自分のこと

今日は久々に大学に行きました
正直に言って、楽しくなかったです

大学に友達はいます
でも全然楽しくないんです
息がつまりそうでした

そのせいか、大学の後のバイトは絶好調でした
今までにない仕事量をこなすことができましたし、初めて人から真剣に悩みを打ち明けられ、それに応えることができました
悩みに100%向き合えてはいませんでしたが・・・相談してくれたことが嬉しかったです

さて、何で大学は楽しくなくて、バイトは楽しかったのかを考えてみました
自分で考えた答えは「自分を出せるかどうか」です

大学の友達は・・・申し訳ないですが本音をぶつけられる友達ではないです
そこまで彼ら/彼女らのことを信用できてないですし、向こうが信頼してくれているとも思いません
そのため僕は自分を全開にしないようにしているんです
ずっとすまし顔で他の人の話に合わせていましたが、苦痛でした
早く帰りたい、とずっと思っていました

あと彼女のこともあります
いや未練とかではないんですけど
すごく素っ気ないです
僕は、お互いの体まで知った上で今は友達なんだから彼女にはもっと頼ってほしい、なんでも相談してほしい、と思うのですが、彼女側からそれを拒否されている感じがします
彼女はきっと僕に本心を見せてはくれません
僕にとって彼女は何者なんでしょうね
また彼女にとって僕は何なんでしょうか

とりあえず、自分を出せる仕事に就きたいな、と思いました
自分の思ったことを素直に言える場所、やりたいことをやれる場所が欲しいです
大学はあまりにも窮屈で、バイト先も開放的ではないです
別れた彼女との間には壁があるし、友達に相談してもわかってもらえません
最近の相談相手はもっぱら母親です

もう言いたいことがいっぱいあってたまらなくなる時があります
例えば今日だってそうです

後輩たちにゼミの説明をするとゼミ長に呼びかけられたので手伝いに行くと、他の奴らもいました
そいつらは「イオには任せられない」と言いました
お前らが真面目に授業受けてるとこ見たことないんだけど?
それで?俺に任せられない?バカにしてんのか?
説明を聞いていても下っ手くそだなぁ、と思いました
ゼミの雰囲気などの説明ではなく、ゼミでどういう研究をするのか、それが将来どんな形で役に立つかを語ってあげるべきなのに・・・

また、そういう連中なのに無駄にゼミに愛を感じるところも嫌いです
僕は帰属意識が薄いので尚更そう思うのかもしれません
小学校にも中学校にも高校にも未練はないし、友達もごく少数です
自分の出身地に思い入れもないですし、自分の家庭・家族以外に僕の還る場所はないです

なのに最近の連中はやれクラス会だの打ち上げだの同窓会だのと事あるごとにイベントをやりたがります
訳がわかりません
お前らそんなに思い入れがあるのか
俺にはお前らのその強すぎる帰属心が全然わかんねえよ
そんなに地元好きなら地元に帰れ

あと・・・いやこれ以上はやめよう
とにかく、こういう風に自分の考えを表に出せる場所が欲しいです
普段だって表に出してないわけじゃない、というか裏が作れないんですが、100%出せてはないんです
100%出せればどんなに楽しい事か・・・どんな新しい道が開けることか・・・

でも誰も聞いてはくれないんです
僕は聞いてあげてもいいのに
そう言ってるのに
誰も話してくれないんです
僕はオープンに接してるつもりなのに、誰もオープンになってくれないんです

なんでだよ・・・
みーんなオープンになれば、もっと楽しく生きられるのに・・・


湿っぽくなった(笑)
こういう話をすると自分がナルシストになったみたいで嫌いです
自分を見つめる=ナルシストみたいな考えがあるんでしょうね

明日はバイクに乗って桜の写真を取りに行こうと思います
どこ行こうかな

あー自分を出せるバイクが欲しい
つまり今ならストトリ85が欲しい(笑)
バイクとか車も自己表現の手段だと思います
何に乗ってるかで大体その人がわかるじゃないですか
明後日試乗しに行っちゃおうかな・・・(笑)

でも色も問題だよな
今だと黒赤白がある
黒は僕のメインカラーだけど、バイクまでそれにするのはちょっと・・・
白も好きだけど、天使過ぎる感じ
赤は苛烈で好きだけど、ストトリには白が似合う・・・
まだ買えないのに何を迷ってるんだ(笑)


よし!もう少し考えをまとめて、自分のやりたいことを見つけよう!
自分を出せる場所でなら、どんな仕事でだって輝ける!!!

コメント

非公開コメント

Counter

Profile

イオ

Author:イオ
二輪と四輪とEDMが大好き
愛車はSpecialized Tarmac
Twitter:io survolt

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter