テラが気になる

オルベアのテラが微妙に気になっています
オルベアはポディウムが扱わないとか言い出したので今後が不安ですね・・・どうなるのやら

テラは流行りのグラベルロードの一つですが、個人的には結構走りに振ってるイメージがあります
Renegadeはかなり幅が広く、Topstoneは結構グラベル寄り、Divergeは舗装路寄りなイメージで、テラはどっちかというとDivergeに近いような気が勝手にしています

何で気になってるかっていうと、シクロクロス出たいなぁと思ったときに、シクロクロスバイクって非常に少ないんですよね
スペシャのCRUXはかっこいいですがグレードが選べないに等しく、SuperXは色がイマイチすぎる
世界チャンピオンはスティーブンスってメーカーを使ってるそうですが日本には入ってない
キャニオンは無理
CRUXでも全然いいんですけど、サイズが56で大丈夫か心配ではあります

で、重要なのはジオメトリーです
おっとり系じゃレースに向いてないかもしれない
テラのジオメトリーってどんなもんなんだろ、って思ったんですよ

CRUXの58とテラのLサイズを比較すると・・・
テラの方がトップチューブが少し短く、ヘッドが長い
要は楽なポジションってことですね
ヘッド角もテラの方が少ない・・・
こいつはもったり系なのではないか・・・(笑)

はい、やっぱり系統が違うのかもです・・・
グラベルロードはシクロクロスじゃないってことを理解しないとダメですね・・・
CRUXの20年度カラーはどんなだろうなぁ
今年のピンク悪くないと思うからあの流れでド派手な色になって欲しいなぁ