サイクルモード!

サイクルモード・インターナショナルに行ってきました!
交通費と入場料合わせて3500円をペイできるほどは楽しめませんでしたが、それでも色々発見はありました

まずQringですね
これが今回で一番大きい発見かもしれません
すごく面白いです

真円クランクを楕円と比較できる固定ローラーが合って、それで試したんです
真円はいつも通りですが、楕円はどこか力が抜けます
力のかかるところとかからないところがはっきり分かれているんです

このおかげで、普通のクランクよりもケイデンスが上がります
普通のクランクだと、踏み込むところだけじゃなくて、全体が重いんです
Qringは踏み込むとこだけが重くて、それ以外が軽い不思議な感じ
でもそんな感覚はすぐに消えて、10秒も回せば違和感は消えます
普通のクランクと何が違うの?みたいな感じで回せます

そして僕のペダリングの特徴もわかりました
グラフだと右下がりになっているんです
これは踏み切っているということだそうです
身長が大きくてバイクが小さいからこうなってる、とは言われましたが、それだけではないと思います
僕は前傾姿勢が好きな方なので、脚を上げる余裕がないんです
だから自然と踏み切ってしまう
競輪選手とは比べないで・・・(笑)

Qringは踏み切ってしまう僕にはとても有効です
踏み切っているから、力の入らない部分で回さないといけない力が大きい?んですよ
言ってることがよくわからないんですが、僕のペダリングで多く発生する無駄を、Qringが打ち消してくれるんです
普通の人よりQringを使うメリットは大きいと思います

あとはバイクについて
まずきCanyon Aeroadですね
乗ったのはMサイズ、明らかに小さいです(笑)
サドルはほぼ最高まで上げてもらいました

エアロードはエアロロードとは思えないほど軽いです
実際、他に乗ったどのバイクより軽かった
あれでエアロとは恐れ入る・・・
乗った感じは普通のバイクです
エアロだから何とか、とかはない
でも進みやすい感じはします
スッと前に出るような感じ
とても走りやすかったです

あともう一台は、Factor One S
ファクターはAG2Rが使ってたバイクですね
これは一体感がすごかった
サイズ54ですが、エアロードと同じく、シートポストを最高の位置にして乗れました

ダンシングがすごく楽しいんですよ
ひょいひょい左右に振れる
バイクの全てが一体になっているかのような感覚!
ダンシングがあんなに楽しいと思ったのは初めてです
普段だと苦痛なのに・・・
あの一体感は最高でした

この二台が印象的でしたね・・・
と言っても、他に試乗したのは、コーダブルームとカンパニョーロくらい
コーダーブルームは普通のロードバイクだったし、カンパのディスクブレーキはいまいちだった
そもそもEPSが好きになれなかった・・・
他を試乗しなかったのは、まずスペシャは試乗を餌にしてRetülのデータ集めをやってたから
1時間待ちとか、普通に並ぶだけでそんなにかかるわけないじゃん・・・
レトゥールやってるから時間かかるんですよ
あとピナレロは激混みだったので普通にスルーしました

バイク以外だとヘルメットも見れましたね
Kaskのインフィニティのスライド機構が驚きの安っぽさだった(笑)
GiroはCinderでもいいかと思っていましたが、Syntheと比べると差が大き過ぎて愕然とします
Synthe以外にありえない・・・
METはTrentaという、マンタより上のモデルを出していました
あれはエアロっぽい後ろ姿だけど、穴の数は明らかにエアロじゃない・・・
どうなってんだ(笑)

結局、ラテにお勧めしたいバイクは全然見れなかったんですよ
キャノンデールもコルナゴもフォーカスもいなかったしね
スペシャだってターマックのボトムグレードなんて置いてませんでした
RED HOOKのフレームと、S-worksヴェンジ・ターマックとかで6台くらいです

サイクルモードは思ってたよりもずっと小規模です
各ブースにはバイクが10台~20台は展示されてるものだと思ってたし
試乗車だってもっと豊富なサイズがあると思っていました
でも実際は、キャニオンでさえ10台には届かず
試乗車は大きくてもL/56まで
58なんてどこにもありません
まぁ54でも乗れることが分かったのは大きいですけどね

そんな感じでした・・・
来年はいかないかな・・・
結局ロードバイクって乗るのが楽しいんですよね
飾ってるのを見たって面白くない
自分に合ったサイズのバイクで爆走できるのが一番です