今年のスキー

今年もスキー旅行を計画しています
ただメンバーは例年とは違い、奴と行く予定です
アイマスを僕に教えた、去年は自転車で江の島、今年の夏は真鶴に一緒に行った奴です
もうブログに登場させることも多いので、なんか名前を付けたいですね・・・
そうだなぁ・・・あいつ雪歩好きだし、ゆきぴょんとかでいいか
でもそれだとまるで女と二人でスキー行くみたいじゃないか・・・
これはそんなリア充イベントじゃない!
彼女いない二人の男がクリスマス前に世の不条理を嘆き爆走するだけのスキーだ!(笑)

さて、昨年まではトラベルインという旅行会社を使っていましたが、一昨年・去年共にスキーブーツのサイズがない、免責保険で現地で別途数千円を持って行かれる、結局アーリーチェックイン必須で1000円持って行かれる、など色々と不満な点がありました
特に去年は小さいブーツで足を痛め、大きなブーツを借りるために追加料金を支払い、挙句の果てに転倒し骨折、最悪クラスの経験となったため、こんな旅行会社二度と使うかちくしょう!と思ったわけですが・・・

やっぱ価格には敵いませんねぇ・・・
今日スキーツアーのパンフレットを何冊かもらって帰ってきたのですが、一番安いのはトラベルインでした
安さの秘訣はバス利用だからでしょうか
ということで今年も非常に不本意ながらこの旅行会社、トラベルインのお世話になります

使用するパンフレットは12月限定初滑りのパンフです
うざったいトラみたいなのが表紙に書かれています
小田急の駅に置いてあるので見てみてください
ピンクに黄色というど派手なパンフです

でもこれまでの経験を活かし、今年はもう少しましなスキー旅行にするため、スキー場を厳選しました
トラベルインのツアーでは三カ所のスキー場のみ、31cmまでのブーツがレンタルできるのです
舞子・グランデコ・そして白馬鹿島槍の三カ所です

じゃあ当然この中から選びますね
トラベルインの標準的なレンタルでは29cmまでしかレンタルの品揃えの保証がありません
確実に30cmオーバーのブーツを借りられるスキー場を選ぶべきです

それぞれのスキー場ですが、まずグランデコは小さい!
コースわずか8本、リフトわずか5基です
コース図を見ても飽きる感じがします
それに中級コースは途中に上級コースが混じっているので、実際滑れるのは初級コースのみ
ということで却下です

舞子はそこそこのサイズですが、泊まる場所がしょぼい・・・
僕は結構大きなホテルが好みなので
「小さい旅館の方が人の温かみが~」とか言う意見はどうとも思いませんね
大きい旅館に温かみがないとでも?
むしろ綺麗な部屋、豪華で美味しい料理、広い露天風呂があるなら、多少のサービスの不備に目を瞑ってもいいくらいです
逆はちょっと難しいですが(笑)

となると残るは白馬鹿島槍!
長野県の西部、富山県と接する大町市にあります
大町市の中心街から北西にさらに10km程のところにある大町温泉郷にあるのがホテル群です
そこの黒部観光ホテル・黒部ビューホテル・ニュー河内屋 他同等クラスのホテルに泊まれる、と書いてありますが・・・
「他同等クラスのホテル」というのが怪しいですね
もし黒部観光ホテル・黒部ビューホテル・ニュー河内屋じゃなかったら結構怒りますよ
希望を言うなら黒部観光ホテルがいいので、そこにしといてくれ、とお願いはするつもりです

黒部観光ホテルだと風呂は大きいし、夜も朝もバイキングなんです
こんなに素晴らしいことがあろうか・・・
黒部観光ホテル来い!!

スキー場自体はコース22本にリフト8基のまぁ普通な感じ
設備も結構整っている方だと思います
特段不満はないでしょう

このプランで23日発だとわずか14.300円!
安っっっい!!!
JRを使えば2万円は余裕のオーバー、トラベルインでさえ24日以降の宿指定だと2万円を超えるのに、やはり驚異的な価格です
23日夜に新宿を出発し、24日朝4:30(!?)にスキー場に到着
その時間から動いてるのか知りませんが、シャトルバスでホテルへ向かいます
7:30からのアーリーチェックイン(1000円)を利用し、部屋に荷物を置いたらまたシャトルバスでスキー場へ
できれば先にスキー場で借りるもの借りられると楽ですね
スキー場のロッカーを借りるのはまた余計にお金がかかりますし
ん?でも翌日のチェックアウトを考えるとコインロッカー借りた方が良いのか・・・?
一日滑ったらホテルに戻り、風呂入って食って寝てまた翌日滑ります
帰りは17:30にホテル近く発で、21:30に新宿に着く予定です

レンタルブーツは31cmまでありますから、まぁ多分大丈夫かと思います
念のため薄くて保温性の高い靴下買っておこう・・・
スキー用靴下は分厚すぎて、足のサイズが上がりますからね
斑尾では31.5cmを借りたような記憶が・・・
過去の記事見直せばわかりますけど

板は160cmからあるので、160cmにしてもらおうと思います
長い板は嫌です
扱えないので

ゴーグル・キャップ・グローブはあったはず
特にゴーグルの曇り止めは必須です
転ぶと雪が中に入って、死ぬほど鬱陶しいです(笑)

各1日500円、つまりスキー・ストック・ブーツで1500円を二日間で合計3000円も持って行きやがる物損免責補償制度は今回は使いません
スキー板が折れる可能性ってどのくらいあるんでしょうか?(笑)
余計なお金を払うくらいなら安全に滑った方が良いです

さて、こんな感じかな・・・
かふぇらて(奴がネット上でよく使う名前です)とは土曜日にカラオケ→ラーメンするので、その時にじっくり話そうかと思います

コメント

非公開コメント

Counter

Profile

イオ

Author:イオ
二輪と四輪とEDMが大好き
愛車はFOCUS CAYOとNinja1000
Twitter:io survolt

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter