マクラーレンP1がかっこよく見えてきた

ついに・・・あのウネウネぐにょぐにょデザインのP1がかっこよく見えてきてしまいました・・・
Forza6でもうまく扱えるようになってきましたし
今日のワトキンズグレンでは、スタート後から加速力と最高速度に物を言わせるアゲーラとヴェイロンが他車を引き離しました
が、1ラップ目でP1で一気にそれ以外をごぼう抜きにし、残りラップを追走に集中
結果、アゲーラには負けましたが、ヴェイロンとヴェノムGTをパスできました
ラップタイムも依然ヴェネーノで記録したものに近かったです

P1はスタートではパワーがあり余り、また3速以下に落とすとリアタイヤが簡単にスライドする速度域に入るので危険です
しかし4速以上、特に高速コーナーでの安定感は素晴らしいですね
3速以下でもダウンフォースが効いているのか、スロットルを大きく開けない限りは持ちこたえます
またスライドコントロールも容易な方です
スライドを維持したままでも、立て直してからでも、コーナーを抜けて行けます

加速力は916psのおかげで250kmくらいまでならヴェイロンにもついていけます
トップスピードも容易に300km/hを超えるため、他のウアイラなどのスーパーカーと比べても直線で優位に立てます
そしてコーナリングはさっきの通り素晴らしい
ブレーキは依然不十分だと書きましたが、それは今でも変わっていません
やはりレーシングカーに比べれば不満はあります
ですがスーパーカーと競うなら、その性能は必要十分を上回るものです

しかもレーシングカーより速いんですよ
フリープレイでレースを構成すると相手はGT3とかGT2レースカーだらけになるのですが、コーナリングで少し詰められることがある以外はP1の方が速いです
650Sも同様です
マクラーレンは大体めちゃくちゃ速いことを最近感じています

そしてあのデザインも見慣れてきました
相変わらずちょっと気持ち悪いですが、でもその性能に合った形である、と考えれば納得できます
カラーはオレンジやイエローではなく、トップギアで出ていたディープパープルのような色がいいですね
P1はシックな色を纏うことで、先進性や快適性をアピールできます
性能はP1という時点で推して知るべしなのですから、外見は落ち着いている方がいいのかもしれません

C-X75のダウンロードコンテンツ化を望んでいましたが、今はP1で結構満足しています
4輪駆動の安定感が恋しい時もありますが、P1の警戒感は素晴らしいですからね
スクショも撮ったのですが、なぜかXboxがForza6のスクショだと認識しないため、パソコンにダウンロードできていません
多分ゴールドメンバーシップが必要なのだと思います
う~ん・・・買うしかないのか・・・

コメント

非公開コメント

Counter

Profile

イオ

Author:イオ
二輪と四輪とEDMが大好き
愛車はFOCUS CAYOとNinja1000
Twitter:io survolt

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twitter