状況を整理しよう

BBの話をしてましたが、そもそも目的は何だったかを思い出さないといけないですね
脱線してる気がします

最終的な目的は、クランクをSram Apex1かRival1の175mm、42Tに交換することです
20年式CRUX標準装備のプラクシスワークス・ザヤンテはいいクランクではありますが、172.5mmと40Tというのが納得できません
僕が持ってる自転車は全て175mmのクランクがついてるので、ここで短いのにしたくないんです

で、Sramのクランクにしようとなると、BBの規格が問題になってきます
標準装備のBBはプラクシスワークスM30というもので、ザヤンテを始めとするプラクシスワークスのクランクの独自規格で、それ以外のクランクは使用できません
つまりBBから変える必要があります

Sramのクランク側的にはどんなBBに対応してるのか、っていうとBB30かGXPです
この二種類のいずれかにする必要がありますが、BB30は悪名高すぎるので、可能ならGXPにしたいです
BB30はベアリングをそのままフレーム側に圧入しているため、ベアリングは露出しているも同然の状態・・・雨の日の練習も視野に入れてCRUX買おうとしてるのにそんなBB使えるか!

はい、GXPのSramクランクを使いたい!
となるとフレーム側のBB規格をGXPにコンバートするアダプターが必要になります
ここで問題になるのが、そもそもCRUXのフレームのBB規格ってOSBBなの?BB30なの?って話です
OSBBであればSram純正のBBが使えますが、BB30の場合はプラクシスのコンバージョンBBを使うことになります
これについて悩んでたんです

さらに調べてると、海外のサイトである情報を見かけました
OSBBにはどうも三種類あるっぽいです
・カーボンフレームむき出しの 61x46 mmのOSBB
・アルミ製インサート付きカーボンフレームの68x42 mmのOSBB=BB30と同じ規格に調整されてる
・アルミフレームのOSBBという名のBB30
この三つです

で、どうも最近はアルミ製インサート付きのOSBB、要はBB30と同じ規格になっているらしいっぽい
このアルミ製インサート的な何かが本当についているのか、ついてたとしたら外れるのかが気になるところですね
外れさえすればSramのプレスフィットGXPでケリがつくんですよ
これが完全に接着されてて取れないとか、もうBB30ですね状態だと、プラクシスワークスのお高いコンバージョンBBを買わざるを得なくなる
フレーム側がどうなってんの、ってのが問題なんです

もしフレーム側をOSBBとして使えるのなら、PRESSFIT GXP Team Specialized OSBBが使えるので、BBは5220円で済みます
BB30から変えられないのなら、コンバージョンBB BB30/PF30 SRAM GXPを8500円で買わないといけません
もうスペシャに問い合わせてみようかな・・・どうなってんすかBBの規格・・・