今日は良くない日

後輩の体育祭を見に行ってみました
高校のあの雰囲気はいいですね
青春の匂いがします
速く走れるだけでモテるとか謎現象もあったな
なんか一つ一つのイベントにやたら熱くなれて、友達と一緒に喜びを分かち合える素晴らしい時代を思い出しました

でも後輩とは会えず(笑)
生徒がいる場所まで一般人は立ち入れないんです
目立つように突っ立ってましたが、気づいてもらえなかったかな
今度聞いてみよう

その後は大学のゼミへ
友達がほとんどいないので、独りぼっち状態です
そんな時はイヤホンが大活躍
外界との接続をシャットダウンして、自分の世界に閉じこもれます

自分の心の中にある世界、宇宙は美しいものです
夢や希望が詰まっています
宇宙は無限に広がり、夢は無数にあり、それらは現実の世界では到底実現できません
儚くとも永遠に心の中に宿る宇宙に身を委ね、イヤホンから流れてくる音楽に耳を傾けるのです

ゼミ後は飲み会
案の定僕の口数は少なかったですが、なんだか苦ではありませんでした
それなりに頑張って話せましたし
集団との会話は苦手です
話すなら一対一の方がその人だけに集中できます
多くの人に話すのは、自分の話を聞いてほしいときだけです

でも僕の居場所ではないことをひしひしと感じていました
男は別に仲がすごくいいわけではないし、女なんか話したこともない人がたくさん
僕以外でみんな会話をしていて、輪に入るのが大変です
それにみんな話が上手で、ところどころで笑い声が起きます
何の話か分からない僕には混ざる術はありません

話を聞いて、その波に乗ればいいのはわかっています
でも前と違って乗り切れないんです
なんだか違う人格になってしまったのかと思うほど、内向きの力が働きます
会話を楽しめないんです
みんなの笑い声が雑音にしか聞こえないんです

でも好きなことについてはたくさん話すことができました
それはとてもうれしかったです

帰宅途中にメールをチェックすると、バイト先からお怒りのメールが来ていました
僕は最初から怒られてばかりです

僕は自分が強すぎるんです
何をしても自分を出さずにはいられない
そうならないためには塞ぎ込んで一切何も話さないこと
存在感を消し、存在を悟られず、空気のように漂い、流れに従うこと

そうしなければ自分が顔を出します
「僕を見て!」「僕を知って!」と叫びます
その結果物事に失敗したり、人に嫌われたり
でも自分を出したいんです
認めてほしい・・・んだと思います

でも・・・それで怒られたり、嫌われたりするなら仕方ありません
目に光を灯さず、淡々と、何も思わず、何も感じず、行動するように努めるしかありません
光が点れば爛々と、何か思い感じれば燃えるように、自分が生き生きとし始めます
死んだように仕事をするしかないんです

感情を捨て切り、機械になりきること
それが今のバイトでは僕に求められています
本当はそうではないのでしょうが、僕の欠点を潰すにはそれしかないのです
敷かれたレールの上を走るには、自分を殺して車輪に変えないと

あぁ・・・なんでこんあことしなきゃいけないんだろう・・・
自分を解き放ちたい・・・
束縛されることなく、自分を全開にできる場所が欲しい・・・
今の世界は狭すぎる・・・

コメント

非公開コメント

Counter

Profile

イオ

Author:イオ
二輪と四輪とEDMが大好き
愛車はFOCUS CAYOとNinja1000
Twitter:io survolt

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twitter