富士川シクロクロス!

富士川シクロクロスに参加してきました!
道の駅富士川で開催されるシクロクロスレースです!

僕はシクロクロスバイクを持ってないので、クロスカントリー用MTBのChiselで参戦
29erのあまりのデカさに車に積み込むのが大変でしたよ・・・
ホイールはスルーアクスルなんですけど、クイックレリーズじゃないのでいちいちレンチが必要
油圧ディスクブレーキなのでスペーサーは必須、これを自転車グッズ置き場から掘り出すのが大変でした
サドルは相変わらず天を突いてるし、ホイールもバカでかいしタイヤ幅も2.3もあるのでもうすべてがデカい
フィットになんとか収まりましたが、その代償としてバーエンドキャップを失いました・・・
どこ行ったんだろ・・・

レースはソロの一番下のクラスとチームエンデューロにエントリー
チームはお店の方々と4人で走ることになりました

とりあえず試走してみると、思ったより・・・というかかなりきつい(笑)
細かい切り返しが多いし、途中の坂はものすごく短くてものすごく急、逆バンクでヌルヌルのコーナーなど・・・
休めるポイントがどこにもないんです
ロードレースなら下りとかで一息付けますが、そういうの全くなし!
スタートからゴールまでの30分間、全開で走り続けるレースです!

で、試走後すぐにソロがスタート!
スタートでの位置取りが非常に重要なのでみんなスプリントします
MTBはハンドル幅の関係で自動的に最後尾なので、ここで少しでも順位を上げたい・・・!と思って僕もスプリントし、中盤以上まで食い込むことができました

そこからは大渋滞です
切り返しの連続では前の人のリアタイヤと自分のフロントタイヤが接触するくらいまで接近しますし、後ろからもせっつかれまくります
コース幅が狭いので、ロードレースで言えば集団が縦に伸びまくってる状態
しかも抜けるポイントはないので、みんな多少なりとも強引な抜き方にはなりますね
観戦してた時はぶつかってコースからはじき出されてる人とかもいましたし

そんな中でもとりあえず一つずつ順位を上げていこうと重い、太いタイヤを活かしてコーナーを攻めます
特に高速コーナーではMTBの方が速いですね
あと登りも結構速いし、下りの勢いもある
全部Chiselのおかげです(笑)

3,4周は調子が良かったんですが、5周目がきつかった・・・
あ、ペース落ちてる、ってのが自分でもよくわかりましたし、後ろから追い付かれる恐怖を感じつつ走ってました
6周目にしてついに一人に抜かれてしまったり
最後のストレート前の障害物でなぁ・・・前に出れれば勝てたかもしれなかったのに・・・
ロードレースと違ってスリップストリームとかはあまり関係ないので、前にいた方が有利な場面が多いんですね

初シクロで体力を使い果たしたら、ご飯を食べて半分寝てる状態で休憩し、午後のチームエンデューロに向かいます
走順は僕が最初
1人2周の作戦だったので、最初からかなり飛ばしていきます!

それでもソロのときほどの勢いは出ず・・・
ソロの4周目~5周目の状態でしたね
順位は見てないのでわからないんですけど、そんなに悪くないといいなぁ・・・
全員が走り切ってもまだ時間が余ったので、さらに1人1周を追加!
今度はさらに全力を出し切るつもりで行きました
でも終わってみるともうちょい行けたんじゃないか・・・みたいな反省ばっかりですね
あの上りで・・・とかあの直線で・・・とか

シクロクロスのレースは初めてでしたが、めちゃくちゃ楽しいですね
きっついですけど楽しいです
こうなってくるとマウンテンバイクのレースも楽しみすぎる・・・
はよXCのレースにも出たいですね