートの位置なのかな・・・?

絵里のシートポストはセットバック0mmで、シートも限界まで前に出ています
TTバイクみたいな感じです
つまりそれがいいのか?
でも立ってやるダンシングには関係ありません
うーん・・・

多分、ダンシングする際には、ハンドルの高さと幅が絶妙なんでしょう
ハンドルが低いので、上体が立ちすぎず、適度に体重をかけられて、広いハンドルで車体を大きくコントロールできる
そんな感じだと思います
狭いハンドルだと少ない入力でも大きな動きになりますが、広いハンドルはその逆です
もったりした感じを求める僕には、広いハンドルの方が合ってる気がします

あとホイールベースですね
やはりこれが長い分、絵里のハンドリングはもったりしているようです

つまり、サイズは小さけりゃいいってもんでもない
小さい部分は小さく、大きい部分は大きい自転車がいいような気がします

具体的には、ヘッドチューブは短い方がいいです
あそこが長いとかっこ悪いですし、剛性も落ちます
ああとシートチューブも短い方がいいんじゃないかな?
その方がシートが飛び出すので、よりかっこよく見えるはずです
長い方がいいのはホイールベース
車体が前後に長ければ、それだけもったりとした安定感のあるハンドリングになります

しかし、こんな相反する性能を持ったバイクは存在しない!(笑)
ヘッドチューブ・シートチューブの短さは、サイズを小さくすることで解決できます
しかしそれではホイールベースも短くなる
そんなロードバイクはありません
ヘッド・シートチューブ的には54cmとかがいいですが、それで1m以上のホイールベースのバイクはないんです

前後に長いバイクがほしい・・・
一番近いのは、実はTTバイクかもしれません
でもTTバイクにディスクブレーキモデルはないし・・・
うわぁ・・・いろいろ詰んでる・・・(笑)

TTバイクでは登りなどをこなすのが難しいので、やっぱり普通のロードバイクがいいですね
となると、普通のロードバイクでシートポストのオフセットをゼロにして、サドルを限界まで前に出すとか・・・
うーん・・・何が最適なんだろう?

全然わかりません・・・(笑)
とりあえず明日は自転車乗るか、バイク乗るかします

コメント

非公開コメント

Counter

Profile

イオ

Author:イオ
二輪と四輪とEDMが大好き
愛車はFOCUS CAYOとNinja1000
Twitter:io survolt

Calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Twitter