最高にきついロードバイクトレーニング!

今日はお店のグループライドだと思って行ったら・・・
日付を間違えていました(笑)
ほんとは先週だったんですけど、先週は雨だったんですよね

で、なんとお店で一番速い人たちのトレーニングに参加させてもらうことに
・・・すごかったです

お店を出てからの平地では40km/hで走り続け、坂もかつてないスピードで上っていきます
頂上付近で置いて行かれ、下りで巻き返しましたが、その後も坂に入る度に遅れ、待っててもらう始末
それでもこっちは全力なんですよ!
なのにどんどん差が開く・・・置いて行かれる・・・
なんであんなに速いんだ(笑)

話を聞いてみると、ペダリングスキルらしいです
確かに見る限り、脚の太さが全然違うとかそんなことはないので、パワーに大きな違いはないように思います
体力があれば、僕だってついて行けますし
でも体力が無くなるのが僕の方が全然速い
そしてもう一つは、上りでの話です

上り坂では普通、ギアを落としますよね?
きつい坂を上がるには、重いギアでは疲れてしまいます
軽いギアを回した方が疲れないし、速い・・・はずなんです
僕は遅くなるんですよ
ギアを軽くすると、確かに楽にはなります
でも頑張ってトルクをかけてた方が、まだ前に進むんです
ギアを落とすと、パワーが一気にどこかに逃げてしまうような感覚がして、回しても回しても、全然追い付かないんです

ギア落とせばスピードが落ちるのは当然、とかいうのはわかってます
そういうんじゃないんですよ
もう全然パワーが伝わってない感じ
しかも余計に疲れる
坂が緩やかになってきても、スピードが上がらない、ギアも上げられない
まるで脚が勝手に出力を50%に制限してるようにさえ感じます

この感覚をなんとか説明したい・・・
もうね、意味が分からないんです
上り坂ではギアを落とした方が楽、その方が速い
そういう僕の中の常識が、今日で全部ぶち壊されたんです
もうどうしたらいいのか・・・
無理矢理にでもトルクをかけてゴリゴリ上った方がいいんでしょうか?
でもそれも疲れるしな・・・
疲れずに速く走る方法を知りたいです

と思って一緒に走ってた人にも聞いたんですけね
「それで、俺も知りたい(笑)」ってなりました(笑)
30歳のナイスガイですよー乗ってる自転車も超希少車でしたね

公務員のこととかも考えたかったんですけど、今日は脚を使い果たして、帰ってから4時間寝続けました(笑)
筋肉が増えてパワーは上がるでしょうが・・・
今後はそれ以上に、効率的なペダリングを考えながら走る必要があります
本で読んだんですが、自転車の機械的な効率と人間の動きの効率はイコールではないんです
クランクは真円運動をしますが、脚は円を描くのが苦手です
得意なのは上下動ですね
自転車で速く走るってことは、自分を機械に合わせる、ってことだと思います
車やバイクで人馬一体という言葉が使われますが、そんなのとは比べ物にならないほどに、自転車とシンクロしないと速く走れないんです

この辺も難しいところで、僕は今はアルミのカヨに乗っていますが、これがカーボンのターマックに変わると、また違うらしいのです
どう走ると速いか、が全然違うらしくて・・・
だから今年の冬は、ターマックのことをよく知る冬にしたいです
ターマックと完全に一つにならなければ、速く走ることはできない・・・
これから長い付き合いになります
彼女同様、じっくりやっていきたいですね

Counter

Profile

イオ

Author:イオ
二輪と四輪とEDMが大好き
愛車はSpecialized Tarmac
Twitter:io survolt

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter