白馬鹿島槍スキー

昨日夜23:50頃に帰宅しましたー
無傷ですよ無傷!
骨折はなし!
それどころか一度も転倒していません!

時間軸に沿って書いていきましょうか
まず22日夜7時過ぎにかふぇらてと駅に集合
奴は普通にボストンバッグとリュックでしたが、僕はそういう大きなボストンバッグを持っていません
スーツケースは1週間用で大きすぎるし・・・
ってことで、バックパックを二つ使うという奇行に出ました(笑)
後ろに一つ、前に一つ背負って自転車で行きましたよ(笑)
奇妙な光景でしょうが、意外と機能的です

で、シャトルバスで新宿まで行き、そこから鹿島槍行きのバスに乗ります
その時に僕が前に女の子から言われたことについて話したら、「お前に理解者が現れるとは・・・」と言われました(笑)
その子から言われたのは、「壁ドンをしようとしたら壁を突き破ってどこかに行っちゃう感じ」とか、「今までのアプローチは女の子側からしたら、向こうからものすごいスピードで走ってきて告白されたと思ったらそのまま通り過ぎて行った感じ」ということ
念のため言っておきますが、告白した子とかじゃないですよ
友達の子です
かふぇらてはそれを「そいつわかってる」と言っていました(笑)

さらに奴に言わせれば、僕はバイトでもそうらしいです
「みんなが破っちゃいけないと思ってる壁を、歩きながらまるで存在しないかのように破る」とか
自覚がないところが恐ろしい・・・(笑)
壁を突き破るとか壊すとかじゃなくて、何もないかのように歩いて壁を突破するとこがポイントです
無意識に壁を破るとは・・・(笑)

まぁ自分の知らなかった強み(弱み(笑))を知りつつ、バスの中ではちゃんと寝ました
バスツアーは寝ないとやってらんないですからね・・・
すごく寝心地は悪いですけど、頑張りました
途中、談合坂SAで停まったので、軽い腹ごしらえに焼きそばを買いました
330円・・・SA価格(笑)

ぐっすりとはいかないまでも、一応の睡眠を取って鹿島槍へ
なんと朝5時に到着です・・・
鹿島槍スキー場の中心、セントラルプラザ1130で、リフトが動くまで待ちます
600円で貸しロッカー借りて、レンタル場所とか色々確認して・・・
そしてかふぇらては寝ました(笑)
僕も寝ましたが・・・首が痛くなりました(笑)

8:30にはリフトが動き出します
レンタルしたスキーはHEADのカービングスキー
中々いい感じです
悪いところだとストレートの古いのが出てきます
しかも長さも注文可能でした
僕は188cmですが、借りたのはなんと150cm!
今までで一番短い板です!
中一から学校のスキースクールに行っていましたが・・・こんな短い板は使ったことがありません
かふぇらてのボードよりも短いんです

ブーツは31cm
ぴったりで違和感ゼロ、完璧なサイズでした
ウェアはやはりデブ用(笑)
でも着てみると意外と普通な感じでしたね
臭くなかったのが嬉しかったです

鹿島槍のレンタルショップ、SPICY・・・
すごくいいですよ
ボードもスキーも他のところとは違って、かっこよかったりおしゃれだったりして充実しています
物損保険が「一式で」一日500円てのもいいですね
斑尾は各道具一つにつき500円だったので、二日で3000円も持って行かれたんです

さて、良いスキー板を携え、いざゲレンデへ!!!
GEDC0014.jpg
雪がない!!!(笑)
目の前にあるのは当然なんですよ!
ここは今から僕らが滑ろうとしていた黒沢ゲレンデです
僕らがいる間開いてたのは、ここと向かいにある鹿島ゲレンデだけです
他のところは見ればわかる通り、草が見えています
これでは滑れません・・・

しかも一応開いている鹿島ゲレンデも問題あり
雪の状態が非常に不安定で、アイスバーンのようになっているところや、まだ草が見えている部分などもあり、コントロールが効きません
リフト乗り場にも雪がないため、リフトには板を外して乗ります
あのゲレンデは実質開いてないようなものでした

つまり僕らは、全長400m、最大傾斜17°の黒沢ゲレンデを何周もするしか選択肢がなくなったのです!(笑)
他のスキーヤー・ボーダーの方も同じようで、リフトは全ゴンドラに人が乗っている状態でした
それでもゲレンデ自体が空いていたのは救いですね

さてさて今年初滑り!
久しぶりなのでゆっくりと行きます
一応パラレルまではできるので、その感覚を思い出しつつ、ボード故にスキーよりもよく転ぶかふぇらての後ろについて行ったりしました(笑)

雪は硬いですね
圧雪されたばかりというのもあるかもしれませんが、エッジが効きません
ズガガガガガガガガガ!って感じで横滑りしてしまいます
下手ってのが大きいんですけど、そこは置いといて・・・(笑)
しばらく滑っていると、他の人が削ってくれるおかげで、滑りやすくなりました

しかし昨夜をバスの中で過ごし、ちょっと寝不足気味な僕ら(主に僕ですが(笑))は早めの昼食へ
セントラルプラザ1130内の「レッドシーガー」です
かふぇらてはネギカツ丼みたいなの、僕は山賊タルタル丼をいただきました
GEDC0016.jpg
1000円です
スキー場価格ですねー
でも美味しかったです
量は見た目は少ないですけど、そこそこあります
ちなみにお味噌汁はオプションです
つまりこれしか食べてない!(笑)
1時間ほぼグダグダして、また滑りに行きました

その2時間後・・・
セントラルプラザ1130の一階で休憩していました(笑)
GEDC0026.jpg
クレープうまーーー!!!
僕のは定番のチョコバナナかふぇらてのはベリーベリーという超イチゴなクレープです
撮り方がカップルっぽいな(笑)
500円ですが、すごくおいしかったですよ!
糖分が身に沁みます・・・

さらに3本ほど滑って、今日は上がり!
セントラルプラザのクロークサービスを使って、500円でスキー道具一式を預けます
乾燥室ではないのでご注意を!

ホテルに帰るにはシャトルバスを使います
所要時間は約30分
大町温泉郷までは結構距離があるんです
バスに乗っている間、山にも雪があまり積もっていないのを見て、深刻な雪不足を感じました
チェーン不要ですからね・・・

ちなみにこの大町温泉郷、売店のおじさんと話して知ったのですが、黒部ダムに近いんです
知らなかったですね
夏に今度はバイクで行きたいな~と思いました

ホテルは黒部ビューホテル
大町温泉郷は星野リゾートのホテルがあったりするので、ホテルの質はただのスキー場のよりいいです
チェックインしお部屋へ
部屋は8畳ほどあり、2人は少し広いくらいです
おかげで荷物を広げられました

ご飯の前に先にお風呂!
風呂は広くもなく狭くもなく・・・といった感じ
照明が暗いので、すごく落ち着ける雰囲気です
露天風呂もいい感じでしたね
雪があれば最高だったんですが・・・
でもいいお風呂でした
とても13,000円のツアーで泊まれるお風呂ではないです

お風呂から上がったらコーヒー牛乳を一杯
150円です
これもうまーーー・・・

・・・まぁその価格の秘密の一部は夕飯で明らかになりました
この日は他にクラブツーリズムなども来ていたのですが、トラベルインやオリオンツアーなどの激安旅行会社は別室に案内されます
夕食は結構満足できました
からあげ、コロッケ、サラダ、みそ汁、ご飯に、薄味の牛すき焼きみたいなのです
ご飯はおかわりすると150円持っていかれます
そういうことか・・・食事を安くしてたのか・・・(笑)
でも美味しかったですよ!
特に地元感はありませんでしたけどね(笑)

ついでにお土産屋さんも見ていきました
野沢菜がすごく多いですね
後はわざびとかりんごとか
ダムや雷鳥をテーマにしたお菓子も多かったです

結局買ったのは饅頭(家用)、リンゴパイ的なもの(バイト用)、野沢菜(バイト先のパートのおばさん用)
計1500円くらいです
さらにそこにその晩飲んだのどごし生の肴、ワサビ煎餅をプラス
野沢菜と煎餅はかふぇらてとの割り勘です

このわさび煎餅、かなり辛いです
最初の一口は大丈夫なんですよ
でも美味しいじゃーんってパクパク食べてると、鼻を貫かれます(笑)
それ以降はどう食べても鼻を貫かれます(笑)

酒が入った僕らは・・・
疲れですぐ就寝しました(笑)
まだ8時くらいだったんですけどね~耐えられませんでしたね~(笑)

寝るまでの間、かふぇらてがデレステでTOKIMEKIエスカレートをやっているのを横で見ていました
TOKIMEKI・・・半端ないです・・・
MASTERは地獄ですね
かふぇらての指が追い付かず、ライフが急激に減ります
回復ができるメンバーのユニットなんですが、それでもだめです
特に終盤で真ん中を連打する部分
あそこでごっそり持って行かれてリタイアです
一度もトキメかないまま寝てしまいました(笑)

翌日朝6時に起床し、朝風呂へ・・・
7時の朝食は昨日にもましてやっつけ感がありました
真ん中のメインの皿に乗ってたのが・・・笹かま(笑)
おい・・・(笑)
足りなかったです(笑)

部屋に戻って荷物を詰めて、チェックアウト後に荷物を置ける部屋に荷物を置き、シャトルバスでスキー場へ!
さぁ雪は増えてるのか!
むしろ減ってます!(笑)
前日夜は雨の予報で、雪が降ることを期待したんですが・・・昨日よりも雪が薄くなっています
滑っている途中には地面がうっすらと見え始めている場所もありましたからね・・・

そんな中でもみんな滑ります!
かふぇらては右足を前にして滑るのにチャレンジしたり、スピンやジャンプの練習をしていました
僕はスピードを求め、速い人の動きを参考に滑ってみました

速いスキーヤーは傾斜が浅い斜面でも、スピードを殺さずに滑り続けられます
なぜあれができるのか・・・
達した結論の一つは、僕は曲がる時にブレーキをかけてしまっているのでは、ということです
曲がる時にスキー板の後ろを使うと、雪が巻き上がって減速してしまいます
でもうまい人のようにフロントからスッと入っていけると、スピードが落ちないんですね
ということでフロントを意識!
あとは姿勢です
腰が引けてしまうので、体ごと前傾させられるようにしました
すると急な加速にも対応できて、かつフロントのグリップも増します
最後に視線
曲がる方向よりも前を見ている方がいいです
上手い人は上半身がぶれず、下半身だけが動いているんですね
それはつまり視線なのでは・・・と思ったのです

すると昨日よりもスピードを出して滑れるようになりました
なんかかっこいい・・・という感じがします(笑)
普段はスピードを求めて急斜面に行ってしまいますが、こういう緩い斜面で練習した方がいいんでしょう
ここでスピードを出せるなら、急斜面でもコントロールができるはずです
基本は大切ですね・・・

その頃、かふぇらてはくるくる回っていました(笑)
ジャンプもスピンもできるようになりましたが、いまいちアクロバティックにならない・・・
上手い人はすごいんですよ
バインバイン跳ねて、グルングルン回って・・・
その要因の一つは板ではないか、という話になりました
上手い人の板はものすごく「しなる」んです
でもかふぇらての板は曲がらない(笑)
柔らかい板がいいのかなぁ・・・と思いました

あとジャンプした後の着地がうまくいかないとかもありましたね
ボードはやっぱり難しそうです・・・
リフトに乗るたびに片足外して、降りたらつけてってやらないといけないし
転んだ時痛そうだし・・・
スキーは転ぶときは大体曲がってるときなので、体の横から地面に当たります
ボードだと体の前か後ろを打っちゃうんですね
かふぇらても背中を打って、頭が痺れると言っていました

昼食は昨日同様に早めに
GEDC0039.jpg
オムライスビーフシチューです!
写真だと牛肉がいっぱい入ってたのに、全然入ってないです!(笑)
でも量は多い方でした
オムライスの卵もとろとろでした
かふぇらては辛口チキンカレー
鶏肉がごろごろ入ってましたね

食べ終わったら再び滑りに!
これが今年最後、というか僕は確実に今シーズン最後の滑りだと思うと寂しくなります
短いスキー板はとても機敏で、細かい切り返しが容易にできました
スピードは長いほうが出ていると思いますが、150cmの板は扱いやすさが素晴らしかったです
ボードのかふぇらてと滑るのも意外と楽しかったです
ボーダーとスキーヤーじゃ一緒に滑るのは難しいんじゃ・・・と思っていた面もありましたが、払拭されましたね
かふぇらての滑りを撮影するのも楽しかったです
雪は十分とは言えませんが、それでも楽しく滑れました
もっとこうだったら、と思う点はありますが、満足のいくスキーができたと思います

最後の一滑りは思いきりスピードを出していきました
スタート時点から板とストックも使って最大加速、小回りをしつつ他の人をよけて終盤の急斜面へ
フロントを意識し、前へ進む滑りができたと思います
こうして毎年少しずつでも成長を実感できるとうれしいですね

これで今年のスキーは終わり
レンタル用品を返却し、シャトルバスの時間までゆっくりクレープを食べます(笑)
今度は二人とも信州りんごです
生クリームとリンゴの相性が抜群でしたね

さらにその間、かふぇらてのデレステのストーリーを少し見せてもらいました
長いですね・・・一つにつき15分くらいあります
あれが全部オリジナルストーリーだと思うと興奮を隠せません(笑)
ニコ動に上がってないかな・・・

シャトルバスが来たらホテルへ戻り、荷物を持って大町温泉郷の端にある泉獄寺に行きます
大きなお寺を想像していましたが、かなり小っちゃいです(笑)
お参りをしたら集合場所へ
「くろべ路」というお土産屋さんです
ここで今回の旅で最大の後悔が・・・
くろべ路の品ぞろえはホテルのお土産屋さんよりもずっといいです
可愛いお菓子などおあってセンスが良く、かつ価格も安い!
なぜホテルでお土産を買ってしまったんだ・・・
大町温泉に行ったら、間違ってもホテルのお土産屋さんは利用しないでください
くろべ路には必ずあなたが求めるお土産があります
しかも営業時間は5-22ですからね!?
どうなってんの!?(笑)

帰りのバスは異常に飛ばしていました
バスなのに右車線を爆走、他のトラックや車をごぼう抜きです
多分、何としても定刻通りに動かなければならないのでしょう
トラベルイン・・・恐るべし
カーブ途中でもトンネル内でもどこでも追い越しをかけます
こっちにかかるGもなかなかのものです(笑)

帰りの途中で寄った安曇野スイス村は面白そうなところでした
また寄る機会があればぜひ行きたいですね
石川PAでは肉まんをいただきました
300円もした肉まんですが、意外なほどにお腹を満たしてくれました

そして旅の締めくくりを飾る食べ物は・・・町田商店!(笑)
本当は手羽先食べ放題とか、もつ煮とか、かふぇらてが行ったことのある二郎系ラーメンとかも候補だったんですけど、やっぱり一番立地が良くて安くておいしい、となるとここしかないんです
二人とも大ラーメンを注文し、僕はモヤキャベ、かふぇらてはネギチャ丼を追加購入
お腹いっぱいになりました

帰りは話しつつ帰宅
二人とも疲れていましたし、時間も時間だったので、ミニストップには寄らずに帰りました

これで22日~24日の白馬鹿島槍スキーツアーは終了・・・なのですが、気づきましたか?
僕は今回、一度も転倒してないんです!!!
そして骨折もしてない!!!
昨年度のリベンジを完璧に果たしましたよ!

いやぁ楽しかった
毎度言っていますが、やはり誰と行くかですよ
かふぇらてとの旅行はやっぱり楽しいです
今度はどこに行こうかな?

そして今年度のスキーはこれで終わり
次に行くとすれば就活が終わった遥か後です
その時も楽しく滑れるように、頑張ります
GEDC0043.jpg

コメント

非公開コメント

Counter

Profile

イオ

Author:イオ
二輪と四輪とEDMが大好き
愛車はSpecialized Tarmac
Twitter:io survolt

Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Twitter