スキンウォールはチューブレス非対応だった・・・

Chiselにスキンウォールを履かせたいと何度も言っていましたが、衝撃の事実が・・・
スキンウォールはチューブレスにできないのです・・・

アーデントの29インチのスキンウォールはチューブレスでもEXOでもないという、ただのタイヤなんです
シングルコンパウンドだし、Maxxisのテクノロジーが何一つない・・・(笑)
ひどいタイヤだ(笑)

タイヤは考え直しです
色じゃなくて性能で真面目に考えないと

Chiselは標準で2.3インチを履いていますが、クリアランス的にはもう少し太くても入ります
多分2.4か・・・2.5だと実用面で厳しいかも
プラス規格じゃないし
MaxxisではアーデントとミニオンDHFが候補になりますね
DHFはどうもダウンヒル・フロント用の略のようで、DHRというモデルが隣にあります

ただDHFは一応ダウンヒル用なのでやり過ぎ感がすごい
地元のトレイルやエンデューロレースを狙うならアーデントでいいかなぁ感はありますね
ミニオンちょっと高いし

まぁまずは今履いてるFAST TRAKで走りましょう
タイヤよりもドロッパーの方が優先度高いし
明後日あたり乗ろうかなぁ
見ると乗りたくなっちゃいますね(笑)