山形旅行!!!

29日、30日と、山形旅行に行ってきました!
とてもとてもとても楽しかったです!
時系列順にまとめていきましょう

スタートはロマンスカーから!
金曜の夜に夜行バスで山形に向かうことにしていたので、夜9時過ぎに家を出て、駅へ向かいます
ロマンスカーは今ある中だと一番好きなLSE
古い電車ですが、かっこいいです
特急っぽさがあります

LSEのふかふか背もたれに身をゆだねつつ新宿に着くころにはお尻が痛くなっていましたが・・・(笑)
今度はバスタ新宿です!
完成当時は話題になりましたが、一度も行ったことがなかったので、今回が初めての利用になりました

行ってみると、なんで話題になってたのかわかりません・・・(笑)
隣のNewomanとかミライナタワーが話題だったのかな?
バスタ新宿自体は本当にただのバスターミナルです
規模がすごいだけで、施設はきれいなトイレと、長蛇の列ができるコンビニくらいしかありません

バスタに早めにつくようにスケジュールを組んでいたので、コンビニなどで適当に時間を潰し、バスの発車時刻前にA3乗り場へ・・・
乗るのはJRバスのドリームさくらんぼ号です
ちゃんとした夜行バスって初めて乗ったんですけど、すごいですね!
3列シート!
座席間にはカーテン!
運転席と客席の間にもカーテン!
フットレストも毛布も標準装備!
はー!何この充実の装備!
今までのスキー旅行バスはなんだったの・・・(笑)

2350発0600山形着でしたが、実質睡眠時間は5時間ほど・・・
しかもお尻がめちゃくちゃ痛くなりました(笑)
いくら装備が充実していても、その辺はバスですね・・・
何はともあれ、無事に山形着です!

と思ったら・・・全然無事じゃない・・・
雨が普通に降ってます・・・(笑)
傘などもちろん持ってないです!
しかも迫りくる便意!
色々とヤバい!

とりあえず山形駅に向かい、お土産屋さんの中にあるトイレへ
出すもの出したら寝ぼけ眼で松屋へ向かいます
求めるは朝定食・・・400円!
安定感のある味です

朝食を済ませたら大体0630
ラテの到着まであと20分ほど、モンスターエナジー・THE DOCTORを飲んで待ちます
すごくオランジーナなモンエナでした(笑)
オランジーナはフランス・・・ロッシは優勝をザルコにあげるつもりかな?(笑)
あ、でもしっかり成分は入ってるので、トイレが近くなります(笑)

そしてラテ到着ー!
髪が短くなってる以外は変わってません!
当たり前だけど!(笑)

この時点で0700ですが、レンタカーの時間まで1時間あるので、ロッテリアで時間を潰すことに
二人ともモーニングセットを頼んで、彼女の話とかしつつ1時間・・・
タイムズレンタカーへ突撃です!

タイムズの方へ歩いていくと・・・
おや?GoogleMapでは旧型のデミオしかいなかったのに、新型のデミオしか見えないじゃないですか・・・!
うおおおおおやったぜ!これは!まさか!と思いつつ手続きを済ませると
やっぱり新型でした!
DJ系デミオ!ガソリン4WDです!色は紺!
いやこれ乗りたかったんですよ・・・

早速乗り込み、ナビを起動!
ナビを使うのは初めてです
乗りなれていない車にラテと四苦八苦しつつ、出発!
最初に向かうのは、蔵王・御釜です!

蔵王に向かうには、エコーラインを走ります
国道13号線を南下したあとは、ひたすらエコーラインの上りです
ここから僕が調子に乗り始めます(笑)

デミオにはMTモードがあります
しかもCVTじゃない、ちゃんとしたオートマチックトランスミッションのギアチェンジを自分でできるMTモードです
・・・山道で使わない手はないですよね?(笑)
2速に落として!踏んで!3速に繋いで加速!
コーナー手前でブレーキングと共に2速に落とし、突っ込む!
曲がる曲がる!
4WDの安定感は半端じゃありませんん
デミオ自体の安定感なのかはFFと比べてみないとわかりませんけど、ヒヤッとしたことは一度もありませんでした
1300ccと92馬力で、軽量なボディをぐいぐい進めて、坂を上れます
ラテには「景色がゲーム感覚」と言われ、尚更調子に乗りました(笑)

途中、霧が濃くなり、視界は30m程度に・・・
スピードも自然と落ちます
この日は一日曇りの予報で、天気がよくないのです
それにこの標高、しかも山の天気は変わりやすくて天候バランスもいい
それにしてもこの視界で飛ばせるのなら、超人的な走り屋というほかない(笑)
僕は大人しく減速しました(笑)

そうそう、途中我慢できずに車を止めて、立ちションをしていたのですが、マツダのエンブレムのところに蜂が突っ込んでました(笑)
あれは驚きましたね・・・
すごく綺麗に頭から突っ込んでました(笑)

結構な距離を走り、御釜に到着!
人はあまりいません・・・
登山道があるわけでもないですしね

しかし!御釜デカい!!!
直径は400mもあります!
そして色が美しい・・・エメラルドグリーンの酸性水が溜まっています
周りは曇りで、御釜以外は何も見えないような状況だったのですが、御釜はとても綺麗に見えました
いやもう・・・ファンタジーとかオープンワールドゲームの世界です
あんな景色は見たことがない
ものすごいところです

御釜を見れる場所を走り回り、いろんな角度から写真を撮って、さらに刈田岳山頂の神社にもお参りをして、御釜を満喫!
帰りは霧のかかる恐怖の下りです・・・
もちろん運転は僕(笑)
旅の道中の9割以上は僕が運転していました
いや、僕が運転したかったので(笑)

下りはエンブレ祭りです!
アクセルから足を離していても、勝手に転がっていきますからね(笑)
Dに入れてたら常にブレーキを踏んでないと、コーナーを曲がれません
ここでデミオのMTモードの欠点が!
シフトダウンする際の自動ブリッピング(回転数合わせ)で加速するのです!
減速したいのに加速する異次元の事態・・・(笑)
ブレーキをしっかり踏みながらでないと危ないです

どんどん下っていき、ついに平地へ!
次に向かうのは上山城です!
今あるお城は1980年代に建てられた新しいものなのですが、もとは1500年から歴史があります
建造物としては新しいので、展示設備もすごい!
人感センサーがそこら中にあって、近づくと展示物が勝手に動くんです!
ほら貝吹き始めたり!(笑)
あと一番上の展望台には太鼓があって、マッドマックスを思い出しました
展示物の中にはジャイアント馬場(みたいなの)もいたような・・・(笑)

そろそろお昼時なので、ラテと行こうと決めていた肉そば屋、一寸亭(ちょっとてい)へ
上山城から一寸亭まではラテの運転です
ラテは最近全然運転してないので、ちょっと危なっかしいとこもありますが、普通に運転できます(笑)
助手席で安心しつつ、一寸亭に到着!

ラテ曰く、山形の人は冷たいものが好き
そばもラーメンも冷たいんです
全部が、ってわけじゃないですけど、一般的にはかけそばやラーメンは温かいものですよね?
冷やし中華やざるそばは冷たいですが、大量の冷たい汁に麺を浸すことはかなり少ないはずです

山形名物、肉そばは、そんな珍しい冷たいそばです
具は麺と、煮込んだ鶏肉、ネギ・・・だけ
見た目は茶色でものすごーくパッとしませんし、まぁ普通のそばかな・・・と思うかもしれませんが・・・
一口食べると革命が起きます!(笑)
いやもうね!美味しいの!!すごく!!!
えっなんで今まで熱いそば食ってたの俺バカじゃないの?冷たい方が美味しいじゃん!ってくらい、常識が180度変わります!
汁は肉の出汁と、普通のそばの汁が絶妙に交わり、そば・・・なんだけどインパクトがあって飽きないし、グッとくる味です
でもそばだからするする喉を通る!
あっという間にどんぶりは空になり、大盛りにしとけばよかった・・・と後悔したほどです(笑)
一緒に頼んだ天丼も、サクサクで美味しかったですね~
ちなみにラテも同じセットを頼んでました(笑)

お腹がいっぱいになり、幸せな気持ちとともに、山寺へ向けて出発です!
途中コンビニに寄り、飲料食糧を補給
ナビがあるとすぐに調べられてとても便利ですね

山寺へはほぼ一本道です
信号もほとんどないので、アクセルに足を乗せて、ひたすら走り続けます
旅の道中はほとんど車なのですが、ラテと話していると楽しいので、退屈はしません

山寺に到着!
とりあえず公式の駐車場っぽい場所に車を止めますが・・・参道の入口が見えません(笑)
山寺は結構複雑?な構造をしています
一番上にある奥の院に行く階段は一本なのですが、途中の根本中道と日枝神社に行く階段は二つあるんです
駐車場には、参道入り口まで300mと、書いてあったのに、300m歩くと、参道入り口まで440m、と書いてあり、は?となります(笑)
どっちからでも行けますが、山寺とか奥の細道とか石碑があるのは奥の根本中道へ上れる階段の下です

参道へ向かう道には、無数のお土産店や飲食店があり、積極的に客引きを行っています
重要文化財にも指定されていますし、一大観光地のようですね
何も買わなかったんですけどね・・・申し訳ない(笑)

さてさて、早速階段を上っていきます
・・・天気が曇りでよかったですよ(笑)
参道の階段は1000段あるとされています
山道の階段なので、階段自体に傾斜がついてたりもしますし、雨の後で道がぬかるんでいたり、水たまりがあったりと、足場が非常に悪いです
その上、靴はVANS・・・僕が持っている中で、一番滑りやすく、長距離の歩行に向いてない靴です
その靴で、ランニングシューズのラテと一緒に、他の観光客をどんどん追い抜きながら、ぐんぐん上へ上ります
もう汗だくですよ・・・(笑)
これで夏らしい晴れだったら、頂上でダウンしてるかもしれませんね(笑)

頂上からの景色は結構良く、五大堂からはちょうど電車も見れました
汽笛を鳴らして走り去っていきました
風情がありますね・・・

山寺にはお寺がいくつもあるので、どこでお参りをしたらいいのかが全然わかりませんでしたね(笑)
行くときには、5円玉をありったけ持っていくことをお勧めします

そのあとはラテの会社の寮を見せてもらったり、メロンパンを食べたりして、初日の最後の目的地、銀山温泉へ!
ナビだとチェックイン予定時刻ぎりぎりに到着すると見込まれていましたが、僕の運転でそれを30分以上短縮しました(笑)
道中は飛ばしましたよ・・・二日間どこでも飛ばしてましたけどね・・・(笑)
愛宕神社の辺りのコーナーが気持ち良かったです

銀山に向かう途中では、ひぐらしが鳴き続けていました
あぁ、夏なんだなぁ・・・と思わせられます
とてもいい雰囲気でしたよ・・・

FlyingなSpeedで銀山に到着!
銀山温泉はめちゃくちゃ山奥にあります
その奥には何もないくらいです
宿の駐車場に車を止め、そこから歩きます
フロントガラスに変な汚れがついていたのですが、外から見ると、ワイパーでカマキリを潰していたことが判明!
これで犠牲になった昆虫は二匹目・・・ごめんよおおお・・・
ラテのボディペーパーでガラスをよく拭きました

銀山温泉に到着したのは0500過ぎ
結構疲れていたので、とりあえず宿に直行します
宿泊したのは昭和館
多分、銀山の中では一番安いんじゃないでしょうか
でもいい宿ですよ!
そこら中に展示品があって、香りも線香?みたいないい香りがするし!綺麗です!
お風呂は3人しか入れませんけど!(笑)

お風呂に入ってラテはひと眠り・・・
その後お部屋で夕食です
部屋食とか初めてなんですけど!

メニューは山の幸がてんこ盛り!
野菜、山菜、肉、川魚・・・どれも食べたことのないものばかりです
とても新鮮で楽しい食事でした
よくよく思い返してみると、ラテと行った旅行先は、江ノ島・真鶴・熱海・銚子・・・と海沿いばかりなんです
山に行くのは今回が初めてかもしれません

個人的に印象に残っているのは、鮎と鯉ですね
鮎は塩焼きで、骨まで食べられました
手で持って貪りつきながら、川魚ってこうやって食べるんだなぁ・・・と感動してましたね(笑)
身は柔らかく、塩味が効いていて、肝もいい苦みで美味しかったです
鯉は刺身だったんですが・・・独特ですね
最初は身が締まっていて歯ごたえがある感じなのですが、噛んでいるとすぐにぼそぼそしてきます
美味しいけど・・・多分刺身には向いてないんじゃないかな?

そんな新しい発見の他には、山菜が美味しかったり、ローストビーフが厚切りでジューシーで、ふぁーーーって二人ともなってたり、山芋とうずらと黒いいくらみたいなのを混ぜて食べるのは刺身の味がして驚いたり・・・
とにかく驚きが満載で、楽しい食事でした
非日常を感じられましたね

食事を済ませて一休みしたら、銀山温泉に繰り出します
夜に飲むお酒を安く買える場所はないかと徘徊しますが、お店はどこも閉まっていますね・・・
代わりに飲み屋がいくつかオープンしていました
その中で行ったのは伊豆の華です

頼んだのは地ビール「月山」と、簡単なおつまみをいくつか
月山は結構苦みが強く、飲みごたえがありました
一杯だけ飲むつもりだったので、最高のチョイスでしたね
窓からは花笠おどりを見ることができました
とてもいい雰囲気でした・・・

その後は銀山温泉をぶらぶらしつつ宿へ
カップルや夫婦が多く、ラテはおっさんが部屋の中で脱いでいるのを見てしまった・・・と言っていました(笑)
伊豆の華でも左右はカップルでしたね
昭和館にもカップルがいました
あと女の子同士で来ている人もいましたね

宿に戻ってからはものすごく速いです
歯磨きして就寝!(笑)
2230には二人とも寝ていました
電気を消してから5分くらいは話していた記憶があるのですが、途中からそれがなくて・・・
ラテに聞いたら、「途中から急にシカトされ始めた」とのことでした(笑)
僕が寝た数分後にラテも寝たそうです
レンタカー、御釜、上山城、肉そば、山寺、銀山と、盛りだくさんの初日でした


さぁ二日目!
朝食は0730からと決まっているので、それに合わせてゆっくり起きます
早く出ないと予定がヤバいので、朝食前に着替えを済ませ、一階へ
別の友達と行く旅行ではよく朝風呂に入るのですが、むしろ体力を使い果たすので、個人的にはあまり好きではないです
ラテもそこは同じみたいなのでいいですね

朝食も山の幸が盛りだくさん!
ご飯はべに花ご飯というものでした
仄かにべに花の香りがするようなしないような・・・(笑)
朝から美味しいものを食べられました
他のメニューは・・・ラテが撮ってくれた写真を見直さないとわからないです(笑)

そして0815には宿を出ます!
宿の方がなんと駐車場まで車で送ってくださるのですが、昨日の夜はよくっ見えなかった銀山を散策したい思いもあり、歩いていくと伝えました
朝の銀山もとても良いです
景色は夜よりもずっとはっきりしていて、宿場町の雰囲気を感じます
静かですし涼しいですしね

今日も再びデミオへ・・・
荷物をリアシートに置き、カメラとスマホをセンターコンソールに入れて、出発です
デミオはセンターコンソール(運転席と助手席の間)にドリンクホルダーがあるのですが、運転手からするとシフトレバーをいじるときに500mlペットボトルが腕に当たるので、あのドリンクホルダーは使えないです
代わりに背の低いものをいろいろ入れるといいでしょう

二日目の目的地は、羽黒山or鳥海山
orなのは、鳥海山が遠いからです
距離は銀山から片道120km以上
羽黒山ならそれを40km短縮できます
山形の名所として名高い鳥海山に行きたいけど、でも時間と体力的にどうだろう・・・ってのがわからなかったので、行きながら決めよう、という話になっていました
運転する僕自身も、そんな長距離を走り続けたことはないので、自信がなかったんです

ナビにはとりあえず羽黒山を目的地に設定して、出発!
途中、昨日気になっていた大正ロマン館に寄りました
大正ロマン・・・いいですよね、好きです
好きになったきっかけは神風型、特に春風なんですけど(笑)
なんか大正ロマンなものがあればほしいな~と思ったんですが、買ったのは家へのお土産の伝六豆でした(笑)

大正ロマンと言えば、銀山温泉にそういう衣装を貸し出してくれるお店があるみたいです
僕らが見に行ったときはやってなかったんですが、お店の中には大正チックな和服がたくさんあり、お店の前には古のプロムナードバーと砲弾ライトがついた自転車がありました
トップチューブが二本ってのもいい・・・
ああいうスタイルのスポーツバイクはないんですかね?
重量10kgオーバーでもいいから乗りたい・・・

大正ロマン館で豆を買ったら、さらに走ってコンビニでコーヒーを買い、国道47号線へ向かいます
羽黒山も鳥海山も、この道で行けるんです

そして案の上飛ばします!(笑)
いや、言い訳をすると、山形県で制限速度を守っている人、ほとんどいないです(笑)
それどころか、僕らが際どいなー、と思いつつ黄色信号を通過したら、後ろの車がついて来なかったことがなかったり
一度もパトカーに遭遇しませんでしたし、ヤバいですよあそこは(笑)

その結果、ナビでは2時くらいに鳥海山に着く、とか出てたのが、これ12時に着けるんじゃね?な状態になってきました
僕もまだ走れる状態だったので、鳥海山に行くことに
これで山形の名所をほぼ全制覇することになります

途中、風車と道の駅を見かけたので、寄ることに
道の駅しょうないです
白糸の滝ドライブインにも行ってみたかったですが、混みがすごかった・・・

道の駅しょうないからは、10基近い風車が見えます
素晴らしい景色ですよ
地面は緑色の田、聳える白い風車、夏らしい青い空・・・
夢のような景色です
まさに夏、青春を感じる季節ですね

道の駅の中には野菜の直売所があり、珍しい野菜もありました
長いカボチャとか・・・
あと小さいメロンとスイカが安かったです

駐車場の中を車でぐるぐるやって遊んだら、再び鳥海山に向けて出発!
吹浦バイパスから鳥海ブルーラインに入ります

鳥海ブルーラインはとても良い道でした
路面はスムーズで、周りは静かな森、標高が上がれば景色が開け、走りながら眼科に大地と海を見渡せます
バイクや自転車もいましたね
バイクは車とは桁違いに速いので、先に行かせてあげました
普段、自分が走っていると譲ってくれることもあるので、自分も同じことをしないとですね

しかーし・・・途中で一気にペースが落ちる・・・
前にいた軽自動車がいい感じで飛ばしてて、僕もそれにMTモードで楽しくついて行ってたんですが
食事処のワンボックスと、老人マークの車が遅いのなんの・・・
コーナーで前との距離がぐんぐん詰まり、ぶつかりそうなレベルでした
別に遅く走るのは構わないんだけど、後ろ見て路肩寄ってくれないかなぁ・・・とずーっと思ってました(笑)

約20kmの坂を上りきり、鉾立展望台へ!
車の多いこと!(笑)
駐車場は片っ端から満車で、たくさんの車が空きを求めて彷徨っていました(笑)
僕らは登山者用駐車場が空いてたので、登山者じゃないけど停めさせていただきました
他にもヒールで来てる人とかいたので、あれは登山しないんじゃないかな?(笑)
あとKTM 1290 SuperDukeがいたり
ものすっごく尖っててかっこいいバイクでした!

鳥海山は山頂が海から30kmくらいしか離れていません
非常に海に近く、かつ標高は2236mで山形県の最高峰
普通、山に登っても山しか見えませんんが、鳥海山は違います
先ほども書いた通り、海と空と大地を一望できるんです

鳥海山鉾立展望台は、歩き回れば視界が180度を超えるような大パノラマです
今回は山頂からの雲が降りてきていて、海と陸の境界がなんとか見えるような状態でしたが・・・
なんと!150km先にある男鹿半島が見えるのですよ!
僕は展望台でラテに向かってずーっと「あれ男鹿半島でしょ!男鹿半島だよ!」と叫び続けていました(笑)
僕は真鶴で、あれ房総半島でしょ!と言ったら全然違った前科があるので・・・(笑)
でも隣のおじさんが、寒風山がうんらた・・・と話しているのを聞き、やはり男鹿半島だと確信しました!

展望台には人がたくさんいて、興奮した僕ら(主に僕)の声はほかの人にも良く聞こえていたようで・・・(笑)
象潟を「ぞうがた」と読んでいたら、隣のマダムから、「それはね、きさかた、って読むんだよ」と教えていただきました
ありがとうございます!
ナビでもずっと「ぞうがた」で検索してて、何も出ませんでした!(笑)
男鹿半島見えるなら男鹿半島も行っちゃおうぜ!とか話してたら、「一日かかるよ(笑)」とツッコまれたり・・・(笑)
いいおばちゃんだったなぁ・・・

実はこの時点で時刻は1200過ぎ
銀山を0830に出たので、3時間以上かかっていることになります
今日一日を鳥海山で潰す気ではいたので、問題はないのですが、お腹が減ったので、二人ともカレーパンを購入
あとお守りも買いました
鳥海山=鳥海ですからね!
羽黒山は微妙だなぁ・・・と思ってたのは、羽黒は育ててなかったからです・・・(笑)
鳥海はケッコンしてますし、好きな艦です!
これからは鳥海が僕を守ってくれるでしょう・・・

鳥海山の景色を堪能した後は、遅い昼食を取るために、山形へ戻ることに
長い下りをふぁーっと下りて、高速道路へ向かいます
下りもいい景色でしたね・・・
途中一度車を止めて、景色を見たりしていました

使うのは日本海東北自動車道と、山形自動車道
対面通行の高速道路とは思えない道路で、制限速度は70km/hになっていました
・・・まぁ時間を短縮するにはうってつけですよね(笑)
車通りも少ないし、信号もないし

高速を降りたら、月山花笠ラインを走っていきます
しかしこの辺で僕の集中力にも限界が・・・
次第にラインが安定しなくなってきて、自分でも危なっかしいな・・・そろそろヤバいな・・・と思うようになってきました
そこで一度通り過ぎた道の駅にしかわへ引き返します
ここでいったん休憩を取り、ドライバーをラテに交代
お昼を食べる予定のいろは本店まで20kmを運転してもらいました

二日目からはラテがスマホで音楽をかけ始めてくれたので、僕もラテの運転中に音楽をかけることに
最初はEDMでいいかな~と思ったんですけど、アイマス曲の方が元気出ますね!
Flip Flopをかけて楽しく行きました

いろは本店も、一寸亭と同じく、肉そばが有名です
しかしお店が違えば味も違う!
いろははもっとインパクトがありました
汁はより濃いめで、肉の味も強く出てる気がします
個人的には一寸亭の方が好きかもしれません
家で肉そばを作ろうとすると、多分いろはに近い味になります
一寸亭のは難しそう・・・
でもどちらもとても美味しいです!

ちなみにラテは冷たいラーメンを注文しました
ちょっともらったのですが・・・めちゃくちゃ美味しいです!
ジャンル的には普通の醤油ラーメン?だと思うのですが、温かくない方が美味しいかもしれない・・・
いいですね冷やしラーメン
冷やし中華とは違うんですよ
冷たいラーメンですからね

しっかり食べたら、この日最後の目的地は、イオンモール天童!
地元民にはイモ天と呼ばれているそうです(笑)
ここではラテの次のデート用の私服を見繕います
最近、大学時代にゼミで一緒だった女の子といい感じらしく・・・
ふむ・・・いいじゃないの!!!(笑)

まずH&Mに行ってみますが、セール品はサイズが微妙・・・
ラテは陸上をやってたこともあってかなり細いので、細身なパンツが似合うのですが、細いのはストレッチ性がないと、脚の血が止まるかと思うくらい痛いんですよね・・・
なので隣のGUで、僕がいつも穿いているのと同じ、ストレッチスリムテーパードをお勧めしました
カラーはジーパンらしい色です(僕は黒しか穿いてません)
ラテにはサイズがぴったり合い、色も気に入った様子
かつ値段も非常に安かったので、喜んでくれているようでした
よかったです・・・
なんやかんや、自分の格好に自信が持てる服なら何でもいいと思うんですよね
好きな服を着て、デートを楽しんでほしいです

ここで時刻は1700!
レンタカー返却予定は1800!
ガソリンもまだ入れてない!
急いで山形駅まで戻ります!

途中のガソリンスタンドを検索しますが、一番近いガソリンスタンドはなんと閉店!(笑)
仕方なくルートを変更し、ラテの助手席ナビで迷わずENEOSに到着、満タンにすることができした
4000円くらいだったと思うから、130円で割って・・・30Lくらい?
走行距離は400~500くらいだと思うので、15km/Lは走ってるでしょうか
ちゃんと計算しとけばよかったな

レンタカーを返却後は、近くの北野水産という居酒屋で少しだけ飲みました
大ジョッキ100円引きという言葉に惹かれて大ジョッキを注文するも、かなりの大きさでしたね・・・(笑)
ラテは大好きだというホタルいか沖漬けを注文
あとは二人ともお刺身3点盛とざっぱ汁を飲みました
どれもすごくおいしかったです・・・
カツオは甘いしマグロはとろけるし・・・
沖漬けは初めて食べましたが、塩味がとても良く、お酒のおつまみとして最適ですね
美味しかったです!

飲みはわずか50分で切り上げ駅へ!
なぜこんなに急いでいるかというと、ラテが58分発の新庄行に乗って、イオ天ですそ直しをしたパンツを受け取るためです
これを逃すと、ラテの帰宅が10時過ぎになってしまいます
ということでダッシュで切符を購入し、慌ただしい中解散!(笑)
お疲れ!(笑)

一方、僕は新幹線の発車まであと30分あったので、お酒でぽわぽわした頭のまま、お土産屋へ・・・
彼女に何か買っていきたいなぁと思い、さくらんぼゼリーを買いました
渋いお土産でもよかったんですけどね
どういうのが好きなのか、次の土曜に聞いてみます

そして新幹線がやってきます
満席の電車の中、3時間かけて東京へ
さらにロマンスカーで帰宅です
新幹線ではまたお尻が痛くなりました(笑)
家に着いたのは0時
そこからLINEのアルバムに写真をアップし、インスタも更新して2時に寝ました


とても楽しい旅でした
願わくばもう一度・・・もう一度、金曜の夜から、同じ時間を過ごしたいです
今日は有給を取っていますが、明日からはまた仕事・・・

仕事が嫌、ってのもありますが、楽しい時間はなぜこんなに早く過ぎてしまうのだろう、ってのがとにかくつらいです
朝にラテと会って、気づいたら夜の銀山にいて、起きたら鳥海山にいて、今はもう家にいるような感覚
もっとね、道中は楽しいことがあったはずなんですよ
いやありました、絶対にあったんです
なのにその時間はもうどこかへ行ってしまって戻ってこない
こんなのってないでしょ・・・

昨日の夜は寂しくてなかなか寝付けませんでした
こんなこと今までありませんでした
僕は一人っ子ですし、一人で行動するのには慣れてます
むしろ一人の方が好きです
でも昨日だけは誰かと一緒にいたかった
二日間の思い出を分かち合える人と一緒にいたかったんです

誰かと行く旅行は好きです
大好きな誰かと、同じ時間や思い出を共有できる
何かを一人だけのものじゃなくて、二人で共有するだけで、それがものすごく大きくなるような気がするんです
一人だったらこんなに楽しくはなかったと思います
二人だったからこそ、楽しかったんだと思うんです

ラテは次は石川県に行きたいと言っていたので、そうなるかもしれません
ラテが東京に配属されたら、確実にそうなるでしょう
山形のままだと・・・次はどこになるのかな?
でも多分、どこに行ったって、楽しいですよ

今回の旅行に行く前の天気予報は、土日共に雨だったんです
だから僕はレンタカーを借りた直後に傘を買いました
でも一度も使いませんでした
霧は御釜を際立たせて、曇った空は山寺で日光から僕らを守ってくれて、雲は日曜日にはどこかへ行って、鳥海山からの景色を僕らに見せてくれました
天気だって僕らの味方だったんです

だからなんだって思うでしょう?
僕は運命を感じずにはいられないんですよ
天さえも、僕らの旅を見守ってくれている
きっと僕らの行く末も見守ってくれている
そんな気がするんです

旅をする度に、思い出ができて、別れがあって、取り戻せない時間があって
その度に僕は傷つくのかもしれません
帰りに音楽を聴いているときも、1万字の記憶を書いている今も、何度か泣きそうになっています
それでも旅を続けたいです
毎年、死ぬまで、死んだ後も旅をしたい
好きな人と、好きな場所へ、何度でも行きたい
今はそれだけが願いです

Counter

Profile

イオ

Author:イオ
二輪と四輪とEDMが大好き
愛車はSpecialized Tarmac
Twitter:io survolt

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter