真鶴・熱海旅行!

熱海から帰ってきました!
今回の旅行は去年江の島まで自転車で行った友人と!
今年の夏の最高の思い出になりました!

タイトルが真鶴・熱海になっているのは、実は最初は熱海メインのつもりだったのに、結果的には真鶴8:熱海2くらいの割合になったからです(笑)
それに自転車も使っていません
電車とバスと徒歩です(笑)

最初は自転車で行くつもりでした
しかし2日の朝!天気は雨!
友達がうちに来た時には傘をさしていないとダメなレベル!
予報では晴れるとのことだったので僕は強硬に自転車で行くことを主張しましたが、雨は強くなる一方だったので諦めました・・・
強めの雨の中、傘もささずに駅まで行きました

個人的には自転車で行けなかったことは、その時はかなり残念でした
自転車で行くつもりでしたから、整備もして掃除もして、準備万端でしたからね
80km走るのに燃えていました
振り返ると雨がその炎をうまく消してくれたと思います
おかげで楽しい旅になりました

小田急ではロマンスカーを利用
はこね11号で小田原へ向かいます
平日10時発のロマンスカーはガラガラで、非常に快適に移動ができました
静かだし振動も少ないし速いですしね
小田原からは東海道線を利用し、真鶴まで行きました

で、なんで熱海行こうとしてたのに真鶴に行ってるんだというと、僕が行きたいと言ったからです(笑)
キャプチャ真鶴はご覧の通り、神奈川県でも数少ない「飛び出た」場所です
まぁ要するに半島なんですけど・・・
先っちょを目指したくなったのです(笑)
真鶴半島の先には名勝・三ツ石という場所があり、それが何かも気になっていました

ということで真鶴で途中下車!
時間は11時近くだったので、お昼ご飯を食べる場所を探しつつ歩きます
すると駅の近くで早速いい店を発見!
でもまだ色々あるだろうと考えて歩き続けることにしました

ルートはこんな感じ
キャプチャ2地味に3~4kmあります
坂を下り、途中でいい感じの階段を見つけて大通り(?)から逸れ、細い道へ
まぁ下ってれば海に着くだろ!という考えで辿りついたのが、真鶴港です
DSCF1757.jpg静かな港ですね
人もほとんどいませんでした
その割に車は意外といます(笑)
さらに歩くと道端に怪しい神社?を発見
DSCF1762.jpg
お参りしようとしましたが、クモの巣が多過ぎて断念しました
向かいの綺麗な建物でお昼ご飯にしようかと思いましたが、価格が2000円近かったので断念・・・
先に進みます
すると今度は別の神社が!
貴船神社というところです
写真を撮り忘れたのですが、下から見ると階段の迫力がすごいです
階段一段一段も普通の階段の1.5倍くらいの高さがあって、上るのに苦労します
上り切ってから少し歩くといい景色が・・・
DSCF1775.jpg
山の方にはまだ雲が多かったですね
さらにここで今回のベストショット!
DSCF1784.jpg大変美しい百合の花です
雨に濡れて輝く姿がなんとも言えません
花弁の中には蜂が一匹いて、蜜を吸っているようでした

ここまで歩いて既に体は疲労困憊(笑)
というのもアップダウンが結構激しいんです
半島なので真ん中は高く、海岸は低いので、それを横断しようとした結果こうなったんですね(笑)
道は車の通りが非常に少ないので、僕らは道路の真ん中を堂々と歩いていました(笑)
彼とも話しましたが、そうしているとまるで自分が道路を支配している気分のようで、とても気持ちいいです
途中に美術館がありましたが、完全スルーで先へと歩を進めます

道の途中から真鶴半島の先へと進める細い道に入ります
この道、すごく細いんです・・・
途中からは一方通行になるくらいの細さです
それまでもすれ違いはしたくない・・・というかバックしてすれ違えるところまで戻らないと無理・・・って感じです
そんな道なのに、こんなことになっている場所もありました
DSCF1797.jpg
見ればわかりますね
水没しています
靴は二人ともVANSの低いスニーカー
こんな場所では浸水確実です
そこで端っこを通るわけですが、そこもぬかるんでいて・・・
挙句の果てには対向車が来て、二人して走って逃げる始末でした(笑)

それもなんとかクリアして、真鶴半島の先っぽへ!
あるのはケープ真鶴という建物です
もうお腹が減り過ぎていたので、そこで何か食べることに
僕は北インド風ヨーグルトカレー、彼は南インド風のスパイシーなカレーをいただきました
どちらも600円とお安いのに、味はかなりいいです
DSCF1802.jpgお腹が減ってたってのもあるでしょうけど(笑)
でも美味しいのは間違いないですよ

エネルギーを補給したら、いよいよ真鶴半島の先の先、名勝・三ツ石へ!
DSCF1836.jpg岩場です
ひったすら岩場です
岩と岩の間を飛んでいかないといけません
しかも結構距離があります
階段を降り切ったところから写真に写っているところまでは400mはありそうです
足場が悪く、さらに距離があり、その上僕らの先にはカップルもいたので、途中まで行って退散しました(笑)

もう汗だくになっていたのでケープ真鶴に戻って今度はアイスを食べます
僕はアップルマンゴーとバニラのミックス(300円)、彼はコーヒーフロート(400円)です
アップルマンゴーは酸味と甘みのバランスが絶妙でした

帰りはバスでケープ真鶴から真鶴駅へ
歩く体力はありませんでした(笑)
真鶴駅についたら、最初に見つけたお店へ行きます
お店の名前は割烹 福壽司です
DSCF1854.jpg
いただいたのは1000円のランチ
他のところは海鮮丼1500円とかだったのに、ここは海鮮丼も1000円です
2時ギリギリに入店し、まだランチは大丈夫か聞くとOKとのことだったので、早速注文
やってきたのはこんな感じの海鮮丼です
DSCF1846.jpgブリかな?しか乗っていません
でもそれがむしろ「今日揚がった魚使ってます」感がありますね
味は最高です
ブリは身が締まっていてぷりぷり、脂の乗りもよく甘みがあります
その他のおかずもかなりいいです
卵焼きはほんのり香ばしく、たらこは生姜で味付けされていてさっぱり
漬物と同様に、脂ののったぶりばかり食べていて辛くなってくるのを防いでくれます
みそ汁からは魚介出汁の香りが!
このみそ汁は非常に美味しかったですね

ランチで約2000円使い、大満足で真鶴を後にします
再び東海道線に乗り、今度は最終目的地:熱海へ
熱海は真鶴とは違い、大きな駅です
とりあえずホテルへ向かい、チェックイン
今回利用したのは伊東園グループのホテル、アタミシーズンホテル
全体的に高級感が漂うホテルで、部屋も広いです
荷物を減らして今度は熱海観光へ向かいます

熱海にはやたらと野良猫がいました
DSCF1860.jpgしかも人に慣れています
こいつの写真を撮るために接近しようとして、友達がはしごで、僕が滑り台から上って行ったら、僕が滑り台で足を滑らせ、腕を強打(笑)
その音で猫は飛び起き、友達曰く「超不機嫌そうな顔」でこちらを見つめていました(笑)

海岸沿いの親水公園には小型クルーザーが大量にいました
この公園は構造がよくわからず、公園というのにずっと舗装されていて遊具の一つもなく、さらに途中で途切れていたりします
DSCF1870.jpg
空は綺麗でした
空の写真を何枚も撮ってました(笑)
グループで来てる大学生っぽいのもたくさんいましたね

ホテルへの帰り道はかなりの急坂
元陸上部の友達は「いい坂じゃん!」とか言って走り出しましたが、俺にそんな体力はない!
と言いつつもサングラス姿で爆走(笑)
ターミネーター呼ばわりされました(笑)

駅前のマックでシェイクを食べて涼んだ後は、ホテルに戻ってお風呂へ
伊東園の泣き所はお風呂ですね
温泉なのですが、狭いです
これ満室になったときに風呂はどうなるんだ・・・と思うほど狭いです
でも誰もいなかったので、二人で気持ちよく汗を洗い流し、夕食へ

夕食はバイキング形式
今のシーズンはカニが食べ放題で、友達はそれを超楽しみにしていました(笑)
二人で足30本くらいは食べましたね・・・(笑)
他にも創作料理のメインディッシュが一人一皿付きます
今日のメニューはタラの酒蒸し
バジルソースと相まって、とてもおいしかったです
お酒もたくさんいただきました
スーパードライ中×2と梅酒ソーダ割り×1です
僕は完全に酔った状態になって、ずっと「うへへへへへwwwww」みたいに笑ってました(笑)
笑い上戸ってことが判明しましたね(笑)
彼は25°の酒を持ってくるも、飲むのを断念
梅酒好きなので梅酒を結構飲んでいました

満腹で部屋に戻ってからは、二人とも酒を飲んで多少おかしくなっていました
アイマスの曲をスマホで最大音量でかけ、カラオケ開始!
うおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!アーユレディー!アイムレイディー!うたーを(以下略
騒いでたら酔いもさめたので、夜の街を徘徊しに出かけます
DSCF1907.jpg熱海には不思議なことにソープランドがあります
誰が行くんだろう・・・
普通にうまいもの食って温泉入って寝た方がいいと思うんだけどなぁ(笑)
それにカップルが多かったので、彼らはどうせ部屋でイチャイチャアンアンしてるんでしょう(笑)
ハッ!俺らは男二人だよ!文句あるかコルァァァァァ!!(泣)

夜は10時頃に消灯
消灯してからもたくさん話しました
彼はこの前告白してフラれたばかり、僕は今気になる人ができて、距離を縮めようと躍起になっている最中です
彼からはいいアドバイスがもらえます
恋愛経験は全くないですが、僕よりも一般人よりの目線で物事を見れるので、そこがいいです
まぁちゃんと付き合えるように頑張るよー
ちなみに彼は次に恋愛するのは10年後とか言ってました(笑)
どうだかなぁ(笑)

翌日は朝起きて、風呂に行き、さっぱりしたら朝食バイキングへ
友達がバランスよく取っている横で、僕はスクランブルドエッグを大量に盛り付けていました(笑)
バターが効いていて美味しかったです

部屋に戻ってグダグダしたら出発!
今度はまず小田原を目指します
小田原では小田原城に行ったのですが、現在はこんな状態
DSCF1928.jpg
Oh・・・改修中です
その上、城址動物園はなくなってしまったんですね
猿しかいませんでした
僕が小さい頃は像がいて、結構すごかったんですが・・・
あと小田原では友達がお土産を買いました
店ではShineが流れていて、歌いだしてしまいました(笑)

実は3日のメインイベントは小田原ではありません
去年の旅行で行けなかった、友達激推しのとんかつ屋です!
写真は一枚も撮っていないのですが・・・店名だけ言ってわかる人もいるのではないでしょうか?
厚木のとんかつ屋、「友野」です

友達のおすすめは980円のとんかつ定食
とりあえずこれを食えというのでそれにします
やってきたのはなかなかのボリュームのとんかつ
おばちゃんが「まずはこっち(僕から見て右)から塩だけかけて召し上がってください」というので、塩をかけて食べてみると・・・
うまい!!!
僕が食べたとんかつの中で一番おいしいです
衣はさっくり、肉は和らかく、塩によって味が一層引き立ちます
半分はソースで食べましたが、塩の方がおいしかったですね
すごくいいですよ塩

ご飯も女性だったら多いと言いそうな量、みそ汁は赤味噌でした
食べている途中は意識しなかったのですが、食べ終わると地味に胃が重いです
美味しいのでぱくぱく食べ進んでしまいますが、実際には意外なほどの量があるようです
友達はこれを食べるのを二年も待ち望んでいたので、その満足たるや格別のものでしょう

またおばちゃんがいい人でした
すごく気さくに話しかけてくれて、僕が巨人なのを見て、座布団を丸めると座りやすい、と教えてくれました
ご主人は町田のお店で修業したそうです
今探しているところなのですが、目印になる向かいの店が今はもうなくなっているようで、その店もあるかどうか微妙ですね・・・
でもあれば行って見たいです
友野の味の源流を探ってみたいです

お店から出たらバスに乗って本厚木まで戻り、あとは帰宅
これで今回の夏の旅行は終了です

自転車で行けなかったため、真鶴をゆっくり歩いて楽しめましたし、しかも昼は晴れていたので、最高に楽しめました
いい写真がたくさん撮れて、ご飯も美味しかったし、素晴らしい旅行になったと思います
何より友達が楽しんでくれたが嬉しいですね
彼は真鶴を歩いているときに、こういうところに行きたかった!と言ってくれましたし、夜がカニもあるバイキングだと知ってすごく喜んでくれました
とんかつも美味しそうに食べていました

一人ではこういうものは得られません
二人だからこそ、楽しみを二倍にできるんですね

またこういう旅行に行きたいですね
今度は彼も車の免許を取っている頃だろ思うので、もっと遠くまで行けます
どこに行こうかな?
それを考えるだけでも夢が広がって、楽しくなってきます

僕は今回の旅行はとても楽しかったですし、彼が楽しんでいるのを見て、僕ももっと楽しくなりました
ありがとう!!
お疲れ様!!!
また行こう!!!!!

コメント

非公開コメント

Counter

Profile

イオ

Author:イオ
二輪と四輪とEDMが大好き
愛車はSpecialized Tarmac
Twitter:io survolt

Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Twitter