もう何がしたいのかわからない

いよいよ、何がしたいのかわからなくなってきました
今日も説明会に行ってたんですけど、全然ピンと来ないんですよ
はっ!ともならないし、おぉ!ともならない
最初は「こんにちは!」って元気よく挨拶してたんですけど、帰りには「ありがとうございました・・・」な状態になってました

親からも言われてるんです
「ピンと来た企業はある?」って
でもね、親にも言ってないんですけど、正直ないんですよ
どこ行っても、ここで働きたい!!!ってならない
今日行ったとこは前は働きたいと思いましたが、今日話を聞いてあれ?ってなりました

そもそもね、
就活ってシステムが間違ってるんです

僕ら就活生は自分が社会に出てどんな仕事ができるのかわかりません
どんなことに向いているか、どんな場所なら活躍できるか
そんなのわからないんですよ
でも、こんな仕事をしてみたい
その一心で企業に向かうんです

でも企業側からすればそれは違う
若手から仕事を任せる、とどこも言いますが、どうせそんなの嘘です
とりあえず使えそうな奴、役に立ちそうな奴、言うこと聞いてくれそうな奴
こういうことをしたいんです!なんてどうせ見てないんですよ

だから就活は無駄なんです
そもそもミスマッチが起こる環境になってる
学生と企業は求めてるものがまるで違う
いくら僕がラブコールをしたって、それは企業には届かない
逆に企業が説明会で説明をしても、僕はピンと来ない

そこで思ったんです
就活なんてなくなっちゃえばいいんだ、って

流れとしてはこうです
まず全国民を一括で管理できるシステムを作ります
基本的な情報はもちろん、食べ物の好き嫌いや交友関係、何時に寝て何時に起きるか
全てを知るデータバンクを持つAIを作るのです

そして学生が就活する年齢に達したとき、AIは企業と学生のマッチングを行います
企業の情報、仕事内容、社会での役割、また社員の就労状況などを分析し、それに最適な学生を割り振ります
ここで重要なのは、AIは企業側からも学生側からもヒアリングを行わないこと
完全に客観的な視点を保つため、事実に基づいて学生を冷徹に割り振るのです

これによりもたらされるメリットは、
まず学生は就職難に喘ぐことはありません
AIが必ず最適な就職先を見つけてくれます
私達はそれに従えばいいのです

そしてミスマッチがなくなります
客観的な事実のみに基づくAIは、私達以上に私達を知り、企業がアピールする以上に、本当の企業の姿を知っています
私達は自分のことを知ってると勘違いしているし、企業説明会では企業を知った気になっているだけで、その実、何も知らないんです
だからミスマッチが起こるんです
でも全てを知っている神のような存在がいれば?
その存在が指し示した道に間違いがあるでしょうか?

ミスマッチが存在しない
これは「天職に就ける」と同義です
私達が最も活躍できる場所、輝ける場所、それが天職です
でも私達は、よくわからない「やりたいこと」や、給与などに目がくらみ、私たちが本当に向いていることを理解していません
しかしAIはそれを理解しています
「天職を知っている」んです
よって、将来的に活躍できる可能性はほぼ100%
自分で職探しをするよりもずーーーっと確実です

また、就活をAI任せにすることで、学生は在学期間中を全て勉強や遊びに回し、充実した生活を送ることができます
就職先はAIで天職が決定済み
何の不安もなく、社会に飛び出していけるのです!

嗚呼、なんと素晴らしいことか!
こんな社会、国家、世界を実現できたら!

まだあります!
それに付随して、教育も全面的に改革を行うべきです!

保育園から大学院まで一貫教育体制を構築し、カリキュラムの区切りをなくします
シームレスな学習により、最大限の効果を得ることができます
また学校間での学力差、偏差値の差もなくします
さらに全ての学校を無償化
全国どこでも高品質な教育が無料で受けられる!
受験に悩まされることもない!
一番近くの学校に行けばいい!
しかも引っ越ししても品質は変わらず!
学費もタダ!
これぞ理想の教育です!

エリート教育がしたいなら、偏差値で差をつけることは必要でしょう
しかしそれは国家や人類の繁栄に繋がりません
一部の者だけが知と富享受し、それ以外はまるで奴隷のように働く
現在の教育制度がもたらした結果がこれです
真に人類のためになるのは、全体に均一にハイレベルな教育を行うこと
差をつければ上は伸びるでしょうが、ひずみを生む結果になります

かなり共産っぽいですね・・・(笑)
でも共産主義ってある意味理想的だと思いますよ
トップが人間だからダメなだけであって、全ての人類が神のもとに平等なら、不平も不満もないでしょう

また、こういう話をすると、「自由がない!」とかアメリカ人みたいなことを言いだす人がいますが・・・
自由=いいことだと勘違いしないでください
なんで僕は今、就活でこんなに苦しんでいるのか?
なぜ選考で落とされるのか?
なぜ毎年受験生や就活生が涙を流すのか?
全部「自由」とかいう夢物語のせいなんですよ

社会には無数の選択肢があります
今就活をしている僕だって、数百万の会社から就職先を選ぶという選択肢がありますし、もしくは就活を辞めるとか別の選択肢もあります
会社が数百万あるんですから、選択肢の数もそれだけあるんです
その中から正しい選択ができるとでも?
全部の会社を知ることさえ不可能でしょうね

だから、私たちの選択肢は狭められる必要があるんです
自由ではなく制限と束縛が必要なんです
そしてその中から選ぶ、もしくは選ぶ余地すら与えられないこと
これがもっとも確実に幸せになる方法なんです

そしてその選択肢を狭めるリストラクターこそ、さっき話したAIだったり、そういった新しい制度です
人を間違いのない正しい道に導くには、「あらかじめ決められた道」が必要なんです
人を超えた超常的存在によって敷かれたレールの上を走ること
あらかじめ決められた社会の歯車となること
それが社会のためであり、個人のためなんです


はぁ・・・こういうことができる仕事があればなぁ・・・
でもこいうのができるのって独裁者だけだし
日本みたいな国じゃ野党とか世論がうるさいし
なんで気づかないかなぁ・・・自由のせいで苦しんでるんだよ

自由じゃなくなると考えなくなる、とも言われそうですねー
じゃあ自由な現代ではみんな考えてるんでしょうか?
もしそうならこんな世界になってないですよね
同じなんですよ
考える奴は考えるし、考えない奴は考えない
それも加味してAIが最適な職を見つけるので大丈夫です

あぁ・・・自分の国が欲しい・・・
全て一から作れる自分の国があれば・・・

コメント

非公開コメント

Counter

Profile

イオ

Author:イオ
二輪と四輪とEDMが大好き
愛車はSpecialized Tarmac
Twitter:io survolt

Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Twitter