Chiselをもっと活用するべき?

ちょっと思ったことが・・・
XCレース用として購入したChiselですが、もっと活用するべきかもしれません
活用ってのは、XC以外の用途で使うってことです

そもそも日本のXCレースは関東圏ではあまり行われておらず、東京に住み東京に勤務する自分には参加すること自体のハードルがかなり高いです
例えば19年であれば参加できそうなのは前橋、富士見
頑張っても白馬とか妙高・・・東京から車で3時間以上ですよ?
熊本、滋賀、愛媛、秋田なんて論外です
プロじゃないのにたった1時間程度のレースのために片道3時間もかけて移動したくない
日曜の翌日は月曜、月曜は普通に仕事なんですよ?(笑)

つまりChiselの実戦参加は1年を通して多くても2~3回しかないことになります
あとは野田で開催されるXCレースが毎年あったりとかマジでそんなもんしかありません
未舗装かつ急なアップダウンを有する山道が必要な以上、地方開催になるのは理解できますが・・・
あまりにも全国規模過ぎてビギナーにはハードルが高すぎます

ChiselはXC用であることを除いたとしても優秀なMTBです
出番が少なすぎるのはあまりにも不憫というかもったいない・・・
だったら!Stumpjumperが欲しいとか言ってないでChiselでトレイルもパークも走ればいいんです!
Chiselでふじてんとか富士見に行って一日中乗り回せれば絶対に楽しい!
さらに、誘われる可能性のあるシクロクロスレースもChiselで出ればいいんです
前回は実際そうしましたし

トレイルやパークに行くなら欲しいのはドロッパーポストです
RockshoxのReverbが5万円と安くない代物ではありますが・・・
これがあればサドルをサッと下げることが可能になり、より多用途性が増します
いずれは120mmのフォークを入れるのもありかもしれませんね

うん、それが良さそうだな・・・
レースに出ると決めたはいいものの、出れるレースが実際はほとんどないことに気づいてしまったのjは悲しいですけど(笑)
だったら最初からフルサスのトレイルバイク買った方が良かったんじゃないか(笑)