半官半民?

志望企業の傾向が固まってきたように思います
キーワードはいくつかありますが、その中の一つが、「半官半民」です

今日も一般企業の個別説明会に行ってきましたが、結局どうしても納得できないことがあるんです
それは「物を一つでも多く売らなければならない」ということ
どんなものでもそうですけど、多く売れれば企業の利益になる、だから売るんですよね?
でもそれがあんまり好きじゃないんです
自社の製品が広まることで、人々の生活がもっと良くなる、というなら自信を持って営業ができます
でもそんな製品、少ないじゃないですか
車が欲しい!ってときに、トヨタだけが人々の役に立つ車を作ってますか?
どこのメーカーだって似たような車作ってるじゃないですか
そんなのを「もっと売れ!」って言ったって、無理な話ですよ
GT-Rみたいに特別な車ならまだしも・・・

ただの商売はやりたくないんです
それを売ることで、それが世の中に広まることで、国民国家の利益になる
お金の利益なんかよりも、もっと違うものが欲しいんです
そうじゃないとプライドが満たされないんですよ(笑)
うちの母親がいつも言ってますけど、金なんて銀行にいくらでもあるんですから

となると、これは官の仕事です
官は極端な話、利益度外視で人の役に立つことをやるのが仕事でしょう
素晴らしいじゃないですか
利益に縛られずに、本当に必要なことができる
本来は全ての企業がこうあるべきなんです
でも金儲けする必要がある以上、そうはいかない・・・

でも官はねぇ・・・ってのがあります
何より遅い!スピード感が足りません
あと官僚になるには試験がめちゃくちゃ難しいし
そんなの考えもしなかった僕じゃ絶対に受かりません・・・

ということで、官と民のいいとこどりをできる、半官半民のような企業がいいんです
うおー・・・企業選びってこういうことか
これがもっと早くにわかってればな
まぁ後悔しても仕方ないからしないけど(笑)

あとは超一流であることとか色々ありますけど・・・
まぁ身の程わきまえてないですね(笑)
僕如きが何言ってんだって感じです
でもね、本気でそう思ってるんですよ
二流三流と一緒に仕事したくない
僕は一流になりたいんです
心と自身だけじゃなくて、中身も一流になりたいんです

と、今日の企業説明会に出て思った次第です
いやー・・・業界No.1でもあんな企業はあるんですね
やっぱり説明会行ってみないとわかりませんわ

さて、今日の記事は、日経の一面から!
特集記事「アジアひと未来」です
今回はハイフラックスというインドネシアの企業のCEO、オリビア・ラムでした

企業家って個人的には胡散臭いイメージがあるんですけど、こんなすごい人もいるのか・・・って感じです
孤児として生まれ、貧しい村で育ち、必死で稼いで大学へ行き、資本金は身の回りの物を売り払って工面
多国籍企業に飛び込みで営業をし、会社を大きくして、今や時価総額420億円、仏ダノンに挑戦状を叩きつける企業にまで成長させました
これが企業家か!こんな熱い人がいるのか!そう感じました

なんかこう・・・企業家って成金になりやすいイメージがあって、結果トランプみたいな嫌な奴になりやすい気がするんです
まだこのラムさんがどんな人かまではわかりませんが、とにかく僕とは比べ物にならない努力をして、今の地位を築き上げたってことだけはわかります
何が彼女を突き動かすのか・・・そういうところをもっと掘り下げたいですね

それじゃ明日も企業説明会行ってきます・・・
ヤバいよ・・・今週も来週も予定しか詰まってないよ・・・(笑)
スーツクリーニング出したいよ・・・

コメント

非公開コメント

Counter

Profile

イオ

Author:イオ
二輪と四輪とEDMが大好き
愛車はFOCUS CAYOとNinja1000
Twitter:io survolt

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter