ターマック、発進!

今日はお店のグループライドで、Specialized Tarmac Compに本格的に乗ってきました!
初カーボンバイクです!

走り出して最初の感想、そして最後までずっと感じていたのは、乗り心地の良さですね
剛性云々とか、僕はプロじゃないので、そういう話を具体的にすることは難しいです
でも乗り心地は明らかに違います

アルミの乗り心地は良くも悪くもダイレクトです
大半は悪い面なんですけど・・・
路面の段差、特に大き目の段差では、衝撃がシートポストを駆け上がり、脊髄をぶち抜いてきます
フロントを浮かせなければ、手にも痺れるような反動があります
車体が特別硬いわけではないですが、そういった衝撃を吸収してくれないんです

カーボンは全く違いますね
なんというか・・・明らかにアルミより硬いのに、乗り心地、路面の感覚が、フワッとしているんです
段差で着地した瞬間の衝撃が、ガツン!かあらストン、に変わるくらい柔らかいんです
でも踏んだ時とかはアルミよりずっとしっかりしてるんですよ?
衝撃が柔らかい、路面からの情報を柔らかく、かつ正確に伝えてくれる
そんな感じです

念のためですが、ターマックは純粋なレーシングバイクです
レースで勝つために作られ、それを一般の人でも買いやすいように、グレードを1つ落としたカーボンで作っているだけのものが、僕のターマック・コンプです
つまり乗り心地は二の次で、それよりも剛性だの反応だのを重視しているはずなんです
そのターマックでさえこの乗り心地・・・
某社エンデュランスロードが「路面が再舗装されたような・・・」と言っているのが、あながち嘘ではない気もします

アマチュアの僕がはっきり感じられるのは乗り心地くらい
あとは・・・うまく説明できませんが、確実に違いはあります

今日、峠を上っているとき、店員さんに、自分のペースで前を走ってほしい、と言われ、前に出ました
普段ならインナーローかリア2速で、無理することなく上るはずの坂なんです
そこを、いつものように上っていると、フロントインナー、リア4速~5速で上っていたんです
・・・わかりますか?

感覚が同じなんですよ
カヨでインナーローで上るときと、ターマックのリア4速の感覚が
同じ感覚で足を回し、同じように進むはず
でもギアが違う
ターマックの方が全然速いんです

なぜなのか自分でも全く分かりません
確実に言えるのは、カヨと同じ感覚で踏んで、ギア1~2枚、場所や調子によってはそれ以上重いギアを回せるってこと
これはものすごいことです
単純に、バイクを換えただけでスピードが上がった、ってことですからね

ただ副作用もあり・・・
感覚が同じというだけで、重いギアを踏んで速度を出していることに変わりはありません
つまり脚には相応の負荷がかかる!
すごく疲れます・・・(笑)
でもこれって、まだ僕は速くなれるってことでもあるんです
カヨでは満足していた、これでいいと思っていた速度では、ターマックは満足させてくれない
もっと速く走れと、重いギアを踏ませるのです

スペシャの公式HPにはこうあります
「The Tarmac Comp stands on its own two wheels as a bike that's born to perform and able to take your riding and racing to the next level.」
この言葉通り、ターマックは僕のライディングを一段上のレベルへと引き上げようとしてくれています
カヨでは見ることすらできなかった領域の片鱗を、今日一日で感じることができました
このバイクとなら、もっと速くなれる気がします
ターマックに物足りなくなる日が来たら、きっとその日は、僕がターマックを通してさらに成長した日であり、そしてターマックに別れを告げ、新しいバイクを求める日だと思うのです
・・・そんな日が来るのはずっと先の話でしょうが

と言いつつも、実は既に一つ不満があります(笑)
これについてはお店の人がスペシャに問い合わせれくれるらしいのですが
ダンシングをするとね、チェーンがリアホイールのスポークに当たるんです
特にパワーをかけたとき、大きく自転車を傾けたときにそれは顕著で、キンッっという金属音が連続して聞こえます

これはお店の人曰く、フレームやホイールがしなってるとのこと
恐らくはホイールかなと思っています
ターマックについているのは、スペシャのロヴァールSLX24リム
カヨのコンセプト鉄下駄よりは劇的に軽くなりましたが、それでもアフターマーケットに出ているフルクラムやマヴィックには及ばないはずです
それによじれてるってことは、単純に剛性が足りないってことじゃないですか
実は僕はターマックはもっと色々と硬いバイクだと思っていたのですが、以外にも優しいし、しかも緩いところもあって、そういうところが魅力的でありつつも、不満を感じているんです

とりあえず換えたいなぁと思っているのは、まずハンドル
もうちょい深いのにしたいですね・・・
今のは気軽に下ハンを握れるのはいいんですけどね
サドルは気に入っています
クッションがあってお尻が痛くなりづらいし

それとホイールですね
もっと硬いのがいい
フルクラムのレーシングゼロにしたいな・・・

なんだか、ここまで明確にどうしたいか、ってのが決まるのもすごいですね
カーボン製のいいバイクはそれだけ違いが分かりやすいってことかもしれません
具体的に説明はできなくても、乗れば違いは分かるはずです
もし今、アルミのロードバイクに乗っていて、もっと速く走りたい、と思っている人にこそ、カーボンのロードバイクへの乗り換えをお勧めしたいですね
それは、バイクの性能で速くなれるからではありません
バイクを変えるだけで、自分の力をもっと引き出せるようになるかもしれないからです

いい休日!

今日は朝9時起きから始まる優雅な休日です(笑)
だらだら起きて、車で買い物行って、昼は外食して、午後は眼科行って・・・
午後の天気はとても良かったですし、良い一日でしたね

明日はいよいよターマックの初走りです
峠も走るので、カヨとの違いを強く感じることができそうです

そうそう、その関係で・・・
僕は自転車に乗る前日に必ずすね毛・もも毛を剃るのですが、基本的にはフィリップスのボディグルーマーを使っていました
でも気づいてしまったのです・・・
そんなもの使うよりも、髭剃りでさっと一撫でした方が速いし、綺麗だし、負担も少ないと・・・(笑)

ボディグルーマーは正直、剃ることはできません
カットはできるので、毛は短くなります
が、剃ることはできないんです
0mmにはならないんですよ

でも今時の髭剃りはすごく性能がいいので、撫でるだけで毛が無くなります
それも0mmです
肌すべすべです(笑)
男ながら太ももすべすべー!もち肌ー!とかやって遊べるくらいです(笑)

あとシャンプーの試供品も試してみました
Amino maisonです
今はレヴール・スカルプを使っているのですが、飽きてきてしまって・・・

香りはとてもいいですね、好きな香りです
レヴール・スカルプのフローラルジンジャーとかいう微妙な香りよりはずっといいです
女の子を感じる、柔らかい香りですよ

洗うときは泡がすごいです
レヴールは全然泡立たないのに・・・
あと洗った後もなんかふんわり仕上がる感じ
レヴールは洗った感じはするのですが、ふんわりしっとり感はあまりないです

これは・・・乗り換えかな?(笑)
レヴールの生シャンプーは店頭で見かけることが少なくなってきていて、モデルチェンジかと予想されています
モイストダイアンも新しいの出しましたしね、ローラが宣伝してるやつ

香りが好きなのはやっぱテンション上がりますし、ちょっと高いのも贅沢感があってむしろ好きです
泡立ちがいいと、洗浄力があることを感じますし(髪が汚れてると泡立ちませんよね)、洗ってて楽しくなります
ジャー型の容器もお洒落!
レヴールは詰め替えが驚異的に簡単でしたが、外見のお洒落度ではアミノメイソンですね

てことで、かなーりアミノメイソンに乗り換えたい気分・・・
今月中に換えちゃうかもしれません
この香りに包まれて毎日眠れるなら幸せですね
髪・・・伸ばしたいな・・・
あー、こういうときに女の子だったら、ポニーテールとかにできるのに
ポニテできないなら、ショートのままでいいですわ

乗ってほしい自転車!

乗りたい自転車じゃなくて、乗ってほしい自転車ですね
元カノのお餅さんに、「自転車好きな彼女作れば?」と言われたので・・・(笑)
彼女がこういう自転車乗ってたらいいなぁ・・・という話です(笑)

一番乗っててほしいのは、自分がターマックに乗ってるのもあるので、S-works Tarmacですね
S-worksのロゴが光るバイクに乗る女性とかかっこよすぎじゃないですか
で、やっぱりターマックです
細身で美しいですし
Vengeはゴリラが乗るバイクだと思ってるので、そこはターマックかルーベがいいな(笑)

でもS-worksターマックなんて乗ってる人は、僕よりもずっと自転車が好きな人か、ヴェンジに乗ってないゴリラの二択です
そんな人は一般的には超少ない・・・
もし一緒に自転車に乗るなら、の方がまだ想像しやすいですね
ブックマーカーさんは体力が絶望的になかったので、自転車に乗るのはいい運動になると思っていましたし

あるあるな選択肢としてはビアンキです
でも個人的にはこれがあまり気に入らない・・・
お洒落自転車の代名詞ですが、なんちゃってな感じもしてしまうのです
地元の駐輪場にも一台、ニローネっぽいのがいます

ビアンキはMTBを買うときに候補に挙げていたんですが、KUMAはお店の人曰く、「ファッションMTB」
こう聞いた瞬間に、あっ、エントリーモデルだからって手抜きな自転車作っちゃうのか、と思ったのです
スペシャはエントリーモデルのピッチでも山をちゃんと走れるそうですが、KUMAは厳しいらしい
どの辺がかは知りませんが、僕の中ではその瞬間から、ビアンキはオサレ自転車メーカーになってしまったんですね

色々考えてみましたが・・・
僕が個人的に、もし彼女と一緒に自転車に乗れるなら乗ってほしいと思うのは、
スペシャライズド・ルーベ
フォーカス・カヨ
オルベア・アヴァン
です

まず絶対にカーボンじゃないとダメ
アルミの衝撃で彼女の股間を割りたくない
さらにレースよりかはロングライド系のモデル
最初からガチガチに走る必要はないしね

その辺を考えると、この三台かな、と思うのです
フォーカスはAG2Rに供給してた名残の水色が綺麗だし、フレームのデザインが尖っていて個性的
アヴァン、というかオルベアは、前に沈みゆく夕日のような退廃的な美しさがある、と言いましたが、それがどんな女性にも合う気がします
あとルーベは、スペシャライズドだし!かっこいいし!色もたまにいいの出るし!乗り心地いい(はずだ)し!

あーでもなー・・・もっと言うと、ディスクブレーキは必要ない・・・気がします
ディスクブレーキのメリットについては、僕も勘違いをしていたところがあって、制動力の向上は二の次なんですね
その辺はまた今度話しますけど、正直、彼女に勧めるなら、重くなるディスクブレーキ車よりも、普通のキャリパーブレーキで十分だと思います

そんなこと考えてるとお勧めできる自転車がなくなってしまう・・・
オルベアの安いのはケーブル外出しだし・・・
もういいよ・・・みんなターマックに乗ればいいんだ・・・(笑)

Turboタイヤをどうしよう?

今、僕の新たなる相棒、ターマックは、S-works Turboを履いています
スペシャが誇る、最高クラスのクリンチャータイヤです
いやほんとに、ターボはいい噂ばかり聞きますね
乗り心地がいいとか、グリップがすごいとか、転がり抵抗が少ないとか・・・
代わりに200kmしか美味しいところがもたないとか・・・(笑)

実際、ターボは本当にいい話を多く聞きます
ただし摩耗が早いのも事実と言えそうです
レース向けのタイヤのようですね

で、思ったのですよ
そんなタイヤなら、レース専用にした方がいいんじゃないかと
普段は練習用のタイヤを履かせた方がいいんじゃないかと

でも調べてみると、そうでもない気がしてきまた・・・
いやね、Turboって結構高いイメージがあったんですよ
お店ではTurboよりもCOntinentalのGrand Prix4000SⅡをお勧めされましたし

でもね・・・
グランプリ4000は税抜7000円
値引きされることが多いようですが、Amazonでも5,180円です
同じクラスのシュワルベONEは税抜7200円
実はTurbo、全然高くないのです
税込5,940円ですから

んでも練習用にはちょっと高いかな・・・3000円くらいのでいいよ
スペシャならESPOIR SPORTとか
シュワルベ・ルガノとか、コンチ・ウルトラスポーツとか
ウルトラスポーツはルガノより信頼できますね
ルガノは何回かリアがロックしただけで最終的にバーストしましたが、
ウルトラスポーツでも何度もロックを経験していますが、未だにパンクもしていません

ってことで、とりあえずはTurboを使っていこうと思います
交換時期が来たらウルトラスポーツに換えて、レースがあるときはTurboを履く
そんな感じで行きましょう!

自転車そのものだけじゃなくて、タイヤもすごく楽しみですね・・・
どんな感じなんだろう?
日曜が待ち遠しいです!

とりあえず模試申し込み完了!

東京アカデミーの模試の申し込みと振り込みを完了してきました
今時銀行振り込みは古いですね・・・
そしてなんと!会社の経費口座に2万円近い交通費が振り込まれていました!
たまに本社に帰る恩恵がこんなところで・・・
今月は余裕で生きて行けそうです!

模試は11月12日、公務員試験の勉強を開始する予定日から1カ月も経っていません
真っ新な状態の自分でどのくらいの点数が取れるのか試します
でもそれまでにもある程度は勉強しないとな
全く勉強せずに受ける模試ほど無駄なものはない

あとはLECの模試にも申し込むつもりです
まずは予備校系の模試は全部受けたいですね
その上で不足を感じるなら、産経とかの模試も受けます

小学校のときは日能研に行っていたのですが、毎週模試がありました
定期的な模試が2週間に一回、実力判定テストが2週間に一回です
大学受験期に友達にこの話をすると、多すぎじゃない?と言われますが、もう問題演習の期間に入ってるなら、このペースで模試やっていいと思います
いやむしろやれ
問題なんぞ解いてなんぼ
学力がある程度あるなら、解いて解いて解きまくる以外に、成績を上げる方法はありません
質より量、経験で勘を養う
やり飛ばすくらいでちょうどいい
僕はずっとそういう勉強スタイルです

模試は自分のフルパワーを出せるレースのようなものです
いくら公道で練習したところでレーシングスピードは出せないように、普段の勉強で模試形式で問題を解いても、それは模試とは違います
模試ってのは、周りに同じ試験を受ける人がいて、そういう空気まで含めて模試なんです
だから模試は貴重だし、可能なら受けられるだけ受けた方がいいと思います

まぁ、そんな模試も、全く勉強していない状態で受けては意味がありません
だから早いうちに勉強を始める必要があります
具体的には10月15日の夜からパラパラと始めたい
やっぱもう講座申し込まないとな・・・

ということで申し込んでしまいました!
たった今ね!
ついに!僕の公務員に向けての学習が、今始まりを告げたのですよ!

申し込んだのは、実務教育出版の教養試験攻略コース
価格は55,080円です
クレカ支払いにしたので、金銭的な問題はない!
さらにオプションで適性試験練習ノートも申し込もうと思っています

実務教育出版は公務員試験に必須の受験ジャーナル、それにスー過去も出しています
つまり公務員試験の書籍に於いては絶対的存在なわけです
そこが作るテキストとワーク、品質が低いはずがない!
それを5万円で受けられるなら安いものでしょう

やり始めるのは15日以降ですが、まずは12日の模試に向けて、試験がどういうものかを理解していこうと思います
さーて、頑張らないとな
いやまずは仕事頑張ろ・・・あと二日・・・

Counter

Profile

イオ

Author:イオ
二輪と四輪とEDMが大好き
愛車はSpecialized Tarmac
Twitter:io survolt

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter