一人で横浜!

一人で横浜に行ってきました!
まずお目当ては、紅綿の月餅と焼売!
豆沙大月餅を2つ、自家製海老シュウマイを1つで2140円です
月餅は一つは元カノにあげます
美味しく食べてくれるといいな

その後華正樓に寄り、小月餅を購入!
240円くらいの月餅ですが、そんなに小さくありません
店員さんの態度が悪かったですが・・・(笑)

実はこの時点で致命的なミスをしていました
甘いあんこを油で練ったお菓子である月餅に合わせるならお茶がベストなのに、何を血迷ったのか目新しさに惹かれてコカコーラ・ライフを買ってしまったのです!
甘いお菓子に甘い飲み物合わせてどうすんだ・・・

それに気づくも捨てるのはもったいないので、チョビチョビ飲みつつ山下公園へ
DSCF0657.jpg
桜が咲いていました
みんな写真を撮っていましたね
DSCF0663.jpg
やはり横浜は一番好きな場所です
何というか・・・洗練され過ぎていない感じで、相模原などという田舎出身の僕にはすごく丁度いい感じなんです
東京はどうにも好きになれません
スカイツリーがある辺りとかは面白そうですが、高級なエリアはまだ息がつまりそうです
僕がまだそのレベルに達してないってことですね
いつか必ずそのレベルになって見せます
DSCF0672.jpg
山下公園をまっすぐ歩き、去年の夏に友達と訪れた大桟橋へ
ここも相変わらずいいところです
陰のベンチに座って華正樓の月餅をもぐもぐしていました

さらに歩いて日産グローバルギャラリーへ向かいます
中華街は石川町、日産は横浜駅にあるので、結構歩くんです
DSCF0693.jpg
なんとR390が!
98年のルマンで3位に入ったR390 GT1です
3.5Lツインターボエンジンから650馬力以上を発揮します
車重は1トンくらいしかないので、スペックからもその性能が伺い知れますね
さすがはGT1マシンです

またこのR390、走り終わってから手入れをされていないようで、結構汚れています
それがまたかっこいいです
サイドエギゾーストになっている排気口の後ろの部分なんか真っ黒です
レースで戦ってた証を感じます

他にもいろいろあったので触ってきました
GT-Rは相変わらずいい車です
スーパーカーなのに室内は広く、乗りやすいです
新型スカイラインは・・・普通の車
高級感はありますが、普通のスポーツセダンって感じです
一番楽しそうなのはフェアレディZニスモ
シートが低く、マニュアル車なのでスポーツカーだ!って感じがします

そして!そういえばこの間来た時、試乗しない?って声かけられたけど19歳で試乗できなかったよな・・・と思い出し、20歳になったので試乗してみることに!
ちょうど外にGT-Rがあったので、GT-Rに乗れるのかな?と思うと、GT-Rは35歳以上とのこと・・・
保険料がバカにならないそうです
そこでリーフ NISMOパフォーマンスパッケージに試乗することにしました
GT-Rかこれかの二択です

電気自動車の運転は初めて
乗り込んでエンジンスタートボタンを押すと、メーターが付きます
それだけで何も音はしません
シフトをDにしてサイドブレーキを解除すれば、普通の車と同じようにゆっくりと前に出ます

NISMOパフォーマンスパッケージ装着車にはエアロパーツ、硬いサス、薄いタイヤ、そしてスポーツ仕様のコンピューターがセットになっています
これによりD以外の走行モードとしてBが追加されています
Bモードは加速が速くなり、アクセルオフ時の回生ブレーキも強くなっているとのこと

まずはDモードで走行
アクセルはめちゃくちゃ軽いです
豆を踏み潰すのよりも弱い力で踏み込めます
ブレーキは普通の重さですが、踏んだ感じはディスクを挟んで止まっているという感じがしません
回生ブレーキの力でしょうか

途中で走行中にBモードに切り替えてみました
すると走りが激変!
Bモードにした途端、グンッ!と車が加速します!
音がしないので本当にグンッ!だけです
回生ブレーキもかなり強くなり、普通のAT車並みにエンブレが効きます

コーナーにも少し速いスピードで入ってみました
パフォーマンスパッケージのサスペンションとタイヤのおかげか、姿勢はフラットで安定しています
我が家のシエンタのようなロールは感じさせず、コーナーを脱出したらアクセルを踏んでグンッ!と加速!
楽しいです!

直線でのフル加速にも挑戦しました
信号が青になると同時にBモードでアクセル全開!
体がシートにたたきつけられるような加速ではないですが、いつの間にか3桁に近いスピードになります
スピードを出しても怖くない、電気自動車特有の感覚らしいです
音がしないからか・・・

さて、総合的な感想として・・・
リーフはすごく楽しいです
Bモードでの加速はまさにInstant!
アクセルを踏んでからの「間」がまったくありません
これが電気の力でしょうか

コーナリング性能も高いので、パワフルなモーターと相まって峠を走るのも絶対に楽しいでしょう
音がしないとやだ、という人もいるでしょうが、確実に無音の方がドライブに集中できます
何より無駄な緊張感がないので、より速く走れている感じがします

慢性的な問題として航続距離が短いことを除けば、現在のコンパクトカーの中で一番「買い」です
これは素晴らしいですよ・・・
全く音がしない、乗り心地がいい、電気だから燃料費が安い、しかも速い
Dモードでダラダラ走ることも、Bモードできびきび走ることもできます
ちなみに理論上はBモードの方が電費がいいそうです
リーフユーザーの方、急加速・急ブレーキできびきびした運転をしましょう(笑)

試乗したせいでものすごくリーフが欲しくなりました
普段の買い物~ちょっとそこら辺をドライブくらいまでならカバーできます
あとはロードスターを一台(笑)

コメント

非公開コメント

Counter

Profile

イオ

Author:イオ
二輪と四輪とEDMが大好き
愛車はFOCUS CAYOとNinja1000
Twitter:io survolt

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twitter