2日・3日の自転車旅行

今年も自転車旅行に行こうと思い、行先を色々と考えているのですが、まとまりません・・・
条件は、
・1万円以内で宿泊
・田舎
・温泉のあるそこそこいいホテル
と言ったところ
田舎に行きたいというのは友達の要望で、温泉に行きたいのは僕です
まぁ温泉って大体田舎にあるのでいいのですが、町田から行ける温泉地というと結構限られます

まず群馬方面は却下
今年の夏にすでに友達が行ってしまっているためです
他の観光地も調べました
三浦半島・丹沢・相模湖・高尾・青梅・奥多摩・飯能・川越etc・・・
しかしどこも日帰りで行ける上に、観光地としてはいまいち・・・
結局神奈川県民が行ける観光地というと絞られます
箱根か江の島です

車が使えれば行動範囲がかなり広くなるのですが、友達はただいま絶賛免許取得中
まだ車の運転ができません
免許取ったらどこか行こう、とは話していますが、今は自転車を使うほかないのです
電車でいいじゃん!と思われるかもしれませんが、自転車がいいんです・・・

江の島は去年行ったので無し
となると箱根なのですが、ホテルがどこも高い!
個人的な推測ですが、箱根は東京からでも小田急で楽に行ける場所にある、近郊では最も大きな温泉地です
そのため箱根湯本駅周辺には比較的高級なホテルが集まり、価格が少し高いのだと思います
1万円以内で泊まれるいいホテルはなさそうでした・・・

いやあるっちゃあるんです
でも場所が箱根湯本駅周辺ではないんです
前回の旅行で思い知りましたが、自転車にとって坂は距離以上に辛いです
そして箱根と言えば登りの山道だらけ・・・
無理です登れません(笑)

湯本駅周辺で泊まれるホテルは最低でも1.2万円
それでも最低クラスのプランなので、当然充実度は低いです
どうせ自転車でボロボロになって行くんだから、ホテルはいいところに泊まりたい・・・というのが僕の思いです
かといって1万円以上かかると、1泊なのに前回の江の島旅行(2泊)を上回ってしまう
それは避けたい!

ということでまたもや頼ってしまいたい伊東園ホテル!
いやほんとに安くて助かります・・・
その中でも気になっているのがアタミシーズンホテル
箱根じゃなくて熱海です
箱根と熱海の位置関係はこんなですね
キャプチャ
湯河原にも伊東園があったのでマークしました
アタミシーズンホテルは伊東園グループにしては珍しく、宿泊には1万円かかります
しかしその分他のグループホテルよりもいい感じ・・・

箱根の伊東園ホテルはお風呂が沸かれていたし狭かったのでいまいちでしたが、ここはそういうことはなさそうです
お部屋の写真もちょっぴり高級感が漂いますし、少し方向性を変えたホテルなのでしょう
夕食も創作ビュッフェですし

問題はその距離
過去の記事を見直すと、僕と友人は前回の江の島旅行で一日50kmの走行に成功しています
しかもその時は道を間違えたり、アップダウンの多い三浦半島の根元を通ったり、横浜では海沿いをだらだら散歩して、中華街で適当にご飯食べたりでした
今回もし熱海まで行くとすると、その距離は車で76km、徒歩で71km
少し寄り道すると考えて、走行距離は80km程です

この距離に友達は難色を示しています・・・
その説得を今してるんですが、80kmというと自転車で走行する距離としては決して長いほうではないんです
ロードバイクなら一日100km~200km走ることはざらですし、人によっては500km走って大阪まで行っちゃう人もいます
僕らは二人ともクロスバイクですがそれなりに速いほうですし、平均時速20kmとしてもわずか4時間で着いてしまうのです
どうマージンを取っても6時間で熱海に着きます
朝8時に出ても、午後2時には熱海について、ゆっくり観光をしてからホテルに行けるわけです
素晴らしい!

確かに体力には不安がありますね
特に帰りは大変かもしれません
行きは下りが中心ですが、帰りはその代り登りになりますし

でも僕としては熱海推しです
海沿いをずっと走れますし、真鶴半島にも行きたいです
距離は長いけど、その分冒険も多い気がします

ま、よく話し合って決めますよ
あいつが車に乗れるようになったら長野でも新潟でもどこでも行きましょう
その前にバイクで箱根行かないと(笑)

コメント

非公開コメント

Counter

Profile

イオ

Author:イオ
二輪と四輪とEDMが大好き
愛車はSpecialized Tarmac
Twitter:io survolt

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter