20D落札に成功!!!

いや・・・落とせるとは思ってなかったんですよ
ウォッチリストに登録していた類似のオークションはどれも1万5千円以上での終了で、1万円ぽっきりで終わっていたものは一つもありませんでしたし
特にほぼ同じ、20Dのレンズキット箱付きが1万5千円を超えた時点で、「あ、こりゃ無理だな」と思ったのです
1万円で入札はしたけど、これじゃ落とせないな、とね

でも・・・
落とせちゃったんですよ!
20D!レンズキット!箱付き!
それをなんと1万円で!
落札しちゃいました!

バイトの会議後の飲み会前に確認したときは驚きました
本当にまさか落とせるとは思ってなかったので(笑)
これで僕の一眼ライフが始まるのです!
(と言っても常に持ち運べるわけではないですが・・・)

さて、落札した商品の内容はこんな感じ
EOS 20Dボディ
EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS+UVフィルター&フード
充電器
バッテリー
EOSストラップ
Adobe Photoshop Elements2.0
EOS DIGITAL Solution Disk ver8・15.1
マニュアル類

ほうほう・・・改めて見てもこの充実感
素晴らしいです

CANON EOS 20Dは2004年9月発売の一眼レフカメラ
820万画素のAPS-CセンサーにDIGICⅡを搭載
0.2秒の高速起動と5枚/秒の連写が可能です
外部インターフェースはUSB2.0
コンパクトフラッシュカードという一昔前の記録媒体を使っています
SDカードじゃないのかよ(笑)

心躍るスペックとしては、ボディがマグネシウム合金製
マグネシウム・・・Mg・・・うん、かっこいい(笑)
鉄とかアルミとかじゃないんですよ
カーボンでもチタンでもないんです
マグネシウムなんですよ
なんかすごくないですか(笑)

マグネシウムはアルミや鉄に比べて加工が難しいので、金属としては敬遠されがちですが、比重はアルミよりも軽いです
BBSのマグネシウム鍛造ホイールなんかがまさにそうですよね
またプラスチックの方が強度があるという意見もありますが、そういう問題じゃないんだよ!
金属とプラ!質感!段違い!!!
あと電磁波遮蔽能力が高いそうです
何の役に立つのやら・・・

そんな20Dに最初にくっつくレンズはEF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS
2007年発売の結構新しいレンズです
現在はⅡとSTMが登場しています
まぁ普通の標準ズームレンズですね
これ一本あれば大体事足ります

ちなみに20Dの記録媒体、CFカードですが、SDカードとの違いは書き込みの速さです
CFの方が速いらしいんですよ・・・
それもSSDに次ぐ速さだそうで
SDはそれに比べると全然遅いとか(Class10だと同じくらいらしいです)
つまり連写をした際の書き込みがスムーズ、ということですね

もう入金はしたので、あとは発送を待つだけです
発送ー発送ー明日かなー(笑)

コメント

非公開コメント

Counter

Profile

イオ

Author:イオ
二輪と四輪とEDMが大好き
愛車はSpecialized Tarmac
Twitter:io survolt

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter