ウィッシュボーンのBBを使う!

CRUXのOSBBに突っ込むアダプターですが、ウィッシュボーンを使うことになります
ウィッシュボーンでOSBBをGXPに変換し、そこにSRAMのクランクを入れる流れです

お店の人に、「クランクが気に入らない、あとBB30は良い評判を聞かないので何とかしたい」と相談したとこと、ちょっと高いけどウィッシュボーンのBBを入れるのかはと教えていただきました
実物もちょうどあったので見せていただけました
OSBBをシマノかスラムに変換するBBです

ウィッシュボーンがいいのは、ただ圧入するだけでなく、BB自身がネジでくっつくところです
普通の圧入系BBはとにかくフレームにベアリングなりカップなりをぶっこむだけで、固定はそのぶっこみで行われているようなもの
フレームにぎゅうぎゅうと異物を押し込んでいるので、デカい力が加わればフレームにも影響が出るし、外すときもガンガンやらないと外れないわけです
お店の方も、この作業はできれば何度もやりたくはない、と言っていたので、やっぱナーバスなものなんだと思います

ウィッシュボーンはBB自身が左右からネジで締めこんで固定されるので、フレームに押し込んであるだけではありません
また、プラスチック製ではないため、BB自体に強度や剛性もあると考えられます

あとすごいのはその精度!
ねじ切りの精度が極めて高く、回してみると隙間がほとんどないネジを回してるような感じです
締め上げた後の左右の段差もほぼなし
この精度はかなりのものだそうで、後発で似たようなものが出ている中でも、一番と言っていいレベルとのことでした

まぁ・・・値は張ります
定価1.8万円、税込みで約2万円です
実はセラミックベアリングなんですよね
妙に高いと思ったらそれか・・・(笑)
でもこの超精度なら2万は妥当ですね

あとはクランクに何を合わせるか・・・
これもちょっと変わったので別に書きます!