MTBの乗り方をロードに応用!

今日ロードバイクでいつも通り宮ケ瀬を走ってきたんですが、MTB買ってよかったなー、ってことがありました
ダンシングがね!劇的にできるようになってる!
坂を登るとき、平地で加速したいとき、簡単にダンシングができます!

そもそもなんでロードバイクでダンシングしづらいかって、ハンドルが低いんですよ
低いのは仕方ないことなんですけど
でもハンドルが低ければ、上体も寝たままになって、ダンシングがしづらくなるのも当然と言えます
今まではハンドルや腕に体重がかかっていて、状態の力が抜けたいいダンシングとは言えませんでした

でも、MTBでは必然的にダンシングを求められます
座ってこいでても、サスペンションがエネルギーを吸収しちゃって、思ってるより進まないんですね
だからダンシングして、サスペンションと上手くリズムを取る?ような感じで踏み込む必要が出てくるんです
こう・・・グッグッと沈み込むサスペンションに合わせて踏む感じ・・・説明はできないですけど

んで、MTBのハンドルは、ロードより全然高いです
また、ハンドル幅がかなりあるため、力を入れなくても前輪が左右に振れます
おかげで上体が立った姿勢でのダンシング、足に体重が乗って、ハンドルと腕に力が入っていない、いいダンシングができるんです

その感覚を今日はロードに応用できました
今までは上体を腕で支えていたため、腕は痛くなるし、ダンシングしても大して進みませんでした
でも今日は、坂を一つ全力で越えて疲れているときでも、上体の力が抜けていて、よく進むダンシングができました

このことはちょっと感動的なんですよ
ツールとかでも、プロの選手ってすごくきれいなダンシングをしますよね
一般人でも速い人のダンシングってかっこいいですよね
シートが左右に、体の動きからワンテンポ遅れて振れる様は、真似したくなるかっこよさです
あれに近づけたんじゃないか、ってのが嬉しいんです

普段とは違う種類の自転車に乗る、ってのは、新しい発見があっていいですね
なつきと佳代は全然違うんですよ
ハンドルは佳代がほぼ肩幅かむしろ狭いくらいなのに対し、なつきは肩幅より遥かに広いです
そのせいで、毎回佳代に乗るたび、最初は違和感を覚えるようになってしまいました(笑)
シートは佳代の方が高いため、ペダリングの感覚も違います
そもそもなつきはビンディングペダルついてないですし
なつきの方が自由度は高いので、こうかな?こうかな?って足の位置を自由に変えられます

やっぱMTB買ってよかったです
あそこでクロスとか買ってたら、同じような自転車が増えるだけでした
違うジャンルにどんどん挑戦していくのはいいことですね
MTB、ロードと乗ってるし、次はTTかシクロかダウンヒルかな?(笑)

コメント

非公開コメント

Counter

Profile

イオ

Author:イオ
二輪と四輪とEDMが大好き
愛車はSpecialized Tarmac
Twitter:io survolt

Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Twitter